FEMTECH/FEMCARE

by 木川誠子

ふかふかな膣になる! 森田敦子さんに聞く正しい膣ケア

フェムケアの広がりとともに、膣周り、通称デリケートゾーンのケアへの関心も高まっています。肌のトラブルが起こらないようにスキンケアしたり、体型維持のために運動したりするように、膣をいい状態に保つにはケアすることが必要です。

デリケートゾーンは日本独自のフェムケア

デリケートゾーンのケアと聞くと、膣周りのケアをイメージする人も多いと思いますが、実は造語。デリケートゾーンとは、膣周りだけではなく、脇の下や鼠径部、胸など、触ったらくすぐったい場所、感じる場所すべてが該当します。

デリケートゾーンのケアアイテム「アンティーム オーガニック」を処方・開発した、植物療法士の森田敦子さんが、膣ケアの大切さを啓もうしていく中でデリケートゾーンという言葉を使い始めたのがきっかけだと言われています。実際に森田さんにお話を伺ってみると、「当時は、膣は新聞や雑誌に書いてはいけない言葉でした。頭皮の垢や皮脂の垢とは違う、恥垢の洗い方を打ち出していかないと考えた時にその言葉を使い始めました」

膣ケアは、病院に行って治療(キュア)をするではなく、自分で日常的に行うケアだという認識を持つことが大切。デリケートゾーンという言い方の言葉だったおかげで、自分事として捉えやすくなった印象があります。

膣ケアが必要な理由

 

医学用語ではなく、日本独自で発展しているデリケートゾーンのケア。なぜケアすることが必要なのか、その点についても森田さんに教えていただきました。

「頭皮の汚れや皮脂による垢があるように、膣にも垢は存在します。垢が蓄積すると皮膚に炎症が起きたり、ニオイが発生したりしますよね。恥垢も同じなので、膣周りを清潔にしておくことが大切です。

ただ、膣周りは経皮吸収がもっとも高い場所なので、ボディソープだと刺激が強いこともあり、専用のアイテムを使っての洗浄、保湿をおすすめしています」

そして、VIO脱毛をしていない場合は、きちんと拭き取っているつもりでも、便や経血などが毛に絡まって残ってしまっていることもあるそうです。また毛があることで、十分に保湿をしにくいこともあり、乾燥につながる要因に。このことから、VIO脱毛が膣ケアのひとつと言われています。

汚れの蓄積、乾燥などが続くことで、ニオイやかゆみが出てくることもありますが、尿漏れや膣の粘膜が乾燥することによる萎縮で炎症を起こすといったトラブルにもつながってきます。病気を防ぐという意味でも膣ケアの重要な役割を担っています。

女性ホルモンを補う成分は筋肉から出ている?

 

年齢を重ねていくと、どうしても筋肉は衰えていくため、骨盤のそこにある筋肉の総称である骨盤底筋を鍛える膣トレもその対策のひとつ。なぜ筋肉が必要なのかというと、減っていく女性ホルモンを補ってくれるマイオカインという成分を筋肉が出しているからです。つまり筋肉は、膣をいい状態にするために必要な存在。

「マイオカインは筋肉ホルモンの総称で、中でも、臀部から太ももにかけての一番大きい筋肉から出ていると言われています。運動することで分泌されるため、例えば、その部位に負荷をかけてトレーニングをするなど、筋肉に刺激を与えることも膣ケアにつながります」(森田さん)

また、筋肉を支えている、しいては身体の土台となっている骨の強化も忘れずに!

女性ホルモンのひとつであるエストロゲンには、骨からカルシウムが溶け出すのを抑制する働きがあります。女性ホルモンの分泌が減ることでその働きが弱まり、骨密度が減っていき、骨粗しょう症になってしまうため骨の強化も大事です。

筋肉と骨は加齢と共に衰えていくから仕方がないと思うのではなく、鍛えることによって補うことどちらも強化することができます。

やっぱり快感も大切!

「そして、忘れてはいけないのは、快感です。触れたり、触れられたり、いわゆるボディコミュニケーションを取ったり、プレジャーアイテムを用いたり、快感を起こすことは膣にいい影響を与えてくれます。快感と向き合うことは、恥ずかしいことでも、隠すことでもありません。女性として誇りを持つことは、膣ケア、フェムケアの始まりでもあります」

お肌と同じように膣も老化していくと考えると、20代、30代でも、膣ケアを始めるのに早いということはありませんよね。例えば、デリケートゾーン用のオイルを使って、1ヶ月間保湿ケアを続けることで、膣周りは潤ってプリッとしてくるそうです。

ふかふかな膣、膣周りが良い状態だと、さまざまなトラブルを防ぐことにもつながります。膣ケアの大切さを知って、今から始めてみてくださいね。

森田敦子氏

株式会社サンルイ・インターナッショナル代表。フランス国立パリ13大学で植物薬理学を本格的に学び、帰国後、植物研究に基づいた知見を社会に提供するため、デリケートゾーン&パーツケアブランド「アンティーム オーガニック」の処方・ 開発や、「ルボア フィトテラピースクール」を主宰。2020年、女性の一生をサポートするトータルライフケアブランド 「Waphyto」を立ち上げる。私生活でも42歳で自然妊娠・出産。著書多数。

コメントを書く / 読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です。

今、あなたにおすすめ

木川誠子
ライフオーガナイザー1級、アロマ心理の資格を保持。出版社勤務を経て2009年に独立。編集者・ライターとしての経験を活かし、ライフスタイルを仕立てる(tailor)を意味するライフスタイラーとして、美容や食など様々な角度からライフスタイルの情報を発信。ライフスタイルは感性や感覚、体験などで構築されて、ひとりひとり異なるもの。自分自身で感じた感覚を大切に、独自の体感や実感を取り入れながら、雑誌やWEBメディア、カタログなどでの執筆活動をはじめ、メーカーブランディングなども行う。また、姉妹で、完全予約制のプライベートショップ「KIRA CLOSET」を主宰し、ワークショップや食事会を企画、開催。食事会でのメニューはお手軽でありながら、さり気ないおもてなし感が特徴で、レシピは定期的にメディア掲載中。