すぐに試せる! PMSを緩和させる方法

イライラする、お肌の調子が悪くなる、カラダがだるいなど、生理前に起こる様々な不調をさすPMS(月経前症候群)。みなさんは、PMSのとき、どのように対処していますか? 少しでも症状を軽くしたいという人にぜひ試して欲しい、手軽にはじめられるセルフケア法を紹介します。

軽い運動が効果的!

PMSを緩和する基本は

☑︎不規則な生活をしない

☑︎ストレスを溜めない

☑︎バランスの良い食事を摂る

と言われています。

このように、健康的な生活をおくることをベースとした上で、取り入れたいのが軽い運動です。

おすすめは、ストレッチやヨガ。

気分が落ち込んでいるときに運動などしたくないという人もいるかもしれません。しかし、イライラしているときには、カラダのどこかに力が入ってしまい、それがカラダのコリとなり悪循環を引き起こしていることもあります。そのようなとき、ゆっくりとカラダをほぐすことで、気分が落ち着く効果が期待できます。

運動が苦手という人は、しっかりと深呼吸するだけでも、気分転換になるはずです。

カラダを温める!

東洋医学では、カラダが冷えると、子宮まわりの筋肉が硬直したり、血流が悪くなることで、PMSの症状が出やすくなると言われています。ですから、温めて血流を良くすることが大切。

おすすめはお風呂にゆっくり入ること。お風呂に入ることで、カラダが温まり、血流がよくなると、リラックス効果も得ることができます。お風呂でリラックスするためにポイントとなるのが、お湯の温度です。少しぬるいかなと感じる38〜40度に設定しましょう。ぬるめの設定にすると、副交感神経を刺激し、心やカラダをお休みモードにしてくれます。

42度以上の熱いお湯だと、逆に交感神経を刺激し、神経が高ぶり活発モードになりますので、注意しましょう。

お風呂が面倒だという人は、カイロを下腹部に貼り温めるだけでも、血行が良くなり、PMSの症状が改善される場合もあります。カイロを貼る場所は、丹田というおへそより指3~4本分下にあるツボが効果的だと言われています。

アロマが効く!

エッセンシャルオイルを使い、心やカラダのバランスを整え、本来人間が持っている自然治癒力を引き出すというアロマテラピーも、PMSの緩和に効果があると言われている方法です。最近では、病院やクリニックなどでも、アロマテラピーを取り入れているところも増え、PMSによって不安定になった心を落ち着かせる効果や、ホルモンバランスを整える効果も期待されています。

人間には、視覚、聴覚、味覚、触覚、嗅覚という五感がありますが、五感の中でも香りを感じる嗅覚だけが、大脳真皮質を経由せずに大脳辺縁系に直接伝わります。大脳辺縁系は、感情、記憶、食欲などの人間の本能的な部分を司っていて、その付近にホルモン分泌を行う脳下垂体や、自律神経の中枢である視床下部が存在しているので、嗅覚への刺激は考えるより早く、心や体が反応するのだそうです。

PMSの緩和に効果が期待できるアロマオイルは、以下の種類です

・ラベンダー

・クラリセージ

・ゼラニウム

・イランイラン

・ベルガモット

・パチュリ

・ロマンカモミール

・ジンジャー

・シダーウッド

・ビターフェンネル

特にクラリセージには、女性ホルモンであるエストロゲンに似た成分が含まれるため、ホルモンバランスを整える効果があると言われています。

クラリセージは、分娩時のアロマテラピーにも使われるなど、子宮の収縮作用があるため、妊娠中の女性の使用は避けましょう。

自律神経を整えると言われているゼラニウムやラベンダーは、リラックス効果が高いので、PMSによるイライラや寝つきが悪い人におすすめのエッセンシャルオイルです。

またイランイランやベルガモットは、落ち込みや憂うつ感、やる気のなさを解消する効果が期待できます。

このように、PMSの緩和につながると言われているエッセンシャルオイルは様々ありますが、目的や症状にあわせ、複数をブレンドするもの良いでしょう。また、香りには、それぞれの好みがありますので、効果があるからと好みでない香りで我慢することなく、自分自身が心地よいと感じる香りを選ぶようにしましょう。

参考:Beauty&Health Reserch「辛いPMSはアロマの力で改善できる

おすすめおやつは、CBDチョコ!

リラックス効果や睡眠の質の向上など様々な効果が注目され、世界中で話題となっているCBDオイル。継続的に摂取することで、自律神経や女性ホルモンを整える効果もあると言われ、PMSの緩和にも期待ができます。

CBDオイルの摂取法には、吸入、舌下に垂らす、サプリなどで経口するなど色々とありますが、手軽に、そして美味しく摂る方法としてチョコレートがあります。チョコレートなら、CBDオイルの独特なくせのある風味を打ち消し、どのような場面でも食べられると欧米で大人気となっています。

チョコレートの原料であるカカオに含まれるポリフェノールには、脳機能や精神の向上、血圧の改善といったCBDオイルと似通った部分も多く、組み合わせることでの相乗効果が期待できるアイテム。甘いものが欲しくなりがちな生理前のおやつとして、取り入れてみてはいかがでしょうか?

バレンタイン限定で発売されたREFLECTY×INARI TEAコラボチョコレート。CBDとチョコレート、さらに日本茶が持つリラックス成分テニアンを組み合わせた『ほっと一息』つくのにぴったりな生チョコレート。https://reflecty.jp/

PMSを緩和させるセルフケアを紹介しましたが、これらをライフスタイルに取り入れることで、PMSを緩和させるだけでなく、毎日がより健やかになるかもしれません。ぜひ、自分にあった方法を見つけ、無理のない形で取り入れていってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です