「生理の貧困」問題とは? 日本で今起きている実態に迫る

数年前より世界各地で大きな動きが起きている「生理の貧困」問題。日本でも調査結果などが発表され注目を集めるようになり、様々な活動や支援の輪が急速に広がってきています。

「生理の貧困」とは

経済的な理由などから生理用品の購入が難しい状態、また利用できない環境にいること、それが「生理の貧困(Period Poverty)」です。発展途上国だけの問題だと思わわれていた時代もありましたが、イギリスでは10人に1人の少女が生理用品を購入することができず(プラン・インターナショナルUK調べ)、ニュージーランドでは若者の12人に1人が生理用品を買う経済的余裕がなく、授業を欠席している(BBC調べ)など、格差の広がった先進国でも大きな問題であることが明るみになってきました。それを受け、生理のあるすべての人が生理用品を入手できるようにしようという「生理の平等」を求める活動が各国で盛んになり、政策や法律を変えるなど、大きな変革をもたらしています。

各国の「生理の貧困」への対応

・スコットランド:2017年より低所得の女性へ生理用品を無償提供を開始。2018年には学生へ生理用品を無償提供。20202月より必要とするすべての人へ生理用品を無償提供に

・イギリス:20201月より学生へ生理用品を無償提供。2021年より生理用品が非課税に

・オーストラリア:2019年より生理用品が非課税に

・フランス:2015年に生理用品にかかる消費税を20%から5.5%に減税。202012月よりホームレスや刑務所にいる女性に対し生理用品を無償提供。20212月より学生へ生理用品を無償提供

・ドイツ:2020年より生理用品にかかる税を19%から7%に減税

日本でも学生の5人に1人が困っている!

日本でも「生理の貧困」への問題意識が高まりつつある中、今年3月、「日本の学生の5人に1人が、金銭的な理由で生理用品の入手に苦労したことがある」というデータ結果が発表されました。

出典:#みんなの生理 Official 3月4日調査結果

また、「生理用品を買う余裕がなく、ティッシュを代わりに使った」など、金銭的な理由から生理用品でないものを代わりに使ったことがあるという学生が27.1%、生理用品を交換する頻度を減らしたことがある学生は37.0%いるということも明るみになりました。

さらに、プラン・インターナショナル15~24歳の女性2,000人に行った生理と生理に関係する日常生活に関する調査によると、「生理用品の購入・入手をためらったことがあるか」の質問に、53.9%の人が「ある」と答え、うち39.6%の人が経済的理由からという結果になりました。

出典:公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン「日本のユース女性の生理をめぐる意識調査」2021年4月

生理用品の購入や入手が難しかった場合、他のもので代用したり、交換の頻度を少なくしているということも分かりました。これらの行為は感染症を引き起こす恐れもあり、女性の健康問題につながるともいえるでしょう。

数百円という安価な生理用品もある中で、生理用品が買えないということがなぜ起こってしまうのか。それは、経済的に厳しい場合、より生活に必要なものを優先し、外からは見えない経血処理を後回しにしてしまうという現実があるようです。また未成年の場合だと、新型コロナウイルスの感染拡大によって保護者が失業し、生理用品を買うためのお金をもらえなくなったり、買って欲しいと言いにくくなくなってしまう場合も考えられます。

支援の現状は?

このような実態が明るみになったことで「生理の貧困」への関心が急速に高まり、これまでも声をあげていたNPOやNGO、民間の団体だけなく、行政も動き始めました。東京都豊島区が3月中旬にいち早く生理用品の無料配布を実施したことを皮切りに、静岡県富士市では声を出さずに生理用品を求める意思表示ができるカードを用意し、女性職員によって中が見えにくい袋に入れた状態で提供するなど、受け取る側に寄り添った工夫も。今では全国255の自治体が、学校での生理用品の配布などを実施・検討しているという調査結果が公表されるなど、支援に乗り出しています。(2021年5月28日現在)

また、日本政府は、20216月1日に「生理の貧困」対策として本年度中に生理用品を買う余裕がない女性を対象とした調査に着手すると発表し、具体的な対策に乗り出しました。

コロナ渦での収入減少も大きく影響し、加速してしまった「生理の貧困」ですが、このように、支援の輪も確実に広がってきています。

生理用品がないと経血の漏れなどが心配で、学校へ行けなかったり、外出できないという行動の制限がかかりる恐れもあります。行動が制限されてしまうということは、学習する機会や活躍する可能性をも奪ってしまうことになりえます。生理のあるすべての人が、正しく生理用品を使える社会を目指していきたいですね。

また、生理がダブー視され、生理用品が必要だということが言いにくいという現状が、生理の貧困につながっていくことも。まずは、みんなが生理についての正しい知識を持つことが、生理の貧困のない社会をつくるために大切なことなのかもしれません。

生理とZ世代。タブーに向き合う若き活動家たち

生粋のデジタルネイティブであるZ世代。既存のルールにとらわれることを嫌い、社会問題に対しても積極的に発言する傾向にあるといわれている彼・彼女たちですが、生理というタブーへ立ち向かい、すでに大きな功績をあげている人たちがいるのをご存知ですか?

そもそもZ世代とは?

Z世代とは、1996年〜2012年生まれの人々を指します。生まれたときから当たり前のように高速インターネット、スマホ、様々なゲーム機が身近にあり、SNSを日常のツールとして使いこなしています。
Z世代は、その前のミレニアル世代(1981年〜1995年生まれ)に比べSNSを通じ、社会問題について仲間とよく意見交換をする傾向が強いといわれています。また、グローバルな感覚を持ち、既存のルールにとらわれず、周りと同じように見られることを嫌い、スタイルに独自性を求め、テックネイティブであるといった特徴を持ち合わせています。
アメリカでは、人口の約1/4を占めるほどの大きな人口グループとなり、多大な影響力を持ちはじめています。

参考:Criteo「Z世代の特徴と傾向

Criteo「Z世代の特徴と傾向」

女子高生2人が開発!『タンポンラン』

みなさん、『タンポンラン』を知っていますか? 女子高生2人が開発し、2015年に発表されたゲームで、世界中でウェブ版とスマホアプリ版を合わせ50万人がプレイしているそうです。女の子が、タンポンを奪おうと追ってくる敵に向かってタンポンを投げつけるという内容なのですが、まだまだ月経がタブー視されていた2015年にこのゲームが発表されたときの衝撃は、とても大きなものでした。
『タンポンラン』を開発したのは、ソフィー・ハウザーとアンドレア・ゴンザレスというアメリカ人2人組。2人の出会いは、IT業界における男女格差解消を目的に設立されたNPO団体『Girls Who Code』の夏季講習でした。『Girls Who Code』ではプログラミングを学ぶ機会を提供していますが、先生も生徒も全員女性で構成されています。この環境でフェミニズムについて考えるようになったソフィーとアンドレア。最終課題でペアを組むこととなり、ソフィーの「タンポンを投げ合うゲームを作ったらいいと思う!」という提案から、2人は生理のタブーについて議論したそうです。

☑タンポンを買うのは恥ずかしいから、母親に買ってきてもらう
☑学校でトイレに行くときは、袖の中にタンポンを隠して廊下を歩く
☑生理用品のCMには赤ではなく青い液体が使われている
☑銃で撃たれて流す血液は問題ないのに、経血は汚いとされる
☑発展途上国や女子刑務所は、生理に対する理解の不十分さから、不衛生な状態におかれている

上記のような議論をし、試行錯誤を経て、ついに完成した『タンポンラン』。その生理をタブー視する社会への風刺が受け、発表会では大好評となり、公開からわずか17時間後には、イギリスの新聞に記事が掲載されました。ソフィーとアンドレアはまさに、一夜にして有名人に!
2人は、コーディングを学ぶ中で、社会をより良い方向へ変えて行く力が自分にも備わっているのだと気がつき、生理のタブーに向き合い、結果に結びつけました。

参考文献:『ガール・コード プログラミングで世界を変えた女子高生ふたりのほんとうのお話』(Pヴァイン刊)

「生理の貧困」撲滅のため立ち上がった女子高生

「生理の貧困」撲滅のため立ち上がった女子高生

生理用品を買うお金がなかったり、利用できない環境にあることを「生理の貧困(Period poverty)」といいます。先進国でもこのような状態に悩まされている女性は多く、生理用品が買えないことで、学校を休まなくてはならない女子学生が多くいるというのです。
イギリスの2017年のデータによると、10人に1人が「生理の貧困」に陥り、生理用品が買えないことで年間13万7700人が学校を休まなくてはいけないのだそうです。
このような状況を改善すべく、スコットランドでは、2018年から生理用品の無償提供が始まりました。そして2019年からはイギリスでも女子学生への生理用品の無償提供がスタート。この決定に大きく貢献したのが「生理の貧困」を終わらせようという「Free Periods」というプロジェクト。率いるのはイギリス人女子学生のアミカ・ジョージさんです。
アミカさんは17歳のとき、全ての女子が生理用品を使えるようにするための署名活動を始め、20万人の署名を集めました。その後、2017年には2000人の賛同者とともに、首相官邸の外で無料の生理用品が必要だとデモンストレーションを行いました。
この活動によってアミカさんは、2018年のタイム誌が選ぶ「最も影響力のある10代」のひとりに選ばれました。また、ビル&メリンダ・ゲイツ財団がグローバル・ゴールの達成のために貢献した人物に与える「グローバル・ゴール・アワード」のキャンペーン賞も受賞しています。
現在ケンブリッジ大学に通うアミカさんは、生理用品が買えないことで学校を休まざるを得ないことは人権問題であり、教育の問題であると主張。イギリスの平等法のもとで、子供たちを学校に行かせるのは政府の義務だと訴え、より良い教育のために戦い、生理が恥ずかしいものだという考えを払拭していきたいと話しています。
アミカさんの活動をはじめとする「生理の貧困」撲滅の動きは、さらに今広がりを見せていて、2021年2月にはニュージランドで学生への生理用品の無償提供が始まり、同月にフランスでも学生への無償提供が決定したと発表されました。

アミカさんの活動をはじめとする「生理の貧困」撲滅の動き

自らの経験を通じNPOを設立した大学生

ハーバード大学に通いながらホームレスの女性たちに生理用品を配るNPO「カミオンズ・オブ・ケア」を設立したのは、ナディア・オカモトさん。この団体は、高校や大学など40以上の支部があり、生理用品の寄付を募ると同時に、集めた生理用品を届けるための資金を集める活動をしています。
ナディアさんがこの活動を始めたのには、自身の経験が影響しているのだそうです。9歳で両親が離婚、母親と姉妹と暮らしていましたが、彼女が15歳のときに母親が失業してしまい、友人の家を泊まり歩くなど、ホームレス生活をおくることになってしまったのです。そのとき、生理用品が準備できなかったため、学校を休まなくてはいけなかった経験をしたり、ホームレスの女性たちと出会う中で、彼女たちが古い紙袋やゴミ箱から拾った布や新聞紙を生理用品の代わりに使っていることを知りました。
生理中の衛生状態が悪いと、細菌性膣炎や尿路感染症など命の危険に関わる毒性ショック症候群になってしまう場合もあります。
経済的に安定した環境に戻れたナディアは、同世代で運営する「支援、教育、調査を通じ、生理時の衛生状態の問題を解決し、支援すること」を目的としたNPO「カミオンズ・オブ・ケア」を立ち上げました。多くのシェルターや路上で暮らす女性たちへ生理用品を届けています。
ナディアは、その活動が評価され、2016年ロレアル・パリの「Woman of Worth Honorees」に選ばれました。その賞金は、アメリカ、ラテンアメリカ、アフリカ、そして南アジアのホームレスの女性たちのために使いたいと話します。

活動について話すナディア動画
https://youtu.be/GDRycRi9UDQ

なぜこのようにZ世代が、生理について声をあげ、タブーを打ち破ろうと動くのか。それは、恥ずかしがらず生理について語ることで、救われる人が数多くいるからではないでしょうか。偉業と呼べる大きな変化はもちろん、身近な変化も期待できます。
例えば、PMSや生理痛に悩んでいるのに、どうしていいか分からない人も、生理についてオープンに話せる環境になれば、緩和法を簡単に知ることができます。毎月の辛さから解放されることは、生活のクオリティアップにつながり、人生に変化をもたらしてくれることでしょう。

映画と生理。タブーに挑んだ映画3選

タブー視されてしまうことも多い「生理」というテーマをストーリーに織りこんだ、オススメ映画をご紹介。米映画『青い珊瑚礁』、インド映画『パッドマン 5億人の女性を救った男』、日本映画『生理ちゃん』と、それぞれテイストは違いますが、日常に当たり前に存在している「生理」という存在を見て見ぬふりせず、しっかりと描いている3作品。国によって異なる生理への考え方などが学べるのもポイントです。
※ネタバレ注意です!

圧倒的に美しい初潮シーン

1980年に公開された映画『青い珊瑚礁(原題:The Blue Lagoon)』。元々『青い珊瑚礁』は1908年に発表されたアイルランド人作家の小説で、1923年、1948年にイギリスで2度映画化されました。さらに、1991年には現代版の続編が作られ、アメリカではTVドラマとしてもリメイクされるなど、人気が衰えることのない名作のひとつ。
中でもおすすめは1980年公開版で、主演したブルック・シールズ(当時14歳)が圧倒的に美しい!と伝説的な作品として知られています。

物語の主人公は、イギリスからアメリカ・サンフランシスコに向かって南大西洋を航海するアーサーと息子のリチャード、そしてリチャードの従妹のエメライン。航海中に火事が起こり、リチャード(8歳)とエメライン(7歳)は、同船していた水夫のパディと共に、先に小舟で避難を試みます。帆船は沈没してしまい、アーサーとはぐれてしまった3人は、ある島にたどり着きます。その島で、パディから生きる術を教わりながら救助を待つのですが、ある日、パディが変死してしまいます。残された2人は助け合いながら生き延び、成長し、やがて愛し合うように。そこから、子供が生まれたり、救助船とのすれ違いがあったりと、ハラハラ、ワクワクな展開に……。
この作品の中で、特に注目してほしいのが、ブルック・シールズ演じるエメラインが初潮を迎えるシーン。小さい時から、文明社会から離れた自然の中で育ったエメラインには、月経の知識などもちろんありません。ですが本能的に何かを感じとり、経血のついた布をリチャードに見つからないよう、滝でひとり、洗うのです。まさに絶景といえる幻想的な滝を背景に、少女から女性に向かう間(はざま)ならではのイノセントな美しさと、恥じらいと戸惑いを持った複雑な心境を表現するこの場面。月経というものを、神聖かつリアルに表現した、とても印象的なシーンだと思います。
ちなみに、女性のカラダの変化に気がつかないリチャードに対しエメラインが不機嫌になるシーンもあるのですが、これがPMSの症状に見えたりもして面白いのではないかと思います。

実話に基づく信念を貫いた男のサクセスストーリー

圧倒的に美しい初潮シーン
次にご紹介するのは、2018年公開のインド映画『パッドマン 5億人の女性を救った男』。
主人公は、愛する妻と楽しい新婚生活をおくる修理工・ラクシュミ。妻が乗りやすいよう自転車を改造したり、玉ねぎを切りながら涙する妻を見て、おもちゃを自動玉ねぎ切り器に作りかえたりと、妻を喜ばせることが生きがいのようなピュアな男性。
ある日、ラクシュミは妻が生理中に不衛生な古布をあてていることを知り、市販のナプキンを買います。ですが妻は、ナプキンは高価すぎると拒否。そこで、自らナプキン作りを始めるのです。ですが、保守的な田舎町では変態扱いをされ、アクシデントが重なり妻とも離れ離れになってしまいます。失意のラクシュミですが、諦めることなくひとり都会でナプキン作りの研究を続けます。苦労の末ナプキン製造機の試作が完成すると、偶然出会った進歩的で都会派の女性・パーリーの協力もあり、ナプキン作りは軌道にのっていきます。

インドの農村部などでは未だに、生理は汚らわしいもの、恥ずかしいもの、生理中の女性は家の外で過ごさなくてはならないなど、昔ながらのしきたりが残っている場所もあります。
ゆえに、「愛する妻が、不衛生な古布を使うことで、感染症などの病気にかかっては嫌だ。妻を病気から守りたい」というラクシュミの純粋な気持ちは誤解されてしまうのです。ですが、ラクシュミはどんな困難にぶつかっても立ち上がり、信念を貫きます。そしてナプキン製造機が完成すると、今度はナプキン作りの技術を女性たちに教え、女性の雇用を増やし自立支援へとつなげていきます。
実話が基になったこの映画は、コミカルでいて、私たちが考えるべき社会問題も織り込まれた、見どころに溢れた作品です。

ラクシュミが国連に招待され、たどたどしい英語でスピーチするラストシーンは、涙なくして見られない感動が詰まっています。この作品を通し、差別や偏見、貧困、不十分な月経関連の情報などの社会問題について考えるきっかけになることでしょう。

生理がしゃべる!? コミックが原作の実写版

生理がしゃべる!? コミックが原作の実写版
最後に日本から、生理をテーマにした作品です。その名も2020年公開の『生理ちゃん』。手塚治虫文化賞短編賞も受賞している小山健のコミックが原作の実写化映画です。
主人公を演じた二階堂ふみやオタク役で存在感を発揮した伊藤沙莉の演技力の高さにも注目が集まった作品ですが、生理を擬人化するという技法で、タブー視されがちな生理をポップに表現したことが何より衝撃的。

二階堂ふみ演じる米田青子は、出版社で働く雑誌編集者。月に一度、大事な時に限って、ピンクの物体が迫ってきます。それが生理ちゃん。生理ちゃんは、大きな体で重くのしかかり、アロマを焚いて眠気を誘ったり、強烈なパンチをお腹に入れてきたり。
ある日、生理は重いし、上司からは怒られ、ぐったりしている青子にトイレで声をかけてきた同僚。そんな同僚の生理ちゃんはポーチサイズで、彼女の生理はとっても軽いタイプのよう。
さらに、青子が働く出版社のビルで清掃員をしている山本りほは、SNSで毒を吐く毎日。彼女の生理も重いらしく、大きな生理ちゃんをゴミの運搬カートに乗せ、がまんしながら仕事を続けます。
女性たちの仕事、恋愛などの日常を描いた作品なのですが、そこには、それぞれ個性のある生理ちゃんが寄り添っています。

作品を観た女性たちは、共感できる部分が多く、生理を体感したことのない男性たちにとっては「そんな感覚なのか!」「人によって違うんだ!」など学べる要素も多いと好評の作品です。

 

タブー視されがちな生理をストーリーに織り込んだ映画3作、いかがでしたか?美しかったり、コミカルだったりと表現法は様々ですが、観る人が生理を嫌悪感なく受け入れられるよう工夫され、生理は生活に当たり前のように存在するもの、きちんと理解することが大切というメッセージが込められているように感じます。
今までと違った視線で生理やPMSを学びたい時など、ぜひ映画をチェックしてみてくださいね!