快感を得るための臓器、クリトリスについて知ろう

心臓、肺、胃、大腸など、身体にはいろいろな臓器があります。実はクリトリスも臓器のひとつであることを知っていましたか?当たり前のように身体にあるけれど、意外と知られていないクリトリスの知識をインプットしましょう。

快感を得るための役割

臓器ひとつひとつにはそれぞれ役割があります。例えば、心臓。筋肉でできており、伸縮を繰り返すことで身体中に血液を送り出しています。そして肺には、キレイな血液を作るための空気清浄機のような役割があります。

もちろん臓器であるクリトリスにも役割があります。それは、快感を得る、オーガズムを得ることです。「それだけ?」と不思議に思うかもしれませんが、「クリトリスは本当に快感を得るためだけの臓器なのです」と教えてくれたのは、国家資格を保有する鍼灸師であると同時に膣サロンを設立し、啓もう活動を行っている栗本夏帆先生。

クリトリスの構造を学ぶ

1.陰核亀頭

先端部分がとがったような形状をしており、クリトリスの一部として目視できる部分。

2.陰核海綿体

スポンジ状の勃起性組織で、ほとんどが血液で占められている。その先端は陰核脚と呼ばれる。

3.前庭球

左右にある扁平な棒状になっている海綿体。性的興奮によって膨張し、後部にある大前庭腺を圧迫して分泌物を排出させる。

4.尿道口

尿が出てくる場所。

5.膣口

膣の開口部。

「クリトリスは、外側に出ている陰核亀頭(イラスト1)と呼ばれる部分だけと思っている人もいいですが、それはほんの一部です。目視することができる陰核亀頭は個人差があるものの57mmほどで、ほとんどが目で見ることはできない内側にあります。全貌はイラストのようなフォルムをしていて、こちらも個人差はあるものの全体サイズは912cmほどあり、そのすべてで快感を得ています」

快感スポットは隠れている?

「女性の快感スポットとしてGスポットというワードがありますが、それもクリスリスの一部です。

膣口から指を入れて23cm程度のところで指を曲げた場所がGスポットだと言われています。昔、ドイツの産婦人科医が長年の研究の末、そのあたりに敏感に反応する場所があると突き止めたと言われており、その内容を本として出版したことで全世界に広まりました。それがいわゆる中イキスポットだとして、その先生のイニシャルからGスポットと呼ばれるようになりました。

ただ、勘違いもあります。確かに快感を得る場所と言えるかもしれませんが、Gスポットをピンポイントで刺激して感じているわけではなく、あくまでもクリトリス全体で得ている快感です。なぜならば、Gスポットとして知られる場所は、普段は隠れているから。

クリトリス全体(イラスト3)を刺激することで、海綿体構造が膨張します。男子が勃起するとの同じ状態です。そうするといわゆるGスポットが現れます。なので、ただこの部分を刺激すれば快感を得られるというわけではなりません」

構造を理解すれば悩みが解消する

「私が運営している膣サロンでも、濡れにくい、途中で乾くといった悩みが届きます。

まず、濡れにくいと感じている人はクリトリスの構造を知ると解消する場合があります。先ほどもお話ししましたが、外側にある陰核亀頭だけがクリトリスだと思っている人も多いので、全体像を理解し、海綿体が膨張することで後部にある大前庭腺が圧迫されて分泌液が排出される仕組みを知ってください。それがいわゆる濡れているという状態です。

そして、途中で乾く、乾くと痛くなるという人は、途中で海綿体の膨張がしぼんでしまった状態です。男性でいうところの中折れに該当します。後ろめたくなることではなく、その時の体調や気持ちの状態によってそういうこともあると理解していてください。

快感を得るには身体の刺激だけではなく、雰囲気作りも大切ですし、膣やデリケートゾーンが乾燥しないようにケアすることも解決策のひとつになります」

臓器のひとつとして向き合う

心臓や肺、胃などの臓器と同じように、クリトリスも自分の身体にある臓器のひとつで、その役割は快感を得ること。そして、快感を得ることは精神的な落ち着きをもたらしてくれることだとわかると、これまで持っていた印象が変わってきますよね。何も知らないからこそ、恥ずかしさや秘め事感が全面に出やすくなることも。自分の身体のことを知るという認識で、正しい知識を得てくださいね。

 

栗本夏帆氏

グラン治療院の統括院長。国家資格を保有する鍼灸師として活動しながら、「一般社団法人 日本温活協会」の温活士としても活躍。女性限定の膣サロンを立ち上げるなど、勉強会や啓もう活動にも励んでいる。https://biyoshinkyu.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です