わかっているつもりで、実は知らなかった!? 生理にまつわる基本の“キ”クイズ

ほとんどの女性にとって長い付き合いである生理。その生理について、あなたはどのくらい理解していますか? このクイズを通して、生理に関する知識を学んでいきましょう!

Q.1 心や体に不調をきたすPMSとはどの期間を指す(生理前から生理が終わるまで続く症状を指す )?

①生理前から生理が終わるまで続く

②生理前のみ起こる

③生理期間中のみ起こる

 

【正解は②】

混同しがちですが、PMSとは生理前に起こるイライラ感や腹痛などの不調のこと 。これらの不調は、生理前の3〜10日間ほど起こり、生理の開始とともに軽くなるか消失します。生理中の不快な症状に関しては、月経困難症と呼ばれておりPMSとは区別されています。

Q2.正常な生理期間は?

①3〜7日間

②5日間

③6日間

 

【正解は①】

生理期間はおよそ3〜7日間、平均して5日間ほどと言われています。「“平均的”な生理期間は?」という質問であれば、②の5日間が正解ですが“正常な”生理期間は①が正解です。一般的な月経周期日数が25〜38日、生理期間が3〜7日と言われており、生理が10日間以上続いたり、ひと月に何度も来るなどの症状がある場合は婦人科への早めの受診をおすすめします。

Q3. どんな女性も生理前には必ずイライラする?

①する

②しない

③月によって変化する

 

【正解は③】

女性ホルモンであるエストロゲン、プロゲステロンのバランスの変動により、イライラ感が生まれるそう。ただまったくイライラの症状がない人もいたり、「先月は大丈夫だったけど今月は不調」といったように、同じ人でも 生活環境の変化やストレスの度合いが原因となり月によって変わる場合もあるので正解は③と言えるでしょう。

Q4.生理中に入浴すると膣内に雑菌が入る?

①入浴しても心配はいらない

②心配なのでシャワーのみが◎

③お風呂もシャワーもNG

【正解は①】

膣のなかは自浄作用があるため、入浴によって雑菌が繁殖するリスクはほとんどありません。心配してシャワーですませるより、入浴して体を温めたほうが生理痛の緩和にも繋がるかもしれません。

Q5.PMSの症状に肌荒れは……

①含まれる

②含まれない

 

【正解は①】

イライラやお腹の痛みなどのイメージが強いPMSですが、肌荒れも症状の一つ。皮脂の分泌を活発化させるプロゲステロンというホルモンにより、普段は肌荒れしにくい人が肌荒れしてしまうことも。 PMS期間のスキンケアはやさしく泡立てた洗顔料で丁寧に洗顔し、いつもよりしっかりと保湿するのがおすすめです。ただし肌が敏感な時期なので、ゴシゴシ洗わないように気をつけましょうね。

Q6.生理不順になりやすいのは痩せ過ぎ、太り過ぎ、どちらの体質?

①痩せ過ぎ

②太り過ぎ

③どちらも

 

【正解は③】

生理不順に陥らないためには、適正体重をキープすることが肝心です。無理なダイエットのしすぎも、逆に太りすぎてしまっても良くないそう。ダイエットしているストレス、体型への不満によるストレスも生理不順の原因となる場合があるので気を付けましょう。

Q7.生理痛がひどい時、鎮痛剤を飲み過ぎると効かなくなるので毎月飲まないほうがいい?

①隔月で飲むなど期間をあけると◎

②毎月飲んでOK

③我慢したほうが体にいい

【正解は②】

記載されている用法・用量をきちんと守って、生理期間のみの服用であれば問題はありません。市販薬で改善しにくくなってきたと感じる場合は、病院で相談してみてくださいね。詳しくは、下記の記事を読んでみてください。

フェムテック tv:『痛み止めを飲むタイミングは?意外と知らない生理のこと

Q8.生理中にお酒を飲んでも生理痛の度合いは……

①変わる

②変わらない

③悪化する可能性がある

 

【正解は③】

生理中だから飲酒がNGということはありませんが、脱水や貧血などの症状が出やすい期間のため普段より酔いやすくなる可能性があります。また、たくさんの飲酒がもたらす冷えによって、生理痛が悪化してしまう可能性もないとは言い切れません。適量の飲酒は気分をリラックスさせる効果がありますが、体のために生理前、生理中に関わらず過度な飲酒は控えたほうが良さそうです。合わせてこちらの記事もチェックしてみてください。

フェムテック tv:『「生理前の肌トラブル」「生理中のお酒」月経にまつわる“ウワサ”の本当!

Q9.基礎体温を計るには、専用の体温計が必要?

①必要

②普通の体温計で代用できる

 

【正解は①】

基礎体温とは生命保持に必要最小限なエネルギーしか消費していない状態の体温なので、起床してすぐ布団のなかで体を起こさず計測します。正常な健康状態の基礎体温は低温期と高温期の二相となり、そのサイクルが繰り返されていきます。基礎体温を測ることを目的とした婦人用体温計なら、小数点第2位まで計測することができるので正確な体温を知るためには用意したほうが◎。普通の体温計としても利用できますよ。 

Q10.すべての人に生理痛がある?

①ある

②ない

 

【正解は②】

生理痛の原因は、子宮を収縮させて経血を排出するために分泌されるプロスタグランジンによるもの。このプロスタグランジンの分泌量が多い人は、痛みを強く感じる場合がありますが、分泌量には個人差があるためまったく感じない人もいるようです。

さて、あなたは生理にまつわる基本知識を、いくつ理解できていましたか? ちなみに筆者は「生理中の飲酒は避けたほうがいい」、「鎮痛剤を飲み過ぎてはいけない」と母親に言われた記憶があり、ずっと信じていましたが、この記事の制作にあたり真実を知って目から鱗でした。みなさんも「そうだったの?」なんていう生理に関する事実は見つかりましたか?

自分の体の仕組みを知り、これからも生理とうまく付き合っていけたらいいですね。

【今月のFな人】 第1回:鈴木奈々さん×高橋怜奈医師〜後編〜「生理不順は女性ホルモンの不調?子宮まわりから起こる病気の予防策は?」

新連載、後編の今回は、最近友人の周りで婦人科トラブルが多いという鈴木奈々さん。心配性な性格から、ご自身の不調もすぐに婦人科へかかるほど、健康管理への意識は高いそう。生理不順からはじまる病気や、今話題のHPVワクチンについて。知っておくべき婦人科の病気を、婦人科医師の高橋怜奈先生にうかがいました。

3カ月生理が来なければ、婦人科へ!

鈴木奈々さん(以下鈴木さん):昔から、少しでも生理が遅れてしまうとすごく心配で! そもそもどれぐらい遅れたら生理不順なんですか?

高橋先生: 一週間以内の変動なら、問題ないです。3カ月、生理がこなければ婦人科を受診してほしいですね。

鈴木さん:え!? 3カ月も様子をみていいんですか!? 意外と長くて驚いています。私は5日来ないだけでもすごく心配になってしまったので

高橋先生:気にしすぎると来なくなってしまうこともありますから、あまり神経質になりすぎるのも良くないですね。ただ、3カ月生理がこない時は、なるべく早く婦人科へ来てください。

昔、10代半ばで生理が止まってしまったのに、10年間放置をした結果、20代で閉経してしまった女性がいらっしゃいました。卵巣の機能は長期間低下したままになっていると治療をするのはとても難しいんです。

不妊だけではない、恐ろしい生理不順

鈴木さん:20代で!? つまり子供をつくることもできないってことですか 

高橋先生:そうなんです。若くても、長年生理が来ないのをそのままにしてしまうと閉経してしまうこともあるんです。もちろん、閉経して卵巣機能が戻らなくなってしまったら、子供をのぞむことは難しいでしょう。

でも、生理が止まるというのは、不妊以外でもたくさんの健康被害が起こってしまうんですよ。例えば、女性ホルモンは骨をつくる働きもあるのですが、閉経してしまうと、その働きも低下してしまい骨粗しょう症になるリスクが上がってしまいます。それから、肌も乾燥するようになります。

鈴木さん:骨粗しょう症って、お年寄りがなる病気だと思っていました。女性ホルモンって色々な働きがあったんですね。

高橋先生:毎月の生理は面倒なことも多いですが、ピルなどで自主的に止めたりコントロールをする以外で、生理が遅れたり来ないことは、女性ホルモンの不調である可能性も。身体の変化を敏感に感じ取って、不調をキャッチしたら婦人科を受診するようにしましょう。

鈴木さん:以前、生理中に下腹部のハリが酷くて婦人科へ駆け込みました! それぐらい小さな不調でも、受診をしていいんですか?

高橋先生:ご自身の身体をしっかり見ていて素晴らしいですね! そういった小さな変化での相談でも、もちろん問題ないです。

生理って、子宮内膜がはがれたものが、子宮に溜まって腟を伝って外に出ることなのですが、それが卵管を通ってお腹の方に逆流してしまうことも多く、生理中ってお腹の中に血が溜まっていたりするんですよ。それが原因で、子宮内膜症になってしまうこともあるんです。なので、鈴木さんのように下腹部のハリで受診をすることも、とても大切ですよ。

鈴木さん:心配性でよかったです! 前回、ピルやホルモン治療で排卵や生理をコントロールする方が様々な病気のリスクが下がるとおっしゃっていましたが、子宮内膜症も生理がなければリスクが下がる病気のひとつってことですね。

高橋先生:そうですね。ピルなどで生理や排卵の回数をセーブすることは、卵巣への負担も減りますし、子宮内膜症をはじめ、様々な病気を予防できます。

最近ではIUS(ミレーナ®)という、子宮にホルモンが入った細い棒状のものを挿入して生理をコントロールするものもあります。これは一度入れると約5年間生理を軽くすることができます。月経困難症や過多月経の人に保険適応で使用できます。

避妊目的だけだと自費になりますが、ピルを毎日飲めない方やピルの服用でリスクのある方にはおすすめです。5人に1人くらいは安全に、生理が全くこなくなります。

鈴木さん:5年も止められるんですか? 人によっては生活も楽になるかもですね

できれば男女問わず打って欲しい、HPVワクチン

鈴木さん:生理をコントロールする方法は、色々選べるんですね! あ!病気といえば、HPVワクチンにすごく興味があるんです! 打とうかなと考えていて

高橋先生:素晴らしい! とてもいい選択だと思います! HPV(ヒトパピローマウイルス)は、子宮頸癌の原因になるウイルスです。子宮頸癌は年間1万人が発症し、約3000人が亡くなっているとても怖い病気です(※)。

実は子宮頸癌の原因となるHPVは、性交渉の経験のある80%以上の人が人生で1度は感染するとされています。通常は感染しても自然に体から排除されてしまうのですが、持続的に感染が続いてしまった一部の人が、子宮頸癌の前癌病変や子宮頸癌を発症してしまいます。それらを防ぐために、HPVワクチンの接種を推奨しています。もちろん100%予防できるわけではないので、子宮頸癌検診も必須です。

HPVウイルスは、男女関係なく持っているため、海外だと男女で打つものという認識が広がっているんですよね。日本ではまだまだ、認知もされていませんが。特定の相手が定まっていない、若い人こそ打っておくべきだと思います。

※出典共益社団法人日本産科婦人科学会「子宮頸がんとHPVワクチンに関する正しい理解のために

鈴木さん:HPVワクチンは、女性だけが打っても効果はあるのでしょうか?

高橋先生:そうですね。例えば今、鈴木さんがHPVワクチンを打っている場合、HPVに感染していない状態で、HPVを持っている相手と行為をした場合、ワクチンを打っていない状態よりも感染のリスクは低くなります。なので、女性だけでも打つ価値はとてもありますよ。

鈴木さん:子宮頸癌って、発症をしてもなかなか気づかないと聞いたんです。子宮頸癌だと気付いた時には進行してしまっていることもあると聞いて

高橋先生:そうなんです。初期は全く症状がありません。それに例えば不正出血があったとしても、よくあることだからと受診をしない人も多いです。また、癌は高齢の方が発症するものだという認識だと、まず自分が癌かも、なんて思わないですよね。だからこそとても怖い病気なんです。海外のようにHPVワクチンは、男女問わず多くの人が打ったほうがいいと思います。

鈴木さん:実は私、子宮頸癌の検査を受けたのは約2年ぐらい前なので、早く受けに行かないと!

高橋先生:20歳以上の女性は2年に一度、子宮頸癌の検査を受けるように厚生労働省でも推奨しています。2年に1度は自治体から検診の無料クーポンも届くので、積極的に受診をしてほしいですね。

ちなみに性交渉の経験がない人は、すごく不安な方以外は子宮頸がん検診は無理に受けなくていいでしょう。膣の中に機械をいれたりするので、性交経験のない方だと強い痛みがあったり出血したりすることがあります。それに子宮頸がんの殆どは性交渉によって感染するHPVが原因なので、性交経験のない方が子宮頸がんを発症するのは極めてまれです。ただし厚生労働省の推奨では性交渉の有無は関係ないので不安な人はもちろん受けても構いません。

心配であれば産婦人科で相談してみましょう。性交渉の経験があるけどワクチンがまだ怖いという人も、とりあえずは子宮頸癌検診をしっかり受けるようにしましょう。子宮頸癌の他にも、子宮や卵巣はとてもデリケートな器官です。生理の不順をはじめ、下腹部のハリなど、日々の自分の身体が感じる不調や変化を敏感に受け止めて、気になることはすぐに婦人科へ相談をするようにしましょう。

鈴木さん:ずっと気になっていたことを教えてもらい、嬉しかったです! 女性が自分の身体を守る大切さを、改めて感じました。まずは検診から受けてきます!

鈴木奈々:198879日生まれ。B型。茨城県出身。2012年に約350本のテレビ出演を果たし、ブレイクタレントランキング女性部門第1位を獲得。以降も多数のテレビ番組に出演。何事にも全力で挑む姿勢、新人タレントさながらの元気さと謙虚さが幅広い世代に支持され、テレビ・雑誌・広告など多方面で活躍中。

instagram:@nana_suzuki79

高橋怜奈:東邦大学医療センター大橋病院・産婦人科在籍。医師であり、プロボクサー。産婦人科YouTuberとしても活動。自身のSNSをはじめ、テレビや雑誌などで女性のデリケートな悩みに答える。

YouTube:産婦人科医YouTuber高橋怜奈

TikTokで話題の髙橋怜奈先生が教える! 基礎疾患で?ダイエットで?生理不順は原因を知ることが優先事項

自分の身体のことを考えた時、ホルモンの影響は外せませんよね。そのため、生理周期をバロメーターにしている人もいるのではないでしょうか。そんな中で、生理不順に悩んでいる人が増えているそうです。

そもそも生理不順って何?

 

まず生理不順とはどの状態を指すのか、TikTokでの情報発信がバズっている産婦人科医の髙橋怜奈先生に教えていただきます。

「生理周期とは、医学用語で月経周期と呼ばれます。生理が終わり、次の生理が始めるまでの期間を示し、一般的には2538日以内であれば、正常の範囲内とされています。そして、生理期間は37日が目安となっており、これらに当てはまらない場合は、生理不順になります」

一概に生理不順と言っても、いくつか種類があります。

稀発月経(きはつげっけい)

生理周期が39日以上と長くなるケースです。体質によって排卵に長い時間がかかる場合と、ホルモンの分泌や卵巣機能などのトラブルによって排卵がなく、生理がこないパターンがあります。

頻発月経(ひんぱつげっけい)

生理周期が24日以内と短くなるケースです。排卵を伴わない生理として、ホルモン分泌が不安定な思春期、卵巣機能が低下した更年期によくみられます。

続発性無月経(ぞくはつせいむげっけい)

妊娠はしていないのに、3ヶ月以上も生理がこない状態です。18歳以上になっても生理が始まらない原発性無月経ではなく、もともとは生理があった人が途中で来なくなってしまうことを指します。過度なダイエットやストレスなどでも起こります。

ただし、生理周期は多少ずれることもあります。それが1週間以内に収まっている場合は不順には該当しません。いつもとちょっと違うかも、と判断できるように、自分の生理周期を把握しておくことは大切です。

経血量も目安になる

 

「生理周期と同様に、経血の量や状態もバロメーターになります。また経血の量は1回の生理期間で20140mLが正常とされています。20mL未満は過少月経、140mL以上を過多月経といいます」

過少月経

2日目でもナプキンに血が軽く付く程度

・おりものシートでも間に合う

経血量が少ないうえ、出血が2日以内で終わる場合は過短(かたん)月経と言われ、子宮の病気、無排卵周期症、甲状腺ホルモンの分泌異常などが考えられます。

過多月経

・昼間でも夜用を使っている

1時間おきに交換しないと間に合わない

500円玉サイズの血の塊がある

さらに、出血が8日間以上続く場合は過長(かちょう)月経が考えられます。子宮筋腫や子宮腺筋症などの病気の可能性も。出血が多く、長いことに伴い、貧血の症状が現れる人もいます。

生理不順はダイエットが原因?

 

「生理不順は、子宮や卵巣、甲状腺などの病気によって起きている場合もあります。その一方で、過度なダイエットやストレスによるホルモンバランスの乱れ、不規則な生活によって起きているケースも少なくありません。

特にダイエットとストレスは、現代人には見逃せないキーワードです。

体重は適正を維持することが望ましく、急激な体重増減や、逆に体重増加も生理不順につながる原因となります。

そして、現代人はストレスフルだと言われているため、ストレスによるホルモンバランスへの影響は無視できません。意識的に解消していきましょう」

生理不順改善への第一歩

髙橋先生に、生理不順を改善する方法を教えていただきました。

☑︎適正体重を維持する

「この項目がもっとも大切です。無理にダイエットをして短期間に体重を落とすことも、過食によって一気に体重が増えることもダメ!自分の適正体重を知って、その数値を維持することを意識して体調管理をしてください。

たとえ、適正体重を保てていても、運動のしすぎによるストレスで生理不順になることもあるため、バランスよく取り組んでください」

☑︎ピルを取り入れる

PMSの症状を緩和させるのにも有効的なピルは、服用することでホルモンバランスが整うため、生理不順対策としても活躍します。また経血量が減り、生理痛も改善にも有効的です。服用し始める頃は吐き気や胸のハリなどのマイナートラブルが起こることもありますが、ピルにはいろいろな種類があるので、専門医による相談をし、自分に合ったものを取り入れてください」

☑︎漢方薬を取り入れる

「生理不順と言っても、症状は人それぞれ異なります。漢方薬は、自分の症状や体質に合わせて使用できることが最大の特徴。中、長期的な改善方法としておすすめします。また、ピルと併用して服用することも可能です」

専門医に相談することも大切

生活習慣を見直すこと、ピルや漢方薬を服用することで改善することもありますが、基礎疾患による生理不順である場合もあるため、すべてを自己解決するのは禁物です。重要なのは、原因を知ること!

「女性の身体はホルモンに左右されるため、生理不順が起きたとしても自分のせいだと思わないでください。そして、自分だけで解決しようとはせず、原因を知るためにも、正しい知識を得るという意味においても、気になることがある場合は専門医に相談してください」

髙橋 怜奈

女医+所属。東邦大学医療センター大橋病院・産婦人科に在籍。ベリーダンサー、プロボクサーという一面も。メディア出演をはじめ、Twitter@renathksh)、TikTokYouTubeなど、SNSでの医療情報の発信も積極的に行っています。