マインドフルネスとPMSの関係

マインドフルネスと聞いて何のことか、すぐ頭に思い浮かべられるくらい日本でもメジャーになってきました。2010年頃からアメリカを中心に流行し、GoogleAppleなどの企業も導入したことで、ビジネス界で脚光をあびたマインドフルネスですが、実はPMSを緩和させてくれる効果が期待できるらしいのです。

そもそもマインドフルネスってなに?

まずは椅子に座って、目を閉じてゆっくり呼吸をしてみてください。息を吸う、吐く、吸う、吐く……。どのくらい時間集中できますか?

ゆっくり呼吸を繰り返していると、ふとした瞬間に今日の夕飯は何を作ろうとか、遠くから聞こえてくる子供たちの声に引き込まれてそろそろ子どもが帰ってくる時間だとか、明日の会議の資料がまだ出来上がってないなぁとか、いろんな雑念が次から次へと沸き上がり、頭がいっぱいになってしまうはず。このように雑念で満たされた状態を、マインドレスな状態といいます。

目の前で起こっていることに意識を向けていくことをマインドフルネスといい、マインドフルな状態を維持するためには、自分の意識がどこに向かっているのか気づくことがポイントです。

要するに、最初は集中できていたのに、今日の夕飯は何にしようと他のことに意識がそれたとしても、集中できなくなっていた!ということに気づき、意識を集中させることに戻す、その繰り返し行う行為が大切なのです。

中田航太郎先生も実践するマインドフルネス

男性向けのセミナーで講師を務めていただいた中田航太郎先生は、早稲田大学文学学術院でマインドフルネスと脳の可能性に関する研究も行っていたことがあり、マインドフルネスにおいてのプロフェッショナルです。実際に中田先生が行っている方法は『男性向けPMSセミナーを開催!』で簡単に触れましたが、いたってシンプル。

どこでもすぐにできるトレーニングをすることが多いそうで、意識的に時間を作って自分の呼吸に集中したり、今食べているものに集中したり、目の前のものに注意を向けるトレーニングを習慣化しているそうです。

このやり方なら、電車に乗っているときでも、オフィスで自分の席に座っているときでも、すぐにできるので、忙しい人にもぴったりですね。興味がある方はぜひ真似してみてください。

マインドフルネスとPMS

マインドフルネスのメリットは、ストレスが軽減されたり、集中力がアップしたり、気持ちをコントロールできたりなどさまざま。特に注目したいのは、マインドフルネスが痛みに対しても有効であること。

米国国立補完統合衛生センター(NCCIH)が助成する小規模な研究によると、マインドフルネスは痛みを緩和することが判明したと、発表しています(*1)。

さらに、PMSとマインドフルネスの関係に着目した北海道医療大学の雑誌「北海道医療大学心理科学部研究紀要」(*2)によると、月経前に経験していた症状が軽減し、疼痛耐性(どの程度痛みに耐えることができるか)が向上した、と発表しています。

月経に伴う気分障害を有する1852歳までの女性24名を対象に8週間マインドフルネスを実施したそうですが、PMSの症状が軽減するならトライしない手はないですね!

禅との関係性が深いマインドフルネス

坐禅を見聞きしたことがある日本人はもちろん、実際に経験したことのある方はすでにお気づきかもしれませんが、マインドフルネスと坐禅のやり方はとてもよく似ていますよね。

それもそのはず、マインドフルネスは新しい考え方ではなく、仏教的な瞑想に由来すると言われています。だからでしょうか、最近では、マインドフルネスのひとつとして写経に取り組む方も増えているんです。

瞑想に慣れてきたら写経に挑戦

写経とはお経を書き写す行為のことで、初心者でもすぐに始められる写経グッズが100円ショップで購入できるほど身近になっています。

今は文字数が300字程度と短い「般若心経」を書き写すことが多く、少しの時間で書き終えられるため、初心者でもトライしやすい内容です。目の前に並ぶ写経の文字を一心不乱に書き写すため、あっという間に時間が過ぎていきます。

ここで大切なのは、自分の意識がどこに向かっているのか気づきながら書き写すこと。300字を書き終えた後は達成感に包まれること間違いなしです。

いろいろな方法を試していくなかで、自分に合ったマインドフルネスが見つかるはずです。マインドフルネスを難しくとらえるのではなく、興味のある方は気軽に始められることからスタートしてみてくださいね。

引用:

*

出典:厚生労働省『「統合医療」に係る 情報発信等推進事業』eJIME

科学的観点から見た瞑想の有効性

*

出典:『北海道医療大学心理科学部研究紀要 : J PsycholSci11 2016.03 p35-49. 土井理美,戸田愛貴子,宮本あきら,安喰智美,飯坂 彩乃,川辺 ひかる,渋川 桃子,筒井 明日香,百々 尚美,坂野 雄二「女子大学生における月経観と月経前症候群との関連ーマインドフルネス特性による緩衝効果ー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です