SEXUAL WELLNESS MARKET RESEARCH RECOMMEND by 木川誠子

生理前になると性欲が高まるって本当? 産婦人科医がアンサー!

「生理前になるとセックスがしたくなる!」と感じたことはありませんか?果たして生理周期と性欲には相関関係があるのか、フェムテック tvでは独自アンケートでリサーチを行い、産婦人科医の池田裕美枝先生にその真相を伺いました。

アンケートでは生理周期と性欲は関係している結果に

Q.生理周期と性欲は関係していると思う?

Q.性欲を感じやすいのはいつ頃?

生理周期と性欲は関係していると思っている人が70%以上!続いて、性欲は生理周期のいつ頃に感じるのかも聞いてみました。すると、PMSの症状が現れやすい生理1週間前が33%ともっとも多かったものの、排卵期に当たる生理2週間前は22%、生理直前は16%とそこまで差がない結果に。

性欲は生理周期に関連していると思っている人は多いものの、いつ頃高まるのかは個人差があるようです。では、実際のところ生理周期と性欲は相関関係にあるのでしょうか。

性欲の高まりは男性ホルモンの影響

「女性の身体も男性ホルモンを少量分泌していますが、性欲はその男性ホルモンのテストステロンの影響を受けています。

卵巣では女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが作られており、その生成過程でテストステロンも作られます。テストステロンが多いほど性欲が高いというわけではないのですが、エストロゲンとの比、テストステロンの前駆物質との比などにより、性欲に変化が起こると考えられています」(ゆみえ先生、以下同)

このように性ホルモンと性欲が関連していることから、生理周期に合わせて性欲に波があると感じるのかもしれません。

「ただ、ホルモンの動きや影響に関してはかなり個人差があります。PMSの症状が出てくる頃にセックスがしたくなる人もいれば、逆にしたくなくなる人もいるといったように、性欲に関しては一概に言えないところがあります」

感情要因なども性欲に関係している

さらに女性の場合はホルモンの影響だけではなく、そのほかの要因も性欲に関係しているそうです。

「シンプルにホルモンの影響で性欲が変化するということならば、性欲に一定のリズムがあるということになりますが、女性の場合もっと複雑だと考えられています。

女性の性欲、自発的な性的衝動(spontaneous sexual desire)は、性的な刺激、感情と心身の満足、感情的な親密度など、さまざまな要因が融合することで高まるとされています。身体的に性的な刺激があってしたくなることもあれば、気持ちが高まらないとしたくならないというように、ひとつではなく複合的な要因が関係していることからも、性欲には個人差があると言えます」

自分の心と身体が心地いいと感じる状態を作る

性欲については周囲と積極的に会話するなどのコミュニケーションの機会が少ない分、あるとおかしいのかな、逆にないのもダメなのかな……と悩みになることもあると思います。もっとも大切にしたいのは、自分自身が本当に満たされていて、心も身体も心地いいと感じていること。

「パートナーと自分の性欲や気持ちに差があると悩みにつながってしまうこともありますが、その差はあるのが当然だと思うことも必要です。女性の性欲は、ホルモンバランスだけではなくて、いろんな要因が重なり合って高まることを知って、パートナーにも共有してください。

性欲にいいも悪いもなく、正解はありません。その時の生活環境やパートナーとのコミュニケーションによって変わることでもあるため、自分自身が満たされていること、心も身体も心地いいと感じているのかを大切にしてください」

 

池田裕美枝先生

いけだ・ゆみえ 京都大学医学部卒業。「市立舞鶴市民病院」「洛和会音羽病院」にて総合内科研修後、産婦人科に転向。現在は「二宮レディースクリニック」での産婦人科外来、「神戸市立医療センター中央市民病院」の女性外来、「京都大学医学部附属病院」の女性ヘルスケア外来を担当。また、SRHR(セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス&ライツ)の勉強会や啓もう活動を行う研究会「 京都大学 リプロダクティブ・ヘルス&ライツ ライトユニット」の代表も務める。

 

コメントを書く / 読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です。

今、あなたにおすすめ

木川誠子
ライフオーガナイザー1級、アロマ心理の資格を保持。出版社勤務を経て2009年に独立。編集者・ライターとしての経験を活かし、ライフスタイルを仕立てる(tailor)を意味するライフスタイラーとして、美容や食など様々な角度からライフスタイルの情報を発信。ライフスタイルは感性や感覚、体験などで構築されて、ひとりひとり異なるもの。自分自身で感じた感覚を大切に、独自の体感や実感を取り入れながら、雑誌やWEBメディア、カタログなどでの執筆活動をはじめ、メーカーブランディングなども行う。また、姉妹で、完全予約制のプライベートショップ「KIRA CLOSET」を主宰し、ワークショップや食事会を企画、開催。食事会でのメニューはお手軽でありながら、さり気ないおもてなし感が特徴で、レシピは定期的にメディア掲載中。