【フェムテック tvアンケート】生理用品は紙ナプキン派が98%!第三の生理用品の普及率が低いのはなぜ?

紙ナプキンやタンポンに続き、月経カップ、吸水パンツと第三の生理用品が登場。そのおかげもあり、生理期間をより快適に過ごすための選択肢が広がってきています。ただ、2030代の女性300名を対象にアンケート調査を行ったところ、圧倒的に紙ナプキンを使用している人が多いことがわかり、第三の生理用品はまだまだ浸透していないようです。

紙ナプキンの使用率は98%

Q.生理期間中に使用しているアイテムを教えてください。

このグラフからもわかるように、紙ナプキンを使用している人が圧倒的!紙ナプキン同様、以前からあるタンポンは11.6%、エコな生理用品として知られている布ナプキンはわずか2%にとどまっています。

そして、フェムテックのムーブメントの中で登場した第三の生理用品である吸水パンツは1%にも満たず、月経カップに至っては0%。まだまだ普及しているとはいいがたいことが浮き彫りに……

使ったことがある安心感が決め手に

合わせて、具体的にどの紙ナプキンを使っているのかも調査してみました。

☑︎ロリエ スリムガード

☑︎ロリエ 夜用朝までブロック

☑︎エリス 素肌の気持ち

☑︎ソフィ 超熟睡ガード

☑︎センターイン コンパクト

スーパーやドラッグストアでよく見かける、おなじみのメーカーのアイテムがラインアップされました。中には、「名前は覚えていないけど、いつものパッケージで選んでいる」という人も。少数派だった吸水パンツの使用者も「ロリエ 朝までブロック 安心ショーツを使用している」と回答していることから、第三の生理用品として登場した吸水ショーツとは異なっているようです。

第三の生理用品はまだまだ未知数

フェムテックの流れが拡大する中で、月経カップや吸水パンツといった第三の生理用品について知る機会も増えましたが、実際に使っている人は少ない模様。その理由のひとつとして考えられるのは、購入のしにくさがあるのかもしれません。

スーパーやドラッグストアでも、第三の生理用品を見かけるようになってきたものの、見つけにくい場所に展開されていたりと、購入のしやすさはまだまだこれから、という印象があります。

また、はじめて使う生理用品は、漠然と「大丈夫かな?」と、使い慣れていない分、不安に思うこともあります。だからこそ、実際に手に取って見たくなりますし、ネットでの購入には勇気がいりますよね。そういった点も浸透しにくい理由なのかもしれません。

これまで紙ナプキンに限定されていた生理用品も、タンポンやオーガニックタイプの紙ナプキンと、選択肢はどんどん増えています。そして、第三の生理用品は、ブルーになりがちな生理期間をより快適に過ごせるように誕生したアイテムです。選択肢が増えたことで、より自分に合った生理用品に出会う確率も高まっていますので、それぞれのアイテムの利点を知ることから始めてみてください。

第三の生理用品の代表格

ナプキン、タンポンに続く、これからの生理用品である月経カップ。膣に挿入し、カップ内に経血が溜まる仕組みです。

フルムーンガール レギュラー¥6,600マジュマ

日常生活も、スポーツなどのアクティブなシーンも、シチュエーションを選ばず取り入れることができ、経血が空気に触れることで発生するニオイの心配がないという利点があります。医療機器レベルのシリコンで作られているため、使い捨てではなく、ひとつのカップを510年使いづけられるのも、第三の生理用品として注目を集める理由です。

吸水パンツは日々進化中!

月経カップ同様に、第三の生理用品である吸水パンツは、一般的な下着に経血を吸水する機能がついているというイメージ。そのため、生理であることを気にせず、いつも通りに過ごせることが魅力です。

HUG you リークプルーフショーツ for active ¥5,940(ハグユー/お客様お問合わせ先  03-6676-9036

吸水パンツはまだまだ新しい生理用品でもあるため、日々進化をしています。「ハグユー」のように、特許出願中のU字型吸水構造と立体縫製により横漏れを防ぎ、アクティブライフを送る女性にぴったりのアイテムも登場しています。経血量に応じて、デスクワークなのか、営業などの動き回る仕事なのかと、行動パターンを加味して自分にあったものを見つけてみてください。

紙ナプキンはサステナブルにアップデート

紙ナプキンは使い捨てタイプの生理用品だからこそ、身体にも、環境にもいいものを選んでみるのはいかがでしょうか。

ナトラケア ウルトラパッド ノーマル 羽あり 22cm12個入)¥704(おもちゃ箱WEBSTORE/問い合わせ0120-070-868

オーガニック、ナチュラルな生理用品のパイオニアである「ナトラケア」は、肌に優しい使い心地はもちろん、地球環境のことも考えて、生分解可能なサステナブル素材で作られた紙ナプキンです。毎月使うアイテムだからこそ、環境を意識した選択が大切になってくるかも。

膣内に挿入するからこそオーガニックタイプを

経血を素早く吸収して、アクティブに動く日でも安心して使えるのがタンポン。とてもデリケートな膣内に挿入するからこそ、素材重視で選びたいところ。

ナチュラムーン タンポン スーパー(6個入)¥539、レギュラー(6個入)¥484(共にG–Place/問い合わせ03-3663-8745

最近では、経血を吸収する吸収体部分がオーガニックコットンで作られているタイプも登場しています。例えば、「ナチュラムーン」のタンポンは厳選されたオーガニックコットン素材を使用しています。そして、本体を包むアプリケーターも挿入しやすいよう考えられているため、タンポン初級者でも試しやすいと思います。

経血量が少ない日は布ナプキンにしてみる

紙ナプキンを使用する場合は、1回の生理期間で、20枚前後の紙ナプキンを使用すると言われています。その点、洗って何度でも使える布ナプキンは、サステナブルな生理用品。さらに、肌に優しい点も魅力です。

紙ナプキン同様に、多い日用、少ない日用と種類の展開があります。使用した後は、経血を落とすために専用のソープを用いた洗濯が必要ではあるものの、それ以外は紙ナプキンと同じ感覚で使うことができます。はじめは、経血量が少なくなってきたら切り替えるなど、布ナプキンの特性をするために取り入れやすい方法で試してみてください。

メイド・イン・アース ハートのリトル布ナプキン グルー各¥1,320チーム・オースリー

草木染のハート柄など、いろんなデザインの布ナプキンがあるので、「使ってみたい!」と思うような、気分の上がるお気に入りを見つけて、デザイン先行で取り入れてみるのもあり。

当たり前を変えることで解消することも

生理期間は、痛みがあったり、イライラしたりと、心身ともにストレスを感じやすいもの。だからこそ、安心して使える生理用品を選びたいですよね。たとえ、使い慣れている生理用品だったとしても、かぶれたり、蒸れたりすることも……。そんなときは、生理用品を見直す機会かもしれません。

同じ紙ナプキンでも素材の幅が広がっていますし、第三の生理用品も登場しています。自分の肌にあったスキンケアアイテムを見つけるように、生理期間をより快適に過ごせる生理用品を見つけてみてくださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「フェムテック tvアンケート 2021」
・調査エリア:全国
・調査母数:20代〜40代の男女300名
・調査期間:2021年5月4日~5月17日
・調査方法:インターネットリサーチ
・調査主体:フェムテック tv
・調査機関:SHINOBIアンケート
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です