“セルフプレジャー”にまつわる日本人女性のリアル

性の健康セルフプレジャーについて知る」が記事ランキングの上位に位置していることから、なんとなくタブー視されていますが、興味を持っている方が多いことがわかりました。そこで、今回は女性向けのセルフプレジャーアイテムの代表ブランド「iroha」さんに協力いただき、セルフプレジャーにまつわるアンケート結果をご紹介。日本女性のリアルな実態をひも解いていきます。

日本女性のディープなセルフプレジャー事情とは?

誰かに「セルフプレジャーしてる?」とはなかなか聞きづらいものなので、世界の調査データから日本女性のセルフプレジャー事情をピックアップしました。セルフプレジャーをする理由、ルーチン、トライする時間帯など、興味深い結果を見ていきましょう。

Q1. セルフプレジャーをする理由は?

オーガズムを得るとリラックス効果が高まるため、「リラックスするため/ストレス解消のため」が「性的快楽を得るため」に次いで2番目の多さに。

また、irohaさんの元に「セルフプレジャーで自分が心地よく感じられる方法を知って、パートナーとのセックスがもっと楽しめるようになった」という声がよく届くそうで「自分の身体をもっとよく知るため」という研究熱心な様子の回答も見られました。

Q2. セルフプレジャーをするとき「身体的な刺激」と「視覚的な刺激」のどちらを重視するの?

直接カラダに触れることで得られる身体的な刺激、アダルトコンテンツなどを見ることで得られる視覚的な刺激。どちらもセルフプレジャーの気分を盛り上げるのに必要なものですが、アンケート結果からも分かるように、女性は身体的な刺激に性的興奮を感じやすいのだそうです。

Q.セルフプレジャーをするときのルーチンはある?

女性は性を連想させる事象に性的興奮を感じやすいため、「イマジネーションを膨らませる」「官能的なストーリーを読む」が多い結果に。

実際、女性向けのアダルトコンテンツは男性向けに比べ、人物設定や関係性がしっかり描かれているものが多いといわれています。

Q4. よくセルフプレジャーをする時間帯は?

寝る前の習慣としている人も多いようで、夜7時~朝6時の夜の時間帯が多数を占めました。なかには「実家暮らしなので、一人になれる入浴時にしている」という時間と場所を有効活用している人も。

眠れない夜はセルフプレジャーで気分をリラックスさせ、元気に朝を迎えられたらいいですね。

セルフプレジャーアイテムに魅了される女性が実は多数いた!

セルフプレジャーアイテムといえば、これまでは手に取るハードルが高いものも多かった印象ですが、最近では部屋に飾っても違和感のない、むしろ可愛いとさえ思えるグッズが増加。形状や用途もさまざまで、女性目線でも安心して使えるようになってきました。

では、実際どのくらいの女性がセルフプレジャーアイテムを使用したことがあるのでしょうか。

Q.セルフプレジャーアイテムを使用したことはある?

Q2.セルフプレジャーアイテムはセルフプレジャーの質を高めると思う?

なんと98%が「高める」と回答しています。手を使うと疲れてしまったり、刺激がワンパターンでバリエーションが欲しい方には物足りなさがあったり……。実は体験者の皆さんはグッズに魅力されてる方が多いようです。

irohaさんからは、なかなか一歩を踏み出せない女性でも気軽にトライできそうなキュートなアイテムが発売されているので、興味のある方はのぞいてみてくださいね。

女友達とセルフプレジャーの話をするのはあり? なし?

性の健康セルフプレジャーについて知る」で紹介した記事の中に「6割以上がセルフプレジャーの経験あり」というデータがあります。そこからも分かるようにセルフプレジャーは特別なことではなく、日常的なコミュニケーションで友達と話す機会も増えているようです。

Q1.女友達とセルフプレジャーの話をしたことがある?

9割に近い女性が話題に出すことをためらっています。悩みを相談したくなったとき、喜びを分かち合いたくなったときには、恋愛、美容、健康のネタと同じように、セルフケアの一環としてオープンに話せるようになれば、より多くの女性がセクシュアルヘルスを前向きに捉えられるようになるはず。

Q2.友人とセルフプレジャーの話をしたときのリアクションは?

ポジティブな反応とどちらともいえないが半々でしたが、ネガティブな反応はたった4%! 勇気を振り絞って話した結果、実は「私も!」「ホントは話してみたかった」と共感を得られることも多いようです。

いかがでしたか? こちらで紹介した内容が、決して正解というわけではなく、自分自身が心地よく過ごすためにセルフプレジャーと向き合うきっかけになったら嬉しいです。

出典:

標題:TENGA Global Self-Pleasure Report 2019

9か国10,054人(18歳~54歳)を対象に行った調査のなかから、日本人女性(492人)のデータを抽出

調査主体:TENGA

調査時期:20193月~4

調査方法:インターネット調査

調査機関:PSB

https://iroha-contents.com/column/1832.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です