女性ホルモンに働きかけるハーブとは? 植物のパワーを受け取ろう!

バラの香りは女性ホルモンを高めてくれる、チェストベリーがPMSの症状を緩和するなど、植物が女性ホルモンや婦人科系疾患にアプローチするという話は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

そこで、自身の不調を植物療法で改善したという、「ノバスコシアオーガニックス」代表の田端春奈さんに、植物のパワー、女性ホルモンに働きかける植物について教えてもらいました。

植物のパワーのすごさ

植物療法とは、植物が生合成するフィトケミカル成分を含んだ抽出物を用いて、ひとりひとりが持っている自然治癒力に働きかける療法のこと。最近では、フィトセラピーという言葉でも知られています。

植物療法というとハードルが高く感じてしまいますが、実は身近な存在。リラックスしたくて精油やお香を炊いたり、ハーブティーを飲んだりすることは、植物療法の手軽な取り入れ方です。専門的に行う場合は、しかるべき知識や資格を保有する必要がありますが、日常生活の中に息づいている習慣だったりします。

そんな植物療法のいいところを田端さんに伺ってみると、大きくふたつありました。

1. 副作用が少ない

「例えば、月経痛が起きた時に市販薬を服用し続けると、効き目が薄れてしまうことや、その薬がないと不安になってしまうことがあると思います。植物療法にはそういったことがほとんどないため安心して取り入れられます。ただし、原材料となっている植物にアレルギーがある場合は気を付けてください」

2.自分の身体を知る習慣になる

「植物療法は、中長期的に続けることで効果をもたらしてくれます。即効性がないと言えばデメリットかもしれませんが、穏やかに効果を示してくれるため、自分の身体と向き合い、その変化を観察する習慣を自然と身に付けることができます」

PMSなどの不調の改善は、自分の身体を知ることから始めることが大事なので、その習慣が身に付くのは嬉しいですよね。そして、「先月はPMSが落ち着いていたのに、今月はしんどい……」なんてこともあります。その時の環境や精神状態などで症状が左右されたりもするので、その点から考えても植物療法は、婦人科系疾患の改善に向いていると言えるかもしれません。

女性ホルモンの味方になる身近な植物

植物性エストロゲンが豊富なシャタバリ

「若返りのハーブとして話題になったことがあるシャタバリは、インドなどの暑い地域で生息しており、根っこの部分を活用します。アーユルヴェーダで用いられる代表的なハーブなので、スリランカなどでは婦人科系の処方薬としても用いられています。

植物性エストロゲンの代表格は、大豆に含まれるイソフラボンです。大豆が女性ホルモンに働きかけるという話を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。同様に、シャタバリにも植物性エストロゲンが豊富に含まれており、女性ホルモンと似た働きが期待できます」

女性だけではなく、男性の身体も強壮すると言われており、家族やパートナーと一緒に取り入れるのものおすすめ。

万能なジャーマンカモミール

「女性ホルモンの乱れはストレスや免疫力の低下、冷えなども要因になります。そのため身体の調子や気持ちを整えるのも対策のひとつ。そんな時はジャーマンカモミールが活躍します。抗炎症作用があるアピゲニンを含んでいることから、イライラした気持ちを落ち着かせてくれるなど、精神的な不安を緩和してくれる働きがあります」

いわゆるカモミールと呼ばれているのは、ジャーマンカモミールを指し、植物療法が根付いているヨーロッパでもっとも用いられるハーブのひとつ。日本でも、ハーブティーや入浴剤、精油など、さまざまな製品展開があるため、取り入れやすい点も魅力です。

気持ちを落ち着かせてくれるゼラニウム

「一概にゼラニウムと言っても、さまざまな品種がありますが、日本では温度が適していれば1年中花を咲かせる四季咲き性のタイプを指すことが多いです。バラに似た香りが特徴で、気持ちを高揚させたり、安らぎを与えてくれたりします。精神的にもサポートしてくれる、心強い植物です」

生理前のイライラや生理痛などの時に、アロマディフューザーやアロママッサージなどで香りを取り入れるだけでも有効的です。

お気に入りの取り入れ方を見つける

「植物療法は、植物の効果効能の知識があるとより有効的に活用できますが、好きな香りが、今の自分に必要なもの、求めているものだったりします。原材料の植物にアレルギーがないかどうかに気を付けながら、好きな植物、気になる植物から取り入れてみてください。

そして、ハーブティーや精油など、取り入れ方もいろいろありますが、お気に入りの取り入れ方、ライフスタイルに組み込みやすい方法を見つけることで続けやすくなります」

植物療法は、よりナチュラルな方法でPMSなどの症状を改善したい人にはぴったりな方法。あまり難しく考えず、まずは取り入れてみましょう。シャタバリ、ジャーマンカモミール、ゼラニウムの女性ホルモンに働きかけてくれる植物を参考にしながら、取り入れやすい方法を見つけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です