PMS/生理 MARKET RESEARCH by 木川誠子

300名に調査! 生理前の不調をPMSだと認識していない⁉

現代女性の約8割は、生理前に何かしらの不調を感じていると言われています。そこで、フェムテック tvでは、20~30代の女性300名を対象に生理前の不調について独自のアンケート調査を行いました。

8割近くが不調を感じ、その症状はさまざま

Q.生理前に身体の不調を感じますか?

生理前に身体の不調を感じている人は、なんと75%! 多くの人が不調を感じているものの、その具体的な症状はさまざまです。複数回答を考慮しても、フィジカル、メンタル共に不調が表れていることが分かります。

1位 イライラ 15.6%
「ちょっとしたことで怒ってしまう」「感情のコントロールができない」「情緒不安定になり、泣きやすい」

2位 腹痛 11.7%
「キリキリとした痛みがある」「ガス溜まりのような感じでスッキリしない、痛む」「薬を飲まないといられない」

3位 肌荒れ 11.3%
「肌がカサカサになる時がある」「顔周りにニキビができやすい」「化粧ノリが悪い」

       頭痛 11.3%
「吐きそうになるほど痛む」「寝込むことが多い」「ゆるい頭痛が1日中続く」

4位 眠気 10.8%
「寝ても寝ても昼間眠くなる」「何をしてても眠い」「目の奥がクラクラするような眠気がある」

4位 乳房のハリ・痛さ 10.8%
「痛みはないが違和感がある」「下着が触れると痛い」「乳首が痛い」

6位 食欲増加 9.7%
「普段より甘いものが食べたくなる」「ずっとお腹が空いている」「ジャンクフードが無性に食べたくなる」

PMSを知っている人は約7割

Q.PMSを知っていますか?

PMSとは、月経前症候群と呼ばれ、生理が始まる3~10日前から身体的、精神的に表れるさまざまな不快な症状のことです。75%の人が何らかの不調を感じているのに対して、その症状がPMSと呼ばれていることを知っている人は66.3%と、やや少ない結果となりました。

Q.「はい」と答えた方はどこで知りましたか?
1位 ネットの広告、ニュース 63.8%
2位 新聞、テレビ、ラジオ 19.9%
3位 職場や家族、病院 10.6%

生理前の不調をPMSだと知らない人もいる

今回のアンケート調査では、生理前の不調をPMSと認識していない人が一定数いることが分かりました。それは、なぜその不調が起きているかを分かっていないとも受け止められます。

不調が起こるのは当たり前だと思わず、その理由を知って、少しでも楽に過ごせる対策を講じてみてくださいね。

————————————————–

「フェムテック tvアンケート 2021」
・調査エリア:全国
・調査母数:20代〜40代の男女300名
・調査期間:2021年5月4日~5月17日
・調査方法:インターネットリサーチ
・調査主体:フェムテック tv
・調査機関:SHINOBIアンケート
————————————————–

 

コメントを書く / 読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です。

この記事を読んだあなたにおすすめ

木川誠子
ライフオーガナイザー1級、アロマ心理の資格を保持。出版社勤務を経て2009年に独立。編集者・ライターとしての経験を活かし、ライフスタイルを仕立てる(tailor)を意味するライフスタイラーとして、美容や食など様々な角度からライフスタイルの情報を発信。ライフスタイルは感性や感覚、体験などで構築されて、ひとりひとり異なるもの。自分自身で感じた感覚を大切に、独自の体感や実感を取り入れながら、雑誌やWEBメディア、カタログなどでの執筆活動をはじめ、メーカーブランディングなども行う。また、姉妹で、完全予約制のプライベートショップ「KIRA CLOSET」を主宰し、ワークショップや食事会を企画、開催。食事会でのメニューはお手軽でありながら、さり気ないおもてなし感が特徴で、レシピは定期的にメディア掲載中。