サプリにブレンド茶…『BIOPLE FES(ビープルフェス)』で見つけた「女性の悩み」最新グッズ!

人にも地球にも優しいナチュラルでオーガニックなコスメや食品、生活雑貨がそろう人気ショップ「Biople by CosmeKitchen」が主催する新商品の展示会『BIOPLE FES』が2021年3月末に開催されました。12回目となる今回のテーマは「Live Intentionally 私の行動が、未来を切り開く」。

だけを考えてものごとを選ぶのではなく、待ち受ける未来を考え、目的を持ってアクションしていこう」「自分の体の声、思考、精神を通して、自分自身が快適に過ごせば、自分らしい明るい未来を切り開けるはず」とのメッセージ性を持った注目のアイテムが集まるなか、「フェムテックtv」編集部が注目したのは、女性たちの心身の不調に寄り添うグッズの数々です。

コロナ禍での生活が長引くなか、今、人に会えないストレスや自粛生活による運動不足などが原因で、心身のバランスを崩す女性たちが増えているそう。特に、月経など女性特有の辛さは1人で抱えて見過ごしがち。そんな悩みを少しでも軽減しれくれるお気に入りのアイテムを見つけて、不調から解放されてみませんか?

今回は、「フェムテックtv」編集部が見つけた女性におすすめの最新アイテムをご紹介します。

女性のゆらぎに嬉しいバランス茶

 

1981年から続く漢方薬局「薬草堂薬局」の独自のメソッドから生まれた美容茶シリーズ・YULICIが「Biople by Cosmekitchen」とコラボレーションし、女性のためのブレンド茶が誕生しました。PMS(月経前症候群)など月経にまつわる不調は、ホルモンバランスの乱れなどにより引き起こされると考えられていますが、このブレンド茶にはチェストベリー、レッドクローバーなど、女性特有の不調や体調バランスを整えてくれる和漢植物&西洋ハーブがたっぷり25種類。

くせのないまろやかな味で、どんな人にも続けやすいのも嬉しいポイントです。また、ノンカフェインなので、夜のリラックスタイムのお供にもおすすめ。同シリーズからは28種類の和漢&西洋ハーブを配合した「ダイエット茶」も発売予定なので、コロナ禍太りが気になる人にはこちらもおすすめです。

YULICI×Biople by CosmeKitchenウーマンバランス茶

28g(2g×14包)/¥1,512(税込)※5月19日、Biople限定発売予定

PMSなど女性の不調に寄り添うサプリメント

 

PMS(月経前症候群)など女性特有の不調に寄り添うサプリメントが登場。ヨーロッパでは紀元前から「女性のためのハーブ」として広く用いられてきた、女性ホルモンの乱れを整えてくれるハーブ「チェストベリー」や、気持ちの高ぶりや落ち込みに処方されてきた中国のハーブ「ラフマ」、東南アジアのスパイスで、体を温めたり、むくみの解消が期待できる「ヒハツ」など、女性の悩みに寄り添ったハーブやスパイスが配合されています。

毎日飲むことが難しい人は、月経前の症状がもっとも辛い時期に摂取するだけでも大丈夫。月経前後の腹痛や頭痛、気分の落ち込みやだるさを「当たり前のこと」として長い間、我慢してきた女性たちにこそ、ぜひ試してみてほしいサプリメントです。

SUPERFOOD NUTRIENTS P.M.Solution(ピーエムソリューション) 

7.2g(240mg×30粒)/¥3,218(税込)※4月13日、Biople限定発売予定

心と身体を解き放つボディスクラブ

 

自然の恵みをふんだんに使用して、外側と内側のダブルで美しさを追求したボディスクラブです。良質なオイルと美肌になれると話題の「ハーブピール」、3億年をかけ自然結晶化した希少な「クリスタルロックソルト」を配合。「クリスタルロックソルト」はヒマラヤ岩塩の中でも採掘量が少ない希少なソルトで、天然のミネラルがたっぷり。マイナスイオンも放出され、浄化作用も高いそうです。

ジャスミン、レモングラス、ローズマリーなどの香りの「HAPPY MIND」と、ベルガモットやシトラス、浄化作用のあるホワイトセージやティーツリーの香りの「CLEARING」の2種類。どちらもリラックス効果の高い香りで、女性の心にも働きかけ、日々のストレスや疲れから解き放ってくれます。身体にたまった不要な老廃物の排出を促すことで心身の健康に作用するクリアリング効果にも期待できる一品です。

a.o.e organiccosmetics クリスタルスクラブ CRYSTAL SCRUB HAPPY MIND】【CLEARING

各200g/¥5,490(税込)※4月27日、Biople先行発売予定

たんぱく質と食物繊維を美味しく摂れるスムージー

 

オーストラリアで創業30年以上、徹底的にオーガニックにこだわり、トレーサビリティやサスティナビリティを実践してきた食品メーカー『Kialla Pure Foods』からオーガニックプロテインのスムージーが日本初上陸。グラスフェッドホエイとオーツ麦で、成人女性の1日に必要なたんぱく質と食物繊維の約1/3をこの1杯で摂取することできます。

女性にとってたんぱく質は非常に重要な成分で、不足すると髪や爪の艶が失われたり、肌荒れの原因にも。しかし、成人女性は最低でも1日あたり40Gのたんぱく質が必要だと言われており、その量を毎日欠かさずに摂取しつづけることは意外と大変です。

「カカオ味」と「バニラ味」の2種はどちらも自然な甘さでしつこくないのも嬉しいポイント。オーツ麦の食感がしっかりと残っているので、まるでスイーツを食べているような満足感も得られ、1食をこのスムージーに置き換えればダイエット効果も期待できそう。

Kialla Pure Foods オーガニックプロテインスムージー【カカオ】【バニラ】

各600g/¥3,980(税込)※4月27日、Biople先行発売予定

 

女性特有の不調や悩みは、これらの商品の助けも借りて、楽しくハッピーに乗り越えてみては?

 

商品詳細は『Biople by Cosmekitchen』

『BEOPLE FES』レポート第1弾「最新CBDグッズ」も合わせてチェック!

最新CBDグッズを『BIOPLE FES(ビープルフェス)』で発見! グミやフレーバータイプも

最新CBDグッズを『BIOPLE FES(ビープルフェス)』で発見! グミやフレーバータイプも

人にも地球にも優しいナチュラルでオーガニックなコスメや食品、生活雑貨がそろう人気ショップ「Biople by CosmeKitchen」が主催する新商品の展示会『BIOPLE FES』が2021年3月末に開催されました。12回目となる今回のテーマは「Live Intentionally 私の行動が、未来を切り開く」。最新グッズや話題のアイテムが多数集まるなか、今回は「フェムテックtv」編集部一押しのCBDグッズをご紹介します。

今、世界的に注目を集めるCBDとは「Cannabidiol(カンナビジオール)」の略で、麻から抽出された植物由来の成分のこと。摂取することで、免疫調整や抗炎症作用、ストレスの緩和などが期待され、その有効性と安全性は世界保健機構(WHO)も公式に認めています。

今回の『BIOPLE FES』のテーマのひとつでもある「BRAIN 脳の疲れをケアする」というキーワードにも、実はCBDはぴったり。デジタル社会にコロナ禍……。現代人の脳はつねに大きなストレスにさらされ、疲労が蓄積しています。心身のバランスを保つためにも脳をケアすることが大切なのですが、CBDの持つ鎮痛作用やリラックス効果は、脳の健康にも非常に有効だと言われているのです。

また、PMSなど女性特有の不調をやわらげたり、CBDの持つ抗炎症作用や抗酸化作用が女性の心身の健康をサポートしてくれます。日本でも年々その注目度が高まり、さまざまな女性向けグッズが誕生しているCBDアイテムのなかから、編集部一押しの最新グッズをご紹介します。

ストロベリー&ブラックベリーのCBDグミ

 

オーガニックでサスティナブルな手法で商品作りを行い、世界中から注目を集めている米国ポートランド発のブランド『gron』のCBDグミです。ストロベリーとブラックベリー味のグミは、どちらもフレッシュな果実味が口いっぱいに広がり、おやつとしても美味しい一粒になっています。

オレゴンで収穫されたストロベリーやブラックベリーにはビタミンや抗酸化物質もたっぷり。1粒あたり10mgのCBDが配合されたグミは、持ち運びにも便利なので、外出先や職場でリラックスしたい人にもぴったりです。

gron CBDグミ【ストロベリー】【ブラックベリー】

各5粒入り(50mg)/¥1,814(税込)※4月13日、Biople先行発売予定

手軽なロールオンタイプ

 

濃度5%のCBDと、ホホバ種子油、ゆず種子油、チャ実油、ツバキ種子油などの植物原料を組合せたロールオンタイプのCBDオイルです。うなじやこめかみ、手首にさっとひと塗りすれば、その香りとあいまって心をすっと落ち着かせることができます。

タイプは3種類。「DEEP SILENCE」はネロリ・ローマンカモミールの香りで、日々の喧騒から逃れ、静かにリラックスしたいときに、「POSITIVE FLOW」はすだち・ライムの香りで、ポジティブなパワーを発揮したい場面におすすめです。また「EROTIC POETRY」はカカオ、イランイランの深く甘い香りで、最愛のパートナーと触れ合い、高め合う瞬間にもぴったりです。

CBDAYS MOMENTロールオンオイル 【DEEP SILENCE】【POSITIVE FLOW】【EROTIC POETRY】

各5mL¥5,390(税込)※4月13日、Biople先行発売予定

香りでリラックスするCBDオイル

 

1ボトル当たりCBDを1500mg含有した5%濃度のCBDオイルは、さっぱり飲みやすいMCTオイルと、気分に合わせた精油をブレンドしたフレーバータイプ。驚くほど爽やかな口当たりが特徴で、オイルを直に摂取するのが苦手な人や、CBD特有の苦みに苦手意識を持っている人にぜひおすすめしたい一品です。

朝、気分をあげたいときには「オレンジ」のオイルを、日中、気分を切り替えたいときや口内をさっぱりさせたいときには「シナミント」のオイルを、夕方以降のリラックスタイムには「カモミールレモン」のオイルをチョイス。またCBDの含有率が10%のものもあるので、就寝前など、より深いリラックス効果を体感したい人はそちらをセレクトしてみても。

elixinol デイリーバランス CBD1500【カモミールレモン】【オレンジ】【シナミント】

各30mL/¥12,960(税込)※4月13日、Biople先行発売予定

個包装で酸化しにくいCBDオイル

 

CBDが30mg配合された1gのオイルごとに個包装になっているので、いつでもフレッシュで衛生的。オイルも酸化しにくい、メイドインジャパンのCBDオイルです。個包装のオイルは開封したらそのまま口の中へ。MCTオイル使用で無味無臭なので、直に飲んでも嫌な苦みはゼロ。また、食事に混ぜても食べ物本来の風味を邪魔しません。

小さな個包装はいつでもどこにでも簡単に持ち運ぶことができるので、ポーチに入れて携帯するのに便利です。仕事で疲れたとき、人間関係に心がモヤモヤしたとき、乱れがちな生活リズムを整えたいとき、さっと取り出し口に含めば、すぐに摂取することができます。また、眠りが浅くなりがちな旅先への携帯もおすすめです。

REFLECTY CBDオイル(CBD450mg)」15包入り/¥4,980(税込)REFLECTY CBDオイル(CBD900mg)」30包入り/¥9,980(税込)※共に4月13日、Biople先行発売予定

商品詳細は『Biople by Cosmekitchen』へ

次回は『BIOPLE FES』の最新商品のなかから、女性に嬉しいおすすめグッズを紹介します。

タブーを打破した伊勢丹新宿店。フェムテックアイテムをグランドフロアで取り扱う意義

フェムテックのムーブメントが拡大している中で、伊勢丹新宿店でもフェムテックをコンセプトにしたPOP UPストア『センシュアル ・ライフ~わたしと向き合い、あなたとつながるフェムテック~』が開催中です。(4/6(火)まで)。しかも、POP UPストアが展開されているのは、デリケートゾーンのケアアイテムなどを取り扱う地下2階の『ビューティアポセカリー』ではなく、より多くの人が通る場所である1階のグランドフロア。この試みはこれまでになかったこと!

そこで、今回のPOP UPストアのキュレーションを行い、日本においてフェムテックの流れを作ったパイオニア的存在でもある、植物研究家の森田敦子さん、そして、伊勢丹新宿店の担当者、永野友香さんに開催に至るまで、込めた思いなどを伺いました。

ワクワクする気持ちにフォーカス

「フランスで植物療法学を学ぶためには、食べること、眠りと同時に、性科学(セクソロジー)も必要でした。そういった経緯もあり、植物療法と性科学をフランスで学んで帰国したのは1997年になります。そして、2013年に『アンティーム オーガニック』というデリケートゾーンのケアアイテムを作りました。その当時は、専用アイテムがなかっただけではなく、デリケートゾーンと言うだけでも怒られてしまう風潮がありました」

今でこそ定着し始めているデリケートゾーンのケア。森田さんはいち早くその大切に気付き、啓蒙しています。

「デリケートゾーンという言葉は、厳密には医学用語ではないのですが、自分事としてとらえていただきやすいと思って用いています。

フェムテックの本質的な部分は、女性ならではの悩みや課題を解決するだけではなく、それぞれのライフスタイルで輝き続けるためにサポートをする物や事柄、人とのリレーションシップ。さらには、オーガズムや子宮がキュンとする感覚といった自分自身の身体から起こる反応や気持ちなども含まれていると考えています」

健康で幸せに過ごすことも含めてフェムテックと捉えているその思いは、POP UPストア『センシュアル ・ライフ~わたしと向き合い、あなたとつながるフェムテック~』にも反映されています。

「例えば、赤いリップを塗ると気持ちがときめきますよね。今回のPOP UPショップは女性がワクワクするものをやろうという思いが始まりにあります。吸水ショーツや経血カップなどのアイテムとの出会いの場所ではありますが、女性が本当にワクワクする気持ちに焦点を当てています」

2013年から膣ケアアイテムの取り扱いをスタート

その思いを一番初めに共有したのは、会場となる伊勢丹新宿店の担当者、永野友香さん。ただ、POP UPストアを開催するに至るまでには、さまざまなハードルがあったそうです。

「フェムテックの企画をやってみたいと社内で手を挙げ、実際に開催することになった時、社内はもちろんですが、お客様も含めたみんなのマインドを変えていくのがひとつの仕事だと思いました。

女性のケアは男性にとっても大切なことであり、パートナーと幸せになるきっかけにもなると思います。さらに言えば、家族みんなの幸せにもなると考えています。そのコンセプトを体現するべく、まずは、明るくオープンに1階のグランドフロアで、ゆっくり楽しく買い物ができる環境を作ること。そして、プレジャーテックアイテムや膣トレなど、これまで百貨店ではタブー視されたアイテムもきちんと見せて、商品にあった専門的な知識を提供していくこと。そう考えた時、思い浮かんだのが森田敦子さんです。

森田さんとは、私が地下2階にある『ビューティアポセカリー』のバイヤーをしていた約8年前に出会いました。当時の『ビューティアポセカリー』には、身体の外からキレイにするものはもちろんですが、内側をキレイにするインナーケアとして漢方などはあったのですが、口や目と同じ粘膜である膣周りと、膣をケアするアイテムがありませんでした。自分自身でいろいろ調べていた時に森田さんとの出会いがあり、誕生したばかりの『アンティーム オーガニック』を取り扱うことになりました。

当時は今以上に知られていなかった分野でもあったため、社内からはいろんな意見がありましたが、いざ店頭に並べてみると悩んでいた女性がとても多かったです。否定的な声はまったくありませんでしたし、関心度の高さは当時も感じていました」(永田友香さん)

百貨店だからこそできるフェムテックの発信

POP UPストアは、お悩みを持った方でも迷わず来られて、ちょっと気になった方でも入れる、さらには、誰もが通る1階のグランドフロア。だからこそ、デザインやアイテムの配置も、本気で向き合いたい人のために工夫されています。

「パリにあったセレクトショップ『コレット』をイメージしました。そして、野次馬的に入って来られないように壁は低めにし、プレジャーテックアイテムや膣トレは見やすい正面に置きつつも、ゆっくり見ていただけるように奥にも並べています。気分を高めて美しさを追求することでのフェムテックもご提案したいので、ランジェリーやコスメ、フレグランスなども展示しました。

フェムテック市場は年々拡大しており、今、トレンドのように取り上げられていますが、私たちは必要なことだからこそやっていきたいと思っています。百貨店が発信するからこそ必要なことなのだという、社会のムーブメントになってくれたら嬉しいです」(永田友香さん)

きっかけに出会う場所

オープンに話せる環境を作り出すことも、POP UPストアに込められた思いです。家族やパートナーと、心や身体について話し合うことの大切を伝えるために、紗栄子さん、辺見えみりさん、野宮真貴さんと各世代のスペシャリストも参加し、発信しています。

さまざまな角度からフェムテックに触れることができる『センシュアル ・ライフ~わたしと向き合い、あなたとつながるフェムテック~』には、自分のココロとからだを知るきっかけとなる出会いが待っているかも。

====================

【イベント詳細】

センシュアル・ライフ~わたしと向き合い、あなたとつながるフェムテック~

会期:317日(水)~46日(火)

会場:伊勢丹新宿店 本館1階プロモーション

森田敦子氏

株式会社サンルイ・インターナッショナル代表。フランス国立パリ13大学で植物薬理学を本格的に学び、帰国後、植物研究に基づいた知見を社会に提供するため、デリケートゾーン&パーツケアブランド「アンティーム オーガニック」の処方・ 開発や、「ルボア フィトテラピースクール」を主宰。2020年、女性の一生をサポートするトータルライフケアブランド 「Waphyto」を立ち上げる。私生活でも42歳で自然妊娠・出産。著書多数。

使うと手放せない!? フェムテックアイテム神7

生理にまつわることから、妊娠、セクシャルヘルスなど、女性が抱える健康課題をテクノジーで解決するためのプロダクトやサービスを指すフェムテック。その動きが活発になる中で、生理用品などのテクノロジーを用いていないフェムケアアイテムも続々登場しています。

そこで、さまざまなフェムテックアイテムを取り扱うショップ「fermata store」と、その実店舗である「fermata store in New Stand Tokyo」で人気のフェムテックアイテムTOP7を教えてもらいました。

【TOP7】リップスティック型のバイブレーター

Dame Product Kip(バイブレーター)¥13,000

角と面、使う部分によって違った感覚が楽しめたり、振動パターンや速さの切り替えなどのバリエーションがあったりと、使い方の幅が広いことが魅力のプレジャーアイテム。

そして、機能面だけではなく、部屋やベッドサイドに置いても違和感のないデザイン性も人気の理由。くすみカラーのラベンダーやパリっとしたイエローなど、インテリア雑貨のような色使いも購入の決め手になりそうです。

【TOP6】ゲーム感覚でできる膣トレアイテム

エルビートレイナー ¥26,980

出産や加齢による骨盤底筋の緩みの対策のひとつとして行われるのが骨盤底筋のトレーニングである、通称膣トレ。その膣トレに用いられるフェムテックアイテムです。

「エルビートレイナー」は、アプリと連動して5分間のエクササイズプログラムを行うことができ、ゲーム感覚で取り入れられると人気を集めています。

アプリと連動していることで成果を視覚的に確認できるのが続けられる秘訣。ヨガやエクササイズで骨盤底筋を鍛える方法が続かなかった、また、トレーニング効果が見えなかったという人にもおすすめです。

【TOP5】バックスタイルが可愛い吸水ショーツ

ムーンパンツデイタイムブラックレース(SML)¥5,280

フェムケアアイテムの代表格である吸水ショーツ。いろんなブランドがある中でもムーンパンツのバックスタイルがレース地になっているタイプは、生理中でもおしゃれを楽しみたい人から人気を集めています。

「生理時にレースのパンツが履けるの!?」と驚いてしまうかもしれませんが、横漏れが起こりにくい設計になっているため安心して履くことができます。まさに、生理中はおしゃれを我慢するものという概念を壊してくれるアイテムです。

【TOP4】洗って使えるサステナブルな月経カップ

EVE 経血カップ(ミニ・SL)¥3,960

吸水ショーツと合わせて人気を集めているのは月経カップ。折りたたんで膣内に入れて使用するため、挿入方法や位置など慣れるまでは少し大変な部分があるものの、慣れると「もう手放せない!」という声が多いそうです。

月経カップのいいところは、経血の状態や量を確認できること。自分の身体と向き合うきっかけにもなりますよね。慣れるまでは、月経カップと吸水ショーツをあわせて使用すると安心感が高まります。使用する際は、専用の消毒ポットも同時に購入するのがおすすめです。そして、洗って繰り返し使える、サステナブルなアイテムでもあるので、その点でも注目されています。

【TOP3】生理周期に合わせて使えるシートマスク

Rael ファイシャルマスク4種(各5枚入り) 1,980

生理前になると毛穴が詰まりがち、生理後は肌が潤っていい感じと、生理周期によって肌の状態は変化しますよね。「Rael ファイシャルマスク」は、そのリズムに合わせて使えるシートマスクです。

週ごとのホルモンバランスに応じて保湿成分、コラーゲン、ビタミンCなどが配合されており、ストレスに感じていた肌トラブルに応じて使えます。

また生理周期とは別に、肌が乾燥しがち、くすみが気になる、毛穴ケアをしたい、など悩みに合わせて取り入れることもできます。

【TOP2】何もつけていないような感覚になる吸水ショーツ

Period. Sport0SXL)¥5,500

数ある吸水ショーツの中でも、お尻に優しくフィットする自然な履き心地が特徴の「Period. Sport0」。何も身につけていないかのようなゼロ感覚から名づけられたとあって、締めつけ感の軽減にこだわって作られています。

New Stand Tokyo」では吸水ショーツの試着ができ、「Sport 0」を試着するとその履き心地に惹かれて購入する人が多いそうです。その快適さから生理期間に限らず普段履きしている人もいるくらい。もちろん、最大約20mlを吸水する機能面も安心できます。

【TOP1】オーガニックコットンの生理用ショーツ

EVEオーガニック生理用ショーツ(XSXL)¥4,480

人気No.1アイテムは、「EVE」の吸水ショーツ! オーガニックコットンで作られているとあって、肌触りの良さはお墨付き。さらに、ハイウエストでお尻をしっかり包み込んでくれるデザインなので、寝返りを打ったり、長時間座っていても漏れにくい設計で安心できます。

カラーはブラックが人気ではあるものの、実はナチュラルもおすすめだそう。その理由は、量や色が視覚的に分かり、体調変化にも気づきやすいから。複数枚持つ場合は、ナチュラルを取り入れてみるのもいいですね。XSXLとサイズ展開が豊富な点も支持されているゆえんです。

人気があるアイテムから試してみる

フェムテック、フェムケアアイテムはこれからもどんどん増えていくことが予想されます。選択肢が増えることで、どれがいいかな……とぜいたくな悩みも出てくるかも。そんな時は、ラインキングを参考にして取り入れやすいアイテムから試してみてくださいね。

■shopinfo

New Stand Tokyo

住所:東京都港区六本木7丁目28 WHEREVER1F

営業日:水~金

営業時間:12001900

https://newstand.jp/

オンラインストア「fermata store

エンタメ界にもフェムテックブームがやってきた!

ここ最近、フェムテックというキーワードをよく見かけますよね。フェムテックとはFemale(女性)とTechnology(テクノロジー)を組み合わせた造語。女性が抱える健康面での課題をテクノロジーで解決する商品やサービスのことを指しています。

代表的なものでは、生理痛や更年期障害の改善、セクシャルヘルス、女性特有の病気のケアなどがあります。日本では、生理予測や妊娠サポートをするアプリとして知られる「ルナルナ」がフェムテックに当てはまるサービスです。

テクノロジーの進化と社会の変化がきっかけに

エンタメ界にもフェムテックブームがやってきた!
なぜ、フェムテックの波が大きくなっているのかというと、大きくふたつの理由が挙げられると思います。

まずはテクノロジーの進化。フェムテックに限らず、美容×テクノロジーのビューティテック、ファッション×テクノロジーのファッションテック、農業×テクノロジーのアグリテックなど、さまざまな分野でテクノロジーとの融合が進んでいます。

そして、女性が活躍しやすくなってきた社会の変化もフェムテックの流れを後押ししています。企業の重要ポストに女性が就いたり、起業する人も増えていますよね。#MeToo運動も大きなきっかけかもしれません。

そして、フェムテックの流れはエンタメ界にも

SNSが浸透したことにより、個人が声を上げやすく、発信しやすくなっていますが、それはいわゆる芸能人たちも同じ。

例えば、お笑い芸人のバービーさん(フォーリンラブ)は、独自の美意識を体現しているひとりです。下着メーカー・ピーチジョンのビジュアルに登場したことは大きな話題を呼びました。コラボレーション商品である“クイーンブラ”は、再販されるほど人気を集めたそうです。

さらには、アンジェルムというグループで活躍していた和田彩花さんも、アイドル経験を
活かして女性の在り方を発信しています。アイドル時代では決して話題にはできなかっただろう生理やデリケートゾーンケアなどの話を、自身の言葉で伝えている姿に共感している人も多いのではないでしょうか。

YouTube番組『Be the Change』をスタートさせたMEGUMIさんにインタビュー!

Be the Change

女優のMEGUMIさんは、YouTubeオリジナル番組『Be the Change with MEGUMI~すべてを手に入れた女子たちへ~』を始動。初投稿から、『美しい「ヴァギナ」って…?膣ケアの大事さ、産婦人科の先生から学びます。』と、シークレットな話題になりがちな膣がテーマに。

さらに、膣圧測定、膣ケア、キス、アンダーヘアの脱毛と続いています。攻めているともいえる姿勢は、まさにMEGUMIさんならでは!

フェムテックの波が大きくなっているとはいえ、まだまだ開け切っていない扉ではあります。表舞台に立つ仕事をしているにも関わらずこのようなテーマを取り扱うのは、リスクもあったと思います。そんな中スタートを切った背景をMEGUMIさんに伺うと、そこには“自己肯定感”というキーワードがありました。

「日本人女性の自己肯定感が世界でもっとも低いというニュースを見て衝撃を受けました。確かに、生理や不妊、更年期など、女性ならではの悩みは相談しにくいところがあります。だからこそ自己否定につながりやすいのかなと。そして、学べる、知る機会が少ないことも要因だと思ったので、カラダのことも含めて、自分を知ってケアすることが自己肯定感を上げるひとつの理由になるのではないかと考え、『Be the Change』を始めました」

フェムテックの流れとともに、エンタメ界でも自分らしさを発信する人が増えた印象がありますが、MEGUMIさんが考える自分らしさとは……。

「エンタメ界にも変化が起きていると感じています。SNSの存在も大きいと思いますが、自分の考えを自分の言葉で伝えられる場が増えました。

私が考える自分らしさとは、自分にきちんと向き合い、自分が好きなもの、好きな感覚、好きなマインドを理解し、体現していくことだと思っています。意外と自分のことを知らない人も多いと思うので。

 

『Be the Change』では、人には言えない深い悩みを片っ端から解決していきたいと思っています。自分のことを知るためのひとつのツールになったら嬉しいです。そして、家族や友達は近い存在だからこそ悩みを打ち明けられない、そんな時に思い出してもらえるような頼りになる存在になりたいです」

フェムテックのベースは自分への愛

『Be the Change』では、人には言えない深い悩みを片っ端から解決していきたいと思っています
好きな人や大切な人ができると、その人のことをいろいろ知りたくなりますよね? その感覚と同じように自分に興味を持つことが、自分の考えを尊重し、カラダや心を大切にすることにつながると思います。それがフェムテックのベースになっていることなのかも。

エンタメ界でフェムテックの動きがますます活発になると、情報をキャッチアップしやすくなり、自分に興味を持つことの後押しになりそうです。

話題のフェムテックアイテムをリサーチ!

フェムテックの動きが拡大するに伴い、生理用品やデリケートゾーンアイテムと、フェムテックアイテムに触れる機会も増加。都内にある、フェムテックアイテムを取り扱うショップの中でも豊富な品揃えの「fermata store」の実店舗がある「New Stand Tokyo」にお邪魔してきました。

「New Stand Tokyo」は未来の日用品店をコンセプトにとして、2020年7月にリアルショップがオープン。日本はもちろんのこと、世界中の高品質な日用品、ユニークなデザインアイテム、最先端のテクノロジーアイテムなどが揃っています。そして、それらのアイテムと並んで数多くのフェムテックプロダクトも!

フェムテック=女性のライフスタイルに気付きを与える

「fermata」の中川里菜さんに教えてもらいました
一般的に、フェムテックアイテムとはテクノロジーを用いたもの。ただ「New Stand Tokyo」では、アイテムを通して自分の身体と向き合う、これまでの価値観を変えていこうというムーブメントも含めてフェムテックとして捉えています。そのためフェムテックアイテムのラインアップが豊富なのです。

その中でも、今チェックしておくべきフェムテックアイテムを「fermata」の中川里菜さんに教えてもらいました。

フェムテックアイテムの代表格、月経カップ

フェムテックアイテムの代表格、月経カップ

上・EVE 経血カップ(ミニ・S・L)各¥3,960、下・経血カップ用消毒ポット ¥1,470

フェムテックアイテムと言えば、月経カップというイメージがありますが、実際に取り入れるのにはなかなかハードルが高いように感じます。

「タンポンを使用したことがある方は、抵抗感が少なく、試していただきやすいと思います。サイズ感が分かりにくいと思いますが、迷ったらまずはSサイズが試していただきやすいのではないでしょうか。
Sサイズを試すのは怖いという方にはミニを、出産後の方でしたらLをおすすめしています。

スムーズに取り付けられない時は、月経カップの外側に潤滑材としてパーソナルジェルを使用する方法もあります」

EVE パーソナルジェル 無香料/ラベンダー 120mL

EVE パーソナルジェル 無香料/ラベンダー 120mL

EVE パーソナルジェル 無香料/ラベンダー 120mL 各¥2,820

ストレスフリーな吸水ショーツ

ストレスフリーな吸水ショーツ

「月経カップを使っていても、慣れていないとうまく装着できずに漏れたりすることもあるので、吸水ショーツとダブル使いされている方も多いです。そして、月経カップはハードルが高いという方にも吸水ショーツはおすすめです。履き心地としては一般的な下着と同じなので、生理用ナプキンを付けている違和感も、かぶれたりするトラブルも回避できます」

これだけのブランド数、デザイン数が揃っているのも「New Stand Tokyo」ならでは。さらに、気になるタイプを試着することも可能です。

「基本的には下着と同じサイズで問題ありませんが、ブランドによってサイズ展開が異なるうえ、形によってフィット感も違います。試着した際は、Iライン部分がきちんとフィットするかを確認してください。この部分に隙間ができると経血の横漏れにつながることもあります。

吸水ショーツをはじめて取り入れる方は、経血量が少ない日に取り入れてみてください。安心して履き心地を体感していただけると思います」

デリケートゾーン専用のウォッシュ

デリケートゾーン専用のウォッシュ

デリケートゾーン専用のウォッシュ

EVE フォームウォッシュ 150mL ¥2,700、オイルウォッシュ 200mL ¥2,700

「デリケートゾーンは他のボディパーツとは違う肌状態なので、専用アイテムでのケアをおすすめしています。

デリケートゾーンはその名の通りデリケートなので、丁寧なケアが大切です。泡の状態で出てくるタイプは初めての方でも使いやすいと思います。乾燥が気になるという方にはオイルタイプを。

フェムテックアイテムとしてビギナーも取り入れやすいので、ギフトにもおすすめです」
デリケートゾーンのふき取りシート
Rael ナチュラルリフレッシュシート 10枚入り ¥880

「植物由来成分のシートなので、デリケートゾーンやワキにも安心して使えます。運動後の汗の拭き取りや、おりものが気になった時に手軽に取り入れられます。

トイレで流せるタイプなので、外出先でも安心して使えます」

もしものときのために避難バッグに用意しておくと安心ですね。

生理周期に合わせて取り入れるフェイスマスク

生理周期に合わせて取り入れるフェイスマスク

Rael ファイシャルマスク 各種5枚入り ¥1,980

「ホルモンバランスに着目して、それぞれの肌状態に合わせた植物由来成分を配合しているシートマスクです。

月経期は保湿ケア、卵胞期はコラーゲンでスペシャルケア、排卵期はビタミンCで色ムラ、くすみケア、黄体期はティーツリーで鎮静ケアと、美容的にアプローチしているフェムテックアイテムです」

アイテムを通してフェムテックに触れる

この他にも、生理用品用ゴミ袋や膣内の洗浄ジェルなどもあり、「New Stand Tokyo」ではさまざまな角度のフェムテックアイテムと出会えます。ショップを訪れた際は、知識豊富なスタッフさんとのコミュニケーションも楽しみながら、フェムテックアイテムがもたらす新たな可能性にチャレンジしてみてくださいね。

New Stand Tokyo
住所:東京都港区六本木7丁目2番8号 WHEREVER1F
営業日:水~金
営業時間:12:00~19:00
https://newstand.jp/

オンラインストア「fermata store」
https://hellofermata.com/

生理期間の過ごし方が変わるフェムテックサービス

世界中でフェムテック市場の動きが活発になる中で、日本でもさまざまなサービスが始まっています。それは企業内の動きを見ても明らかです。

例えば、生理管理アプリの先駆けである「ルナルナ」を展開するエムティーアイは、独自の福利厚生制度を導入。「ルナルナ オンライン診療」を活用した婦人科検診と低用量ピルの服薬を支援する制度です。

本格導入を始める前に試験的に実施してみたところ、生理前、生理中の症状による日常生活への影響度が大幅に改善され、生理期間中の業務パフォーマンスも上昇したそうです。

フェムテックサービスを利用すると、私たちの生理期間の過ごし方にいい変化をもたらしてくれることが期待できるかもしれません。

テクノロジーを活用したサービス

フェムテックとは、女性を意味するFemale(フィメール)と、Technology(テクノロジー)を組み合わせた造語。女性が抱える健康課題をテクノジーで解決できる製品やサービスのことを指しています。

その範囲は広く、生理痛の改善につながることから、妊娠中の生活の質を向上させるもの、更年期障害の改善、女性特有の病気、セクシャルヘルスに関することまで、ジャンルは多岐に渡ります。冒頭にも登場した生理管理アプリの「ルナルナ」も、日本の代表的なフェムテック製品です。

このようにフェムテックの大きなムーブメントによって、テクノロジーではない製品やサービスも数多く登場しており、それらはフェムケアと呼ばれています。

今回は、数あるフェムテック、フェムケアサービスの中からいくつかご紹介します。

アプリで診察、ピルが届くサービス

アプリで診断、ピルが届くサービス

スマルナ:https://smaluna.com/

まずは、医師のオンライン診察で自分にあったピルを処方してもらえるアプリ「スマルナ」です。誕生の背景を担当者に伺いました。

「医療にはクオリティ・アクセス・コストという3つの評価要素があり、日本はこの3つをすべてほぼ実現できている稀な国です。ただ、予防医療や婦人科の領域にはあまり投資されてこなかったという背景があります。そのため、医療の中でも特に課題のある婦人科の領域で現役世代を救うためのサービスを作りたいと考え、オンライン診察でピルを届けるサービスのスマルナを立ち上げました」

「スマルナ」の特徴は、問診を24時間受け付けているので、忙しい毎日のすきま時間に利用できること。また、生理や避妊などの悩みを助産師や薬剤師に365日無料で相談できるスマルナ医療相談室があることです。

特にこの無料の医療相談室はユーザー満足度が93%(回答数=686。2020年4月スマルナ調べ)と高く、相談件数は1日平均500件。多い日だと約900件の相談が届いているそうです。

ピルは医師による診察及び処方が必要で、1日1錠、同じ時間に服用することが基本。忙しくて診察に行けず、手持ちの在庫を切らしてしまう恐れがあることを考えると、オンライン診察でピルを処方してくれる「スマルナ」があると安心しますよね。

PMSに悩む人向けのセルフケアサブスク

PMSに悩む人向けのセルフケアサブスク
ROSY Week:https://www.rosytokyo.com/

NetflixやAmazonプライムなどの映像関連から、ハイブランドのバッグのレンタル、お花の定期購入など、サブスクリプション、通称サブスクがさまざまなジャンルで根付いています。実は、PMSケアのためのサブスクもあるんです。

それが、月経前の1週間をセルフケアするためのアイテムが毎月届く「ROSY Week」です。基本セットは、4種の選べる7Daysハーブティー、バラの花束、毎月香りが異なるアロマオイル、オーガニック発芽ナッツと季節のドライフルーツ。

レディ(¥10,000)、プリンセス(¥15,000)、クイーン(¥30,000)と3つのコースがあり、プリンセス、クイーンコースには基本セットに加えて厳選ロゼワインも届くなど、+αのサプライズや体験サービスも用意されているようです。

憂鬱になりがちな生理前をハッピーな気分で過ごせるようサポートしてくれるフェムケアサービスですね。

毎月のゆらぎをサポートするサプリの定期便

毎月のゆらぎをサポートするサプリの定期便
withmoon :https://ashitarunrun.com/products/detail.php?product_id=1408

生理前のゆらぎに着目したのが、フェムケアブランド「withmoon」です。

ゆらぎ期に有効的と古くから使われてきたハーブである、チェストベリーと、女性特有の悩みに使われるフランス海岸松樹皮末を配合したサプリメント「チェストベリーサプリ」を定期便(月額¥1,899)で届けてくれます。サプリメントで日常的にケアすることで、毎月訪れるゆらぎ期をいつもと変わらず、安定した気持ちで過ごせるように導いてくれるそうです。

処方薬とは異なり、サプリメントは好きなタイミングで摂取できるため、ライフスタイルや美容習慣に関わらず取り入れられるのも魅力です。

フェムテックサービスを利用してセルフケア

フェムテック市場の発展とともに、セルフケアの幅が広がってきました。気になる症状に合わせてフェムテックのサービスを利用することは、生理前だけではなく、暮らしの質を高めてくれることにつながると思います。ぜひ、取り入れてみてくださいね。

参考:エムティーアイ ニュースリリース(2020年8月31日)

市場が急成長中!フェムテックって何?

テレビや雑誌、SNSなど、いろいろなところでフェムテックというワードを目にする機会が増えましたよね。とはいえ、「フェムテックって何?」と思っている人も多いのではないでしょうか。そこで、フェムテックがなぜここまで話題になっているのかをお伝えします。

フェムテックのムーブメントが起きている

フェムテックとは、英語で表記するとFemtech。女性を意味するFemale(フィメール)と、Technology(テクノロジー)を組み合わせた造語です。生理にまつわることから、妊娠、更年期症状、さらには、セクシャルヘルスに至るまで、女性が抱える健康課題をテクノジーで解決するためのプロダクトやサービスのことを指しています。

例えば、生理管理ができるアプリやオンライン上でピル処方ができるサービスが、代表的なフェムテックプロダクト。

ここ最近はフェムテックの動きが活発化していることもあって、テクノロジーを用いていない製品やサービスも多く登場しています。それらはFemcare(フェムケア)と呼ばれ、月経カップや吸水ショーツ、ホルモンバランスを整えるサポートをするサプリメントなどがあります。日本では、こうしたFemcare製品も含め、これまでの価値観を変えるようなムーブメントそのものがフェムテックと考えられています。

フェムテックは必然の産業

フェムテックは突如巻き起こったムーブメントのように感じている人もいるかもしれませんが、生まれるべくして生まれたともいえます。

近年は、女性のライフスタイルが多様化し、社会が大きく変化し始めています。そんな中で、どこかタブー視されていた女性ならではの課題が浮き彫りに。これまで話し合われてこなかったこともあり、既存の方法では解決が難しい分野でした。まさに、フェムテック産業が誕生したのは必然。社会が大きく変わり始めた今だからこそ生まれたといえます。

世界でもフェムテック市場は拡大中

まだまだ新しい産業だからこそ、フェムテック市場は日々成長を続けています。

“あなたのタブーがワクワクに変わる日まで”をビジョンに掲げ、“女性だけでなく、誰もが生きやすい世界を目指す”という理念を持つ企業「fermata(フェルマータ)株式会社」が、2020年秋冬版の海外フェムテックマーケットマップを発表しました。

(2020年11月)「fermata(フェルマータ)株式会社」が、2020年秋冬版の海外フェムテックマーケットマップを発表

※出典:note hellofermate(選考基準:本社が日本にない企業、Seed以上IPO前、2000年以降に設立)
https://note.com/hellofermata/n/n26122063181a

前回の調査(2020年3月)から半年の間で、29ヵ国318社だったのが、35ヵ国484社に増加したそうです。一部、上場や買収、倒産などの理由から66社が消えてはいるものの、166社の増加はフェムテック市場の勢いを感じるには十分ですよね。

海外では健康全般が大きく成長

フェムテックマーケットマップのジャンル分けは下記の通り。

・PERIOD HEALTH/月経
・WELLNESS/ 健康 全般
・SEXUAL WELLNESS /セクシャルウェルネス
・FERTILITY SOLUTIONS/不妊・妊よう性
・PREGNANCY & MOTHER CARE/妊娠・産後ケア
・MENOPAUSE/更年期
・MENTAL HEALTH/メンタルヘルス

すべてのジャンルが拡大傾向にあるものの、「WELLNESS/健康 全般」が前回より32社増加と、最も広がりを見せているようです。続いて「PERIOD HEALTH/月経」が31社増加、「SEXUAL WELLNESS/セクシャルウェルネス」が25社増加と続きます。

ちなみに「SEXUAL WELLNESS/セクシャルウェルネス」は2025年までに約4兆円規模にまで成長すると言われているそうで、この勢いはフェムテック市場への注目度の高さとも言えるかもしれません。

日本では月経、健康ジャンルが活発

同じく、fermata株式会社が発表している国内フェムテクマーケットマップも見てみましょう。

fermata株式会社が発表している国内フェムテクマーケットマップも見てみましょう。

※出典:note hellofermate(選考基準:日本国内企業、プロダクトがプロトタイプの開発以上、サービスクローズしていない)
https://note.com/hellofermata/n/n67de6061b478

国内版は、2020年4月に初めて発表されました。当時は51サービスだったところ、最新の秋冬版では97サービスに拡大!ジャンルで見てみると、「PERIOD HEALTH/月経」と「WELLNESS/健康 全般」が共に12サービス増加と、勢いがあります。

そして、前回の4月版では該当がなかった「MENOPAUSE/更年期」に、3サービスの展開が始まったことも注目ポイント。ただ、海外版にはある「MENTAL HEALTH/メンタルヘルス」に該当するサービスがないことを考えると、国内でのフェムテック市場はまだまだ発展途上。これからの成長に期待ができそうです。

フェムテックはひとりひとりのサポーター

フェムテックと呼ばれるプロダクトやサービスは、これまで我慢をしていた不調や悩みを解決へと導いてくれるサポート役。そして市場の拡大は、自分に合ったサービスに出会える確率が高まっているということでもあります。

気になることはリサーチをして、実際に触れられるお店に行ってみるのもあり。何から始めたらいいのか分からないという人は、まずは毎月やってくる生理にまつわることから取り入れてみるのがおすすめです。

少しでも自分のライフスタイルが快適になるようにフェムテックを利用してみてくださいね。

PMS関連も多数!盛り上がりを見せる日本のフェムテック

PMS関連も多数! 盛り上がりを見せる日本のフェムテック

最近、耳にすることが増えた「フェムテック」という言葉。なんとなく意味はわかるけれど、“一体なんのこと?”と疑問に思う方もいるかもしれません。でも実は、月経日管理や月経周期に寄り添ったダイエットアプリも「フェムテック」。ということは、すでに私たちも日々使っているのかも!?日本でも大きな広がりを見せている「フェムテック」とは?を探ります。

そもそも「フェムテック」って?

「フェムテック」とは、Female(女性)とTechnology(テクノロジー)を掛け合わせて作られた造語。女性が抱える健康やライフスタイルの課題をテクノロジーで解決、サポートするサービスやプロダクトを指します。この言葉は、ドイツの月経管理アプリを開発したデンマーク人が2012年に造ったといわれています。
その後、世界的に大きく成長し、2025年までには500億ドル(約5兆円)規模にまで拡大すると見込まれている巨大な市場となっています。

日本でも活動は盛んになりつつあり、生きやすい世界を目指すプラットフォームfermataでは、2020年4月にはじめて国内のフェムテックマーケットマップを発表し、51サービスが掲載されました。その約半年後となる2020年秋冬には、サービスは46増え、97サービスとグンと拡大。これを見るだけでも、注目度の高さ、成長のスピードがわかりますよね。

 

fermata「2020年秋冬 国内femtechマーケットマップ」

出典:fermata「2020年秋冬 国内femtechマーケットマップ

フェムテックの具体的なサービス・プロダクトって?

では具体的に、フェムテックのサービスやプロダクトには、どんなものがあるのか、各カテゴリーを見てみましょう。

☑︎PERIOD HEALTH/月経
月経に関係するもの。月経日管理アプリやサプリメントなど。今話題の吸水ショーツは、2020年4月版ではひとつだったのが、秋冬版では6つまで増加しました。

☑︎WOMEN WELLNESS/女性のヘルス全般
健康全般、包括的にヘルスケアをサポートするサービス等のこと。サプリメントやオンライン薬局、検査サービスやデリケートゾーンのケアアイテムなども含まれます。

☑︎SEXUAL WELLNESS/セクシュアル関連
女性器に使用するプレジャーアイテムをはじめ、性病検査キットなど。

☑︎FERTILITY&SOLUTIONS/不妊治療
平均初産年齢が上がるにつて、需要が高まっている不妊治療・妊よう性ジャンル。妊活系アプリやSNSを使ったサービス、葉酸サプリなど。

☑︎PREGNANCY&MOTHER CARE/妊娠中・産後ケア
妊娠中、産後のケアを目的としたサービスやプロダクト。アプリやオンラインで相談できるサービスも増えています。

☑︎MENOPAUSE/更年期
2020年4月版にはなく、秋冬版で追加されたのが、更年期。更年期カップルのコミュニケーションサポートやオンラインの相談サービスなど、今後の展開が楽しみなカテゴリーです。

みなさん、使ってみたいサービスはありましたか?

日本ならではの事情も!?

PERIOD HEALTH(月経)でもご紹介した話題の吸水ショーツですが、実物を見たことがない。ナプキンやタンポンみたいに、スーパーやドラッグストアで売ってる? と疑問に思う方も多いはずです。というのも、実は日本には薬機法というものがあり、生理用ナプキンは医薬部薬品に指定され、使用材料や製品企画が法令により定められている商品で、なんと、吸水面や肌にあたる部分は「白」でなければいけないという色指定が存在します。つまり、この基準を満たしていないと生理用品として販売、表示ができないのです。
このような理由から、実際に使ってみれば、想像以上の吸収力で安心感があり、洗って繰り返して使えエコフレンドリーで優秀という吸水ショーツではありますが、現在限られた店舗のみでの販売となっています。
ですが最近、アフターピルについても動きを見せるなど、日々進化している日本のフェムテック業界。月経関連商品の扱いにも変化が起こるかもしれませんよね。素敵な進化を楽しみにしていきましょう!

世界のPMSマーケット。フェムテックが活発な欧米の最新事情

みなさん「フェムテック」という言葉を聞いたことはありますか? フィメール+テクノロジー=フェムテック。女性のヘルスケアやライフスタイルの課題をテクノロジーで解決、サポートするという意味の造語で、今、投資家たちも注目する世界的に拡大している分野なのです。

実は、未開拓の市場だった!

実は、未開拓の市場だった!

フェムテック市場とは、女性に関するデータを集め、最新のテクノロジーを使い、女性の課題を解決していくという、とても意義のある市場です。なぜなら、実は女性のヘルスデータは男性と比べ、圧倒的に少ないからです。

驚くべきことに、1993年までアメリカでは女性のデータは医学的な実験の対象になっていませんでした。それは、実験中に妊娠した場合、胎児に悪い影響が出てしまう可能性があるという理由からなのですが、そのため、薬や病気に関するデータは、すべて男性のカラダの影響を測り得たものであるということなのです。

その名残もあり、医療現場では男性のデータを使う傾向にあります。つまり、フェムテックの分野は、現代においてまだ未開拓なので、伸びしろが大きいというということなのです。

欧米でのフェムテック事情

フェムテック市場をリードしている欧米では、2000年ごろに女性用ヘルスケアアプリが登場しました。シリコンバレーでは今まで少なかった取締役やエンジニアのポジションに女性が就くことが多くなり、それが影響しフェムテック関連のスタートアップが増え、その後サブスクリプションやデバイスなどへ拡大していきました。

その後、市場は成長を続け2020年秋冬に発表されたfermataのデータによると、35カ国484社が開発に乗り出しています。

欧米でのフェムテック事情

出典:fermata「2020年秋冬 日本海外Femtechマーケットマップ

ミレニアル世代にフィットするデザインとコンセプトが鍵

ここで、話題のフェムテックをひとつご紹介します。2015年に誕生したサンフランシスコの「Cora」は、生理用品のサブスクリプションサービス。ユーザーの月経周期や経血量などに合わせ、適切な量の生理用品が送られてくるというシステムで、大変人気を集めました。

女性用のプロダクトはピンクにすればいいという流れを覆し、ケースのデザインをスタイリッシュにしたことが、現代の女性の感性にヒットした要因のひとつといわれています。さらに「Cora」で購入すると自動的に、生理用品の購入が難しいインドの貧困地域の少女たちに生理用品が寄付される仕組みになっています。

これが、社会貢献欲求の強いミレニアル世代に響き、600万ドルを調達できるスタートアップとなりました。
このように、フェムテックは憂鬱なだけの月経や月経前から解放され、自らと向き合う時間に変え、豊かな心持ちを与える力があると考えられます。

ピルでPMSをコントロールするのが主流の欧米

ピルでPMSをコントロールするのが主流の欧米

海外のフェムテックでは、服用管理のストレスをなくすためのスマートケースなど、ピルに関係する事業が多くあります。それは、海外では、ピル(低用量経口避妊薬)などを使って、女性自身が積極的にPMSや妊娠をコントロールする傾向が強いことが理由と考えられます。

例えばフランスのピルの内服率は、なんと30%以上。ちなみに、日本でピルが認められるようになったのは、米国に遅れること40年となる1999年で、服用率も2.9%と、フランスと比べると1/10ほど。PMSへの対処法の違いがあるようです。

出典:国連「Contraceptive Use by Method 2019

日々進化するPMSのソリューション

さらにPMS関連では、月経周期によって変化する女性のホルモンバランスに合わせたサプリメントを提供するパーソナライズサービスや、症状などを通院せずにオンラインで専門家に気軽に相談できるサービス、PMSや月経痛を和らげるウエアラブルデバイス、おりものの電解質を分析したり、尿からホルモン値を測定するアプリ連動型のデバイスなどが開発されています。
このように、海外ではPMSのソリューションが日々進化し、人によって異なる課題をも解決へと導けるような、生きやすい社会へと向かっていることは、間違いないようです。