FEMTECH/FEMCARE

SEXUAL WELLNESS

by 丸山彩

デリケートゾーンの薄さはまぶたほど!? 正しいケアでトラブル回避

みなさん、デリケートゾーンをどのようにお手入れしていますか? デリケートゾーンの皮膚は顔よりも薄く、とても敏感。間違ったお手入れによるダメージで、自浄作用が落ち、感染症を引き起こしやすくなってしまうことも。また皮脂吸収率が高く、触れたものを吸収しやすい部位なので、使用するソープ類選びも重要となってきます。そんなデリケートゾーンの基礎知識から正しいケア法について、ご紹介します。

デリケートゾーンの悩みの原因とは?

きちんとお風呂に入り清潔にしていても、ニオイやかゆみなど悩みを持つ女性もいるのではないでしょうか? では、それらの悩みが起こってしまう原因とは、何なのでしょうか?

デリケートゾーンのニオイやかゆみといった悩みの原因として考えられるひとつは、外部からの刺激です。下着やナプキン、トイレットペーパーなど、デリケートゾーンというのは多くの刺激を受け、傷ついたり乾燥しやすい部位です。外陰部は皮膚の角質層が他の部位よりも薄く、まぶたの皮膚よりも薄いといわれているほど繊細。ですから熱いシャワーや強い洗浄剤を使うと皮脂分が奪われてしまい傷ついたり、乾燥を招いてしまうこともあります。

また、間違った洗い方も原因となります。もちろん、汗や排せつ物などで汚れやすい部位なので、毎日洗い清潔に保つことは大切なのですが、デリケートゾーンや膣内には常在菌と呼ばれる良性の細菌がいます。これは雑菌の繁殖を抑える役割を担っていますから、清潔にしたいからと強い洗浄剤を使ったり、ゴシゴシと擦って洗うと、常在菌を殺してしまい、かえって雑菌が増えてしまうことも。雑菌が増えると、炎症を起こしやすくなりかゆくなったり、ムレたときにニオイを感じやすくなってしまいます。

正しいお手入れ法とは?

デリケートゾーンを洗うときに大切なのは、専用ソープをたっぷりと泡だて、その泡で包み込むように、そっと優しく洗うことです。ゴシゴシと強くこするのはご法度。皮膚の薄い外陰部は老廃物がたまりやすい部分なので、泡を手で転がしながら、丁寧に洗いましょう。また、膣内は常在菌が多く自浄作用があるので、ソープで洗う必要はありません。

デリケートゾーン用ソープの選び方

デリケートゾーンには、強い洗浄力のソープ類は使用せず専用のソープを使うのがおすすめ。では専用ソープを選ぶときのポイントとは、何でしょうか?

みなさん、pH(ピーエイチもしくはペーハー)という言葉を耳にしたことがある人も多いと思いますが、これは酸性・アルカリ性の強さ弱さをあらわす値。平均的な肌がpH5.0~7.0であるのに対し、デリケートゾーンの平均値はpH4.0~5.0の弱酸性です。皮脂分泌量の多い部位のために作られたソープ類で洗うとpH値が高くなり酸性度が弱まることで、かゆみやニオイを起こす原因になります。ですから、pHを考慮した弱酸性のボディソープ、専用のソープ類を選ぶようにしましょう。ただ、お肌同様に専用ソープといっても人によって合わないものもあるので、使う前には腕などでパッチテストを行うと良いでしょう。

出典:Pubicare organic女医・専門家が教える本当のデリケートゾーンケア

デリケートゾーンに使いたいソープ3選

デリケートゾーンのことを考えたオススメのソープがこちら。

■KESH

ケアソープ 70ml ¥1,980

乾燥や炎症、ニオイなどの悩みに着目し、約2年をかけて開発されたデリケートゾーン専用ソープ。デリケートゾーンへの刺激を最低限にするために配合する植物由来成分はもちろん、泡にもこだわり、ホイップのような柔らかな泡を作る泡ポンプタイプ。リンゴに含まれる希少なココイルリンゴアミノ酸Naを配合し、肌の炎症を防ぎながらニオイ菌の発生を抑えます。https://shop.kesh.co.jp/

■I’m La Floria デリケートボディウォッシュ

デリケートボディウォッシュ 250ml 3,740

1本でデリケートゾーンにもボディにも使えます。こだわりの香りは「天然の香水」といわれるイヴピアッツェローズ。女性の心を解き放ち、豊かなひとときをもたらす華やかさです。pH値はデリケートゾーンと同じpH4.0~5.0の弱酸性で、保湿成分である乳酸菌を配合し、お肌をみずみずしく整えます。さらにビタミンC誘導体も配合し、乾燥によるくすみのない肌へ導きます。https://im-official.com

ボディプレックス マルチソープ

マルチソープ 500ml ¥1,540

全身はもちろんデリケートゾーンにも使える弱酸性処方で、石油系界面活性剤、パラベン、鉱物油、着色料、合成香料は不使用。さらに、6種の植物性保湿成分配合でカサつきがちなお肌を潤します。甘いローズと上品なゼラニウムの香り。http://bodyplex.jp/

 

他にも、おりものが多い時や月経時に、かゆみやニオイがより気になる人には、デリケートゾーン専用のウエットティッシュを使ったり、乾燥を防ぐ専用クリームなどもありますので、自分に合ったものを選びましょう。

デリケートゾーンは、その名の通り、とてもデリケートな部位です。専用であればなんでもいいというわけではなく、顔に使うコスメがそれぞれ違うように、自分に合ったアイテムを使ってのお手入れを心がけましょう。

また、かゆみやニオイがひどいときには、湿疹ができてしまったり、病気の症状である可能性も考えられますので、自己判断せずに病院へ行きましょう。デリケートゾーンに関する診察は、婦人科、産婦人科、レディースクリニックで対応してくれることを覚えておくと良いでしょう。

コメントを書く / 読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です。

  1. 【vol.9】月と運気のはなし〜11/5 new moon〜 - フェムテック tv ー 生理やPMS、セクシャル分野まで女性のカラダの悩みを解決する情報メディアサイト

    […] デリケートゾーンの薄さはまぶたほど!? 正しいケアでトラブル回避 […]

今、あなたにおすすめ

丸山彩
東京都出身。某出版社での雑誌編集を経て、フリーランスの編集・ライターに。美容、女性のライフスタイルをテーマにしたカタログ・広告・webなどの制作を多く手掛ける。