MARKET RESEARCH RECOMMEND by 木川誠子

まだ浸透していなかった⁉フェムテックについて男女の意識の違い〈フェムテック tvアンケート〉

近年、フェムテックのムーブメントが起こり、ここ最近では急速に広がっている印象があります。そこで「フェムテック tv」では、20~30代の男女各300名を対象にフェムテックについて知っているのかを調べてみました。

まさかの結果に驚愕!

Q.女性の方へ:フェムテックという言葉を知っていますか?

フェムテックはすべての女性に関わってくる言葉ではありますが、知らない人が圧倒的という結果に……。

フェムテックのムーブメントが起きていることで、専門家だけではなく、テレビや雑誌といった一般メディア、さらには知名度の高い芸能人からの発信も増えています。そして、本サイトのように、専門に扱うメディアも登場しています。

そんな中でのこのアンケート結果は、もっともっと多くの人に届くよう発信していく必要があるように感じます。

男性のほうが知っていた!

Q.男性の方へ:フェムテックという言葉を知っていますか?

フェムテックという言葉を知っている女性が5.3%しかいなかったことを考えると、男性はもっと低いことが予想されましたが、まさかの11%! 女性の約2倍の男性が知っていることがわかりました。

 

「はい」と答えた方に、どこで知る機会があったのかも尋ねてみました。

 

男性の回答

1位 ネットの広告、ニュース 44.4%

2位 職場や家族から 22.2%

3位 新聞、テレビ、ラジオ 18.5%

4位 SNS(主にTwitter) 14.8%

 

2位の「職場や家族から」という答えを除けば、日頃から目を通しているインターネットやテレビといったメディアから知ったという人が多い結果に。その点、同じ質問を女性にしたみたところ「職場や家族、病院から」と、人を介して知ったという答えが主になりました。

 

女性の回答

1位 職場や家族、病院から 41.6%

2位 ネットの広告、ニュース 22.2%

2位 SNS(主にTwitter) 22.2%

3位 新聞、テレビ、ラジオ 13.8%

SNSの使い方の違いが認知の差に?

現代人においてSNSやインターネットの存在は切り離せない関係です。ですが、今回のアンケートでは、その使い方に違いがあるように感じました。

仕事の知識につながるような情報収集として利用している場合、意識していなくてもフェムテックという言葉に触れる接点があったと考えられます。その一方で、趣味や関心事についてSNSやインターネットを利用している場合は、意識的にリサーチしない限りはフェムテックという言葉に触れる機会は少ないと言えるかもしれません。

 

フェムテックは、女性の健康課題をテクノロジーで解決していくアイテムやサービスのことを指しています。つまりすべての女性に関係すること。

 

もちろん男性にとっても同じです。家族や職場関係者など、周りにいる女性がより快適に過ごせるようになったら、男性の暮らしの質の向上につながっていくのではないでしょうか。

今後の伸びしろに期待!

今回のアンケートでは下記の項目について、男性に聞いてみました。

 

Q.生理やPMSなど女性特有の健康課題について知りたいと思いますか?

 

決して高い数値ではありませんが、関心がまったくないというわけでもないため、これからに期待ができるとも考えられます。

「フェムテック tv」の記事を通して、フェムテックに関心を持つ男性、さらには、自分事として考える女性が増えていくとうれしいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「フェムテック tvアンケート 2021」
・調査エリア:全国
・調査母数:20代〜40代の男女300名
・調査期間:2021年5月4日~5月17日
・調査方法:インターネットリサーチ
・調査主体:フェムテック tv
・調査機関:SHINOBIアンケート
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを書く / 読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です。

この記事を読んだあなたにおすすめ

木川誠子
ライフオーガナイザー1級、アロマ心理の資格を保持。出版社勤務を経て2009年に独立。編集者・ライターとしての経験を活かし、ライフスタイルを仕立てる(tailor)を意味するライフスタイラーとして、美容や食など様々な角度からライフスタイルの情報を発信。ライフスタイルは感性や感覚、体験などで構築されて、ひとりひとり異なるもの。自分自身で感じた感覚を大切に、独自の体感や実感を取り入れながら、雑誌やWEBメディア、カタログなどでの執筆活動をはじめ、メーカーブランディングなども行う。また、姉妹で、完全予約制のプライベートショップ「KIRA CLOSET」を主宰し、ワークショップや食事会を企画、開催。食事会でのメニューはお手軽でありながら、さり気ないおもてなし感が特徴で、レシピは定期的にメディア掲載中。