PMSの対処法!こんなとき男性はどうしたらいい?

男性向けのセミナーを通して、PMSによるパートナーの諸症状に悩む男性が多数いることが判明! そこで個性ある3名がお悩みに回答します。男性向けのセミナーで講師を務めてもらった中田航太郎先生には医学的な視点から、PMSや月経とも向き合いながらバリバリと仕事をこなすワーキング女子には女性がサポートしてもらったらうれしいなという視点で、女子ともざっくばらんに月経の話ができる小野寺氏には、女性から神対応と言われるコツを教えてもらいました。

■職場の同僚の場合
お悩み①
月経前なのか、月経中なのか、ふらふらの状態で仕事をこなすことも。普段は完璧にこなせるのにミスもたまに見受けられ……。同僚として何かサポートできることはありますか?

職場の同僚の場合 お悩み①

<中田航太郎先生>
月経前なら……
ふらふらしている場合はホルモンの乱れによる症状の可能性が高いです。女性ホルモンの変動に伴って自律神経の働きも変動し、それによってめまいがしたり、何となくぼーっとしたりします。PMSの症状が強いのであれば、その症状を緩和するピルを内服するのもひとつの方法です。
月経中なら……
過多月経による貧血の可能性も。たとえば、立ち上がったときにフラッとするなら貧血か自律神経の乱れが考えられるので、健康診断の結果などで健康に問題がないかどうか調べてみてください。頭に血液が十分送りだせていない状態なら、横になると楽になることもあります。脱水状態で循環血液量が下がっていることもあるので、ぬるま湯などの水分を補給させてあげてください。休んでも改善しない場合や、ふらつきを繰り返す場合には必ず病院を受診するようにしてください。

<ワーキング女子>
無理のない程度に働いてもらうのが大前提。間違っても「ひょっとしてPMS?」などとは聞かないこと。そんな日もあるさと、フォローするのが効果的。
本人があらかじめPMSの周期を把握してるなら、体調が悪い時期を上司や同僚に共有してもらってはいかがでしょうか。本人も仕事をうまく回せないのはストレスを感じるはずなので、手助けしてもらってでもやり遂げた方が精神衛生上良いはず。
もし、時間に余裕があるなら1時間でもいいので、仮眠をとってもらうなり、「カフェで気分転換してきなよ!」と声をかけるのもあり。もしくは、コンビニに誘うなどして10分程度気晴らしになるような時間を作ったり、早く帰れるような雰囲気を作るのも有効です。

<小野寺氏>
前もってそういう状態になることが分かっているなら、元気なときにカラダがしんどくなったときは何をして欲しいか聞くとよいと思います。背中をさすって欲しかったり、温かい飲み物がほしかったり、人によって対応は様々なので効果が出る出ないは別として、その人がして欲しい事をさりげなく、サッとやってあげるだけで本人の気持ちにも余裕ができます。そうすれば、何か手を差し伸べてもらいたいときに相手から気軽に頼まれるようになります。

お悩み②
大事な仕事の日なのに、「お腹が痛くなって途中の駅で降りた」と連絡があり、仕事に遅刻することがたまにあります。自分の体調のことだし、大事な仕事なので自分で管理してもらいたいのですが……。

職場の同僚の場合 お悩み②

<中田航太郎先生>
月経前なら……
ホルモンが大きく変動するので腸の動きを支配する自律神経も変動し、それに伴って下痢っぽくなったり、逆に便秘っぽくなったりすることもあり、その症状をコントロールするのは難しいです。
月経中なら……
子宮内膜が剥がれ落ちることによる腹痛や腰のおもだるさなどの症状があります。腸の動きが活発になることで腹痛(蠕動痛)を起こしているケースもあります。もし、日常生活に支障がでるほど腹痛がひどいのであれば、医師に相談してどの可能性が高いのか判断してもらった上で、ピルや漢方などお薬での症状改善が可能か相談しましょう。

<ワーキング女子>
PMSや月経痛による体調不良で休むのは気が引けるので、頑張って仕事に行く気持ちはよく分かります。女性の体調変化について理解不足の男性上司には相談しづらいし、休暇取得理由欄に生理休暇の設定がないので言い出しにくいもの。もっと気楽に月経休暇が取得できるようになることを切に願います。
職場の同僚としての立場なら、さりげなくPMSに効果的な食べ物や飲み物を買ってあげたり、入浴剤などをプレゼントしてもらえたら嬉しいかな。

<小野寺氏>
体調不良で迷惑をかけてしまうのは上司や同僚だと思いがちですが、実はそうではなく実際に迷惑がかかるのはクライアントの方。その認識をチームで共有し、まず月経痛やPMSによる体調不良であることをきちんと伝えられる環境を作り、助け合うことが大切だと思います。

 

■カップルの場合
お悩み③
真夜中に「眠れないの……」と突然連絡がくることがあります。なんて声をかけてあげるのがベストでしょうか。

カップルの場合 お悩み③
<中田航太郎先生>
原因として思い当たるものがあるかどうかを聞いてみるといいかもしれません。緊張すること、ストレスがかかる嫌なことが原因であれば、それを取り除くことが大切です。眠れないことが慢性的な課題であれば、自律神経が乱れていることや生活習慣の悪化が原因の可能性もあるので、改めて話をする時間を設けるものいいかもしれません。

<ワーキング女子>
PMSの症状には睡眠障害もあると言われています。眠れなかったり、眠れなくて気分が落ち込んでいるときは親身になってほしいもの。こんなときはアドバイスしてもらっても素直に受け入れられないこともあります。たとえ同じ話を繰り返したとしても、ずっと聞き役に徹するのがベター。

お悩み④
連絡のやり取りは電話かLINEがほとんどなのですが、急に連絡がとれなくなることがあります。これまでは元気に過ごしていたのに、急にシャッターを閉めるかのようにシャットダウン。事前にサインなどがあれば知りたいです。

<ワーキング女子>お悩み④

<中田航太郎先生>
最も大切なのは、普段楽しんでいたことを楽しまなくなったり、やる気が落ちたように見えるなど、「普段と何か違う」というサインを見逃さないこと。食事量の増減、元気がなくなるなども見逃したくないサインです。
PMSによる一時的な症状であれば月経の訪れとともに改善しますが、2週間以上様子がおかしい場合にはうつ病などにも注意する必要があります。

<ワーキング女子>
男性が「話したくなったら俺にも話してみて、心配だから」とひと声かけて、とにかく女性から口を開くのを待つのみ。男性から「どうしたの?」などと、しつこく質問するのは控えましょう。

お悩み⑤
ことあるごとに精神的なストレスを訴えてきたり、SNSへネガティブな発信(ひどいときは死にたいなど)をしたり、真夜中に届いたメールやLINE、電話の着信を無視するとリストカットしそうになったり、ヒヤヒヤする場面に直面することも。どのように対処するのがよいのでしょうか。

<ワーキング女子>お悩み⑤

<中田航太郎先生>
PMSの精神面が強く出ているPMDDの可能性があります。また、中高生、20代の女性に多い境界性パーソナリティー障害も隠れているかもしれません。境界性パーソナリティー障害とは、相手の注意をひくのが上手で構ってもらえないと死にたい気持ちになることも。本当に死にたいと感じていたり、自傷行為をしてしまう場合は治療介入が必要です。

うつ病かどうかの判断基準は、憂鬱そうで仕事に行きたがらない、今まで外に遊びに行くことが好きだったのに行かなくなる、好きだったテレビを見なくなるなどの症状が長期間続くこと。ただし、明確に月経周期に伴ってあらわれる症状でしたら、 PMDDの可能性を念頭に産婦人科の医師に相談をしてみましょう。

<ワーキング女子>
毎月それが繰り返されるなら、まず専門医に相談するべき。落ち着いている時期に相談先となる婦人科の候補クリニックを一緒に探すのもよいと思います。

お悩み⑥
夜中にLINEのスタンプを連打されることがたまにあります。なんて返すのがよいですか?

<ワーキング女子>お悩み⑥

<中田航太郎先生>
PMSや一時的なストレスが原因でイライラしている可能性もありますが、感情の制御ができていない場合には、境界性パーソナリティ障害などが隠れている可能性もあります。
相手の発言に対して話を聞き出すのはいいですが、過度な共感やアドバイスはせず傾聴に徹するようにしましょう。

■夫婦の場合
お悩み⑦
話しかけると機嫌が悪いことがあります。怒りの沸点がわからず戸惑うことも。機嫌が悪くなるサインがあったら教えてください。また、機嫌が悪い場合でも子供のことや仕事の相談など、話さなければならないこともあるので、その際の対処法が知りたいです。

夫婦の場合 お悩み⑦

<中田航太郎先生>
月経前なら……
排卵後に徐々に症状がひどくなり、月経がくると落ち着くのであればPMSの症状。排卵の明確なサインはありませんが、パートナーの周期を把握していると予測はできるかもしれません。
月経中なら……
月経痛が原因でイライラしているなら、その原因を特定したうえで寄り添いましょう。重大な意思決定や手間がかかる家事などは、なるべく避けられるよう奥様に対して配慮することが大切かもしれません。
月経前、月経中はストレスに敏感なので、できるだけストレスになる要因は排除しましょう。

<ワーキング女子>
こんなときに相手の言動を指摘するのは火に油を注ぐ場合がほとんど。その場で対応はせずに一度受け入れ、時間が経過して落ち着いたときに話し合うのがベスト。女性もいつもよりイライラしていることは分かっているはず。相手の性格にもよりますが、笑って受け流すなどの対応で功を奏する場合もあります。

<小野寺氏>
イライラされると男性側もイライラし返してしまいがちですが、それは逆効果。女性には “この人、何もしてくれない、分かってくれない”と思われてしまいます。そっとしておいたつもりが、分かってくれない人と思われて余計にイラつかれてしまうことも。女性がイライラしているときは、男性側が一歩引いて接するなど相手に寄り添って、時期をみてきちんと話し合い、PMSや月経中にどう対応するのが一番良いのか話し合うことが大切です。

お悩み⑧
いつもというわけではないのですが、暴飲暴食、拒食など、食が乱れていることがあります。できるだけ規則正しい食生活を送ってほしいのですが……。夫として見守ることしかできず歯がゆい思いをしています。

<ワーキング女子>お悩み⑧

<中田航太郎先生>
月経周期に伴うものであれば、ピルを内服することで改善するかもしれません。運動不足や会社でのストレスが原因になっている可能性もあるので、定期的にストレスになっていることはないか聞いてあげるのが良いでしょう。

<ワーキング女子>
特に悩みやストレスがないなら婦人科受診をすすめてみてはいかがでしょうか。暴飲暴食になる周期を家族でしっかりと把握し、そうなりそうな時期はなるべく一緒にいられるような環境を整えることが大切だと思います。

違った視点を持つ3名からの回答はいかがだったでしょうか? PMSとうまく付き合うコツをつかみ、男女ともに月経周期に振り回されず穏やかな日常を過ごせますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です