今月のFな人

連載

by 川端宏実

【今月のFな人】第2回:須田亜香里さん×高橋怜奈医師〜後編〜「アイドルはいつまで続けられる……!? ライフプランと妊娠・出産」

ファンとの距離感が近いことで有名な須田さん。そんな彼女のファン達から、最近は「結婚や出産を考えたら、もう卒業した方がいいんじゃないの?」という心配の声が多く寄せられるんだとか。確かに女性のライフプランにおける妊娠と出産はすごく重要な話。須田さん本人も、ファンからの声で真剣に向き合い始めたそう。今回の【今月のFな人】は、女性のライフプランと妊娠出産について、須田亜香里さんが高橋医師と考えてみました。

キャリアを考えると、まだ妊娠は現実的でない……

須田亜香里さん(以下須田さん):私、もうすぐ30歳になるんですが、最近ファンの方が「将来子供が欲しいのなら、体力的なこともあるから……アイドル続けて大丈夫?」と心配してくれているんです。私自身は、そこまで深く考えていなかったのですが、ファンの方々からの心配の声で将来のことが気になり始めました。

高橋先生:面白いファンの方たちですね(笑)。

須田さん:普通、アイドルのファンって結婚や出産にはマイナスイメージを持っていると思うのですが……12年アイドルとして活動していたので、私のファンの方々は家族のような感覚で私の将来設計が心配なんだと思います(笑)。

高橋先生:そうなんですね。須田さん自身は妊娠・出産についてどう考えていますか?

須田さん:絶対に子供が欲しいとか、いますぐ欲しいとは思っていないんですよね。でも、年齢的に適齢期と言われている年齢が迫っているのは感じていて……。自分の妊娠の確率を調べられる検査ってありますか?

妊娠の確率は、女性の体だけの問題ではない。男性との相性も大きく関係する

高橋先生:そうですよね。須田さんのようなアイドルの方でなくとも、女性が自分のキャリアプランを考えた時に、妊娠や出産・子育ては難しい課題になりますよね。ただ、今の状態での妊娠適応検査はおすすめできません。妊娠するためには、女性だけではなくて男性の精子が必要です。相手の男性との相性によっても変わるので、妊娠の確率は、女性の体だけではわからないんです。例えば、元パートナーとは子供がつくれなかった女性も、再婚をして、新しい旦那さんとはすぐに妊娠ができた。ということも良くあります。ですから、子宮や卵巣がまったく無いというような状況以外では、妊娠の確率は正確には測れないんです。

須田先生:難しいー! そうか……。相手との相性もあるんですね。

高橋先生:そうなんです。なので、今は妊娠を考えていなくても、妊娠をしたいと考えた時に、妊娠をしやすい体にしておくということは、今からできるケアとして大切だと思います。

須田さん:確かに! 将来的に子供が欲しくなった時に、後悔しないようにできるなら嬉しいです。

絶対に子供が欲しい場合は、やっぱり早めの妊活が◎

高橋先生:そうですね。まだ悩んでいるのであれば、今からできるケアはやっておいた方がいいかと思います。その第一歩としては、まず子宮頸癌などの定期検診はしっかり行くようにしましょう。そして、ピルも将来的な妊娠のケアにおすすめです。ピルを飲むと排卵が止まるんです。排卵が行われないと、卵巣の壁をきれいに保つことができるんです。排卵は、卵巣の壁を突き破って行われるので、その分卵巣の壁へのダメージも大きいんですよ。排卵を繰り返して卵巣の壁が傷つく回数が増えると、本当に排卵したいときに卵巣の壁が硬くなって排卵しづらくなってしまう可能性があります。なので、妊娠の予定が無いのであればピルで排卵を止めて、卵巣の壁をきれいに保ち未来の妊娠に備えるということも今できることの一つです。

須田さん:なるほど! ピルにはそんな効果もあるんですね。

高橋先生:そうなんです。あとは生理がきちんと月に1度来ているか。気になる不調はないか。などは一つの目安になっているので、気になることがあれば婦人科を受診するようにしましょう。

須田さん:女性が人生で排卵できる回数って決まっていると聞いたのですが、本当ですか?

高橋先生:本当です。平均的に12歳ぐらいから生理が始まって、50歳ぐらいで閉経をするので、大体決まっています。ただ、ピルやホルモン療法で排卵を止めていたからと言って、その人の閉経が伸びるわけではありません。

須田さん:卵子は新鮮には保たれるということですか?

高橋先生:新鮮には保たれません。排卵を止めていると、排卵はされませんが卵子の年齢は自分の年齢と共に歳をとっていきます。個人差はありますが、平均的に35歳ぐらいから卵巣機能が低下していきます。

須田さん:卵子って老化するんですか!?

高橋先生:そうなんです。私達が歳を重ねるように、卵子も老化するんですよ。女性は生まれた時が、一番卵子の数を持っています。しかし、その卵子の数も月日が経つにつれてどんどん減っていくんです。卵子の減少は生理が始まる前から始まります。よくピルを飲んでいると卵子の数が減らないと思っている人がいらっしゃいますが、排卵されなくても、卵子はどんどん減ってしまうんですよ。排卵をしなかった卵子は、体に吸収されて消滅してしまうんです。

須田さん:え!? 体に吸収されちゃうんですか!?

高橋先生:そうなんです。卵子は年齢とともに減っていきますし、老化もしますから、年齢的には早く妊活をした方が妊娠しやすいと言われているんです。

須田さん:年齢とともに確率は下がるのかぁ。妊娠を含めたライフプランを考えるって本当に難しいですね……

高橋先生:確かに、30歳後半から妊娠率は低下します。ただあくまで目安なので、40歳を超えてもすんなり妊娠している方もいらっしゃいます。今からできるケアを心がけて、自分が後悔をしない選択をすることが大切だと思います。仕事をみっちりやっていて、子供を産まない選択をしても、ご本人が納得しているのなら何も問題はないですよね。ただ、キャリアも積みたい、妊娠も絶対したい!という強い希望がある場合は、早めに妊活を提案することもあります。

須田さん:そうですよね……。私は最近やっと、子供がいる人生の選択肢に気づいたばかりなので、今すぐいろいろ決めることは難しいなって改めて思いました。アイドルには年齢制限があると思っていたけど、最近はそんなこともないのかな? と感じることも多くなってきたし、まず自分にとってどの選択肢が一番幸せなのか、しっかり考えてみないといけないですね!

高橋先生:それが一番大切ですね。

須田さん:どちらにしても結婚や出産は、グループを卒業してからだと考えています。卒業も、できればこのコロナ禍が落ち着いて、また握手会や声の出せるライブができるようになってからしたいなって思っています。でも、それを言うとファンの方にまた心配されちゃうんですけど(笑)。みんな本当に愛情を持って応援してくれているからこそ、本気で心配してくれてるんだと思います。

高橋先生:もし将来、子供が欲しいという考えがあって保険をかけるのであれば、卵子凍結という方法もありますよ。これも絶対に希望のタイミングで妊娠できるという訳ではないですが、一つの安心材料としておすすめです。

須田さん:そっか、卵子の凍結もありますね! あとは、もう少し手軽にできる妊娠準備はありますか?

高橋先生:バランスの良い食事を心がける、などを耳にすることがよくありますが、一日何品食べる、のように細かく気にしなくても大丈夫です。一般的に良いとされる健康的な食事と生活習慣を守っていれば問題ありません。ただ、喫煙している場合は禁煙をお勧めします。。卵巣の機能を下げますし、老化や子宮頸癌のリスクも高めてしまうんです。。でも、基本的には一般的なバランスのいい食生活と睡眠を心がけていれば大丈夫です。

須田さん:難しいことはないんですね!

まずは定期的な婦人科検診で不調を放っておかないこと

高橋先生:人間にとって一番大切なことは生きることで、妊娠や出産は本来、絶対に必要なことではないんです。なので、急な体重の減少などで飢餓状態になってしまっている時は、まずは命を優先させるために生理が止まることがあります。それは動物の防衛本能なんです。なので、食事や睡眠に気をつけて、生理がきちんときていること。太りすぎない、瘦せすぎないことに気をつけて、健康体でいることが一番大切です。

須田さん:なるほど! では、特に栄養素なども気をつけなくていいですか?

高橋先生:妊活中の方に葉酸やビタミンDをとるようにお伝えする事もありますが、、特に妊活中でなければ、普通のバランスのいい食生活をおくっていれば問題ないかと思います。もし心配であれば、ドラックストアでマルチビタミンを購入して、毎日飲むだけでも大丈夫ですよ。

須田さん:ありがとうごいます! いろいろお話しを聞けて勉強になりました! 子供が欲しいのか、いつまでアイドルを続けるのか、まだハッキリと決められたわけではないですけど。自分のライフプランを考えながら、まずは検診を受けて健康的な生活を心がけます! 

須田亜香里氏

200911月にSKE483期生としてメンバーに加入。現在はSKE48チームEリーダーを務める。握手会での神対応が話題で「握手会の女王」とも呼ばれている。 また、持ち前のトーク力でバラエティやワイドショーに出演。その他にもラジオや新聞連載等、SKE48の中心メンバーとして多方面で活躍中。

高橋怜奈氏

東邦大学医療センター大橋病院・産婦人科在籍。医師であり、プロボクサー。産婦人科YouTuberとしても活動。自身のSNSをはじめ、テレビや雑誌などで女性のデリケートな悩みに答える。

YouTube:産婦人科医YouTuber高橋怜奈

コメントを書く / 読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です。

今、あなたにおすすめ

川端宏実

フリーランスの編集・ライターとして、ファッション誌にてライフスタイルやメイク企画についての記事を担当。モデルやタレントのスタイルブック制作なども行う。