女性ホルモンを整えたいなら、まずは食生活から!

インナーケア を意識するのなら、食生活の改善は欠かせないところ。今回は、女性ホルモンを整えるために大切な、食生活のポイントを栄養管理士の佐藤志穂さんに教えていただきました。栄養を考えるって難しいように思いますが、食材の特徴を少し覚えれば簡単に取り入れらますよ。

理想は主菜、副菜、汁物が揃った和食

いくら女性ホルモンに良い栄養素を摂っていても、そればかりでは他の健康を保つのが難しくなってしまうことも。バランスよく摂れる食事のお手本である、和食の定食をお手本に食事を見直してみましょう。洋食が悪いというわけではありませんが、どうしても炭水化物と脂質が多くなってしまうのが洋食です。まずは、1日の食事のどこか一食を和食に変えてみてはいかがでしょうか。

とはいえ、無理をして食生活を変えなくてもOK

女性ホルモンの安定に、ストレスは禁物。無理に体に良い食事を選ぼうとして、ストレスが溜まってしまったら意味がありません。自分自身が無理をしない程度に、楽しみながら食生活を改善しましょう!

女性ホルモンは腸が司る……?

最近話題のエクオール。これは大豆製品を食べる事で腸で作られる、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをする成分です 。エクオールを作れるのは日本人女性の2人に1人の割合と言われていますが、腸内環境が整い、腸内の善用菌を増やす事でエクオールの生成を期待できるそうです。腸内環境を整える事は、女性ホルモンの安定や活性にとても重要なことなのです。

女性ホルモンの分泌をコントロールする”ビタミンB6”と”ビタミンE”を意識して

この二つの栄養素は女性ホルモンの分泌を安定させ、活性化する役割があります。ビタミンB6は鮭や玄米、豚肉、牛肉の赤身、カツオ、マグロなどに多く含まれます。ビタミンB6は水に溶けやすい性質があるため、溶け出した汁も一緒に食べられるスープなどの調理方法がおすすめです。ビタミンEは、アーモンドやカボチャ、アボカドに多く含まれる栄養素で、こちらは油と合わせる事で吸収率がアップします。油を薄く引いたフライパンでカボチャを焼き、サラダに合わせるのもおすすめですよ。

女性ホルモンを安定させるお手軽メニュー

腸内環境を整える、お味噌汁

エクオール生成を目指して、腸内環境を整える おすすめレシピ。発酵食品であるお味噌と、食物繊維たっぷりのきのことあおさを合わせて、腸内の善用菌を活発に働かせましょう。

〈材料/1人前〉

・水…200ml

・顆粒出し…適量

・お好みのきのこ…適量

・豆腐…1/4丁

・あおさ…適量

・味噌…大さじ1

〈作り方〉

①水に顆粒だしを溶かす

②お好みのきのこと豆腐、あおさを入れて火を通す

③具材に火が通ったら、味噌を溶かして完成

お手軽ホイル焼きで女性ホルモンを整え 、ビタミンB6、ビタミンEを補給

女性ホルモンの分泌をコントロールする二つのビタミンを効率よく食べられる、鮭のホイル焼き。ポイントは、蒸し焼きにする事で、鮭から出る水分を野菜に吸わせ、栄養素を逃さずに取り入れる事。材料をまとめて入れるだけなので、忙しい平日にも簡単に作ることができるおすすめメニューです。

〈材料/1人前〉

・鮭の切り身…一切れ

・しめじ…適量

・ほうれん草…1束程度

・かぼちゃ…適量

・塩胡椒…適量

〈作り方〉

①しめじは石づきを切り落とし、小房に分ける。ほうれん草は食べやすい大きさに切り、かぼちゃは薄切りにし、さらに一口大に切って食べやすくする。

②アルミホイルに、ほうれん草、しめじ、鮭、かぼちゃの順に乗せ、塩胡椒をかける。

③アルミホイルを閉じたら、オーブントースターで12〜15分焼き、火が通ったら完成。

 

忙しいと、ついつい適当な食事で済ませてしまいがちですが、安定した女性ホルモンの分泌と健康的な体を作るのは日々の積み重ねです。無理に全てを変えなくても、3食のうちの1食を和定食にしてみたり、魚がメインの食事に変えるだけでも効果は期待できます。ストレスは女性ホルモンの天敵です。楽しみながら、食生活を見直せるといいですね。

 

佐藤志歩氏

株式会社ソフィアプロモーション所属の管理栄養士。

量販での食品の販売促進や媒体作成、食育イベントの企画・運営を行なっている。また、量販のバイヤーと協力しての商品開発アドバイスや食の知識を活かした量販の新入社員研修なども行なっている。

食事と健康をテーマにした、情報サイト「食めぐ」にも所属。

PMSの時に回避したいNGな食事BEST3

デリケートなPMS問題。自分なりに対策をしていても、なかなか改善しないと、さらにストレスがかかりますよね。今回はPMSの時に避けた方が良い食材について、管理栄養士の佐藤志歩さんに教えてもらいました。ちょっとした食生活の改善で、PMSの症状が落ち着いたらいいですよね。

PMSの時の食事で気を付けるべき3つのモノ

①塩分

巡りが悪くなりがちな生理前は、特に塩分に注意をしましょう。過度な塩分摂取はむくみの原因になります。スナック菓子やジャンクフードを食べるのは避けた方がベター 。適度に塩分を摂りながら、塩分の排出に効果的なカリウム豊富なバナナやアボカドを食べてスムーズな巡りを心がけましょう。

②甘いもの

ケーキやチョコレートなど、甘いものが食べたくなる人が多いのもPMSの特徴のひとつ。しかし、ここで甘いものを思いのままに食べてしまうと、甘いものスパイラルにハマってしまいがち 。原因は、血糖値の上昇です。甘いものを食べると血糖値が急激に上がります。そして急激に上がった血糖値は急激に下がるのです。それにより、体がだるくなってしまい、また甘いものを欲します。お砂糖たっぷりのケーキやチョコレート、お菓子などの甘いものはグッッと堪えて、高カカオのチョコレートを1、2欠け食べたり、ココアを飲むのがおすすめです。カカオポリフェノールの効果で、精神的なリラックスをサポートする効果も期待できます。PMSによる不安感や興奮状態の抑制も期待できるので、PMS時のおやつとしてもおすすめです。

③カフェインやアルコール

ポリフェノールとは反対に、カフェインとアルコールは神経を興奮させる作用があります。イライラしやすくなってしまったり、気が張ってしまったりする場合があるので、PMSの症状で辛い人はカフェインやアルコールは控えた方が、心が穏やかに保てるかもしれません。

女性が積極的に取り入れるべき栄養素は?

生理中は特に、体から排出されるものが多い時期。特に気を付けるべき栄養素も教えてもらいました。

①鉄分

やはり、生理によって血液を排出している分、女性は鉄分が不足しがち。生理中はもちろんですが、日頃から鉄分を意識した食事をすることが大切です。サプリなどもありますが、サプリの作用に敏感な方は、鉄分のサプリを飲むと頭痛や吐き気がしてしまう場合もあるので、なるべく食事を改善して鉄分を取り入れることがおすすめです。プルーンやほうれん草は鉄分が豊富でおすすめな食材です。

②葉酸

妊婦さんにおすすめされている葉酸ですが、実は全ての女性に大切な栄養素。葉酸は体を作る上で大切な、赤血球の生産を助けるビタミンの一種です。細胞の生産にも重要な栄養素なので、女性が日常的に摂取をした方が良いと言えます。食材では、ほうれん草や小松菜、枝豆に豊富に含まれています。

③カルシウム

女性ホルモンのひとつであるエストロゲンは、骨と血液中のカルシウムのバランスを取る役割があります。老化とともに女性ホルモンの分泌が減ることで、女性は骨粗しょう症のリスクが高くなるんです。カルシウムは食事からしか補えない栄養素のひとつ。エストロゲンが減り始めてから骨を強くすることは難しいので、なるべく早めからカルシウムを積極的に摂り、骨のケアに効果的な食生活を意識しましょう。

質のいい脂質を摂ることを心がけて

PMS時期は、脂っこい食事にはなるべく注意した方がいいと聞いたことがあるかもしれません。でもそれは、油もの全般が悪いというわけではありません。むしろ脂は女性ホルモンの安定にはとても重要です。タンパク質+コレステロールの組み合わせは女性ホルモンを作る上で必要な栄養素。コレステロールは油から摂取できますが、この時に質の良いものを選ぶようにしましょう。上質な油でおすすめなのは、豚の脂身やオリーブオイルです。豚はロースでもバラ肉でも、効果は変わりません。脂身を除かずに、適度に摂った方が女性ホルモンの安定に効果がのぞめ、結果的にPMSを和らげる手助けになると思います。

PMS中、つい暴食しがちになってしまう人も、効果を考えて食べるものを選ぶことで楽に過ごせるかもしれません。食事について注意を払う事は、時に面倒かもしれませんが、今日始めたことが未来の自分の健康と穏やかな日常につながっていると思うと、前向きに取り入れられますよね。

佐藤志歩氏

株式会社ソフィアプロモーション所属の管理栄養士。

量販での食品の販売促進や媒体作成、食育イベントの企画・運営を行なっている。また、量販のバイヤーと協力しての商品開発アドバイスや食の知識を活かした量販の新入社員研修なども行なっている。

食事と健康をテーマにした、情報サイト「食めぐ」にも所属。

コロナ禍でストレス増!PMSや生理への影響とその改善策を産婦人科医のえんみちゃんに聞く

現代人は忙しくストレスフルと言われている中で、長引くコロナ禍もあり、心身ともに負担が大きくなっているのではないでしょうか。その影響を受けているからなのか、疲れやすくなっていたり、PMSや生理の症状に変化が出てきているという人もいるかもしれません。

子宮や卵巣がストレスに影響される理由

PMSや生理(月経)の症状はひとりひとり異なります。その前提があったうえで、ストレスによって生理不順が起きたり、ホルモンバランスだけではなく、複合的な要因で起こると言われているPMSへの影響も否定はできないと思います」と、教えてくれたのは、中学校、高校などで性教育の講演を行い、えんみちゃんの愛称で知られる産婦人科医、遠見才希子先生。

PMSや生理に関係している女性ホルモンは、脳からの命令によって卵巣から分泌されています。その際、身体の仕組みとして、脳にある視床下部から脳下垂体、卵巣という流れを辿りますが、この視床下部がストレスの影響を受けやすいと言われています。そのため女性ホルモンの分泌にも変化が起こり、いわゆるホルモンバランスの乱れによって生理不順につながる場合も。

一概にストレスといっても、コロナ禍という状況に限らず、食事や運動、体重の変化など、日常生活の中にあるさまざまなことが影響してきます。子宮や卵巣がそのような影響を受けてしまうのは、同じ臓器でも心臓や肺とは違い、直接的に生命維持にかかわっていないからです。だからこそ、ちょっとお休み状態になったり、命令を出すのが遅れたり……と、ストレスによる変化を受けやすいと考えられています」

生理周期は28日とは限らない

ストレスの影響によって、生理不順が起こる可能性も否定できないことがわかりましたが、その前に自分の生理周期は知っていますか?生理は身体のバロメーターといえるので、まずは判断材料となる生理周期を知っておくことは大切です。

「生理周期は28日というイメージが強いですが、正常な周期は24日から38日と、意外と幅があります。たとえ28日周期でなくても、生理不順には該当しませんので、安心してください。

自分の生理周期を知ったうえで、24日から38日の正常範囲を超えて、短い周期になってしまっている、長い周期になってしまっているときは、ストレスなどの影響を受けているかもしれないと、気に掛けるきっかけにしてもらうのがいいと思います。また、生理不順をコントロールする低用量ピルや子宮内避妊システムといった選択肢もあるので,産婦人科で相談してもらえたらと思います」

PMS日記で症状の変化を見つける

生理前から生理中にかけて、イライラしたり、落ち込みやすかったり、むくみやすかったり……と、心身共にいろんな症状が出てくるのが、月経前症候群=PMS

PMSの症状が表れるのは、女性ホルモンの影響とも、それ以外の要因も合わさって複合的に起きているとも言われていて、これといった原因はいまだにわかっていません。どんな症状が表れるかなど、傾向と対策はひとりひとり異なります。そのため、自分のPMSの症状を把握することも治療のひとつです。

日記を書くように、手帳やアプリなどにPMSの症状を記録していきます。1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月と続けて記録することで、生理の何日前からイライラしやすくなって、何日前にはむくみがひどくなるなど、だんだん傾向がわかってきます。

傾向がわかると、今は生理何日前だから、プライベートの予定は入れず、家でゆっくり過ごそう。PMSの症状が表れる前に大変な仕事を片付けておこうと、すべてをコントロールすることが難しくても、何かしらの対策がとれることもあります」

自分の身体を知って対策する

ストレスの受け方も、PMSや生理の症状もひとりひとり異なることを考えると、やっぱり自分の身体を知ることが改善への第一歩。

社会的に変化が起きやすくなっているからこそ、自分の身体を知ることが重要に。まずは自分の生理周期を知ること、そしてPMSの症状を記録してみることから始めてみてはいかがでしょうか。

遠見才希子氏

えんみちゃんの愛称で知られる産婦人科医。大学時代から全国の中学校、高校などで性教育の講演を行っている。子どもと一緒に性教育について考える絵本『だいじ だいじ どーこだ?』(大泉書店)も話題。

twitter@emmi__chan

痛み止めを飲むタイミングは?意外と知らない生理のこと

正常な生理周期は?痛み止めは飲むタイミングは?そもそも痛みが起きるたびに飲んでもいいの?など、毎月、訪れる生理について、気になることだけではなく、意外と知らないこともあるかも。そこで、えんみちゃんの愛称で知られる産婦人科医、遠見才希子先生に生理の疑問について教えていただきました。

生理の始まりから生理周期

「初経を迎える平均年齢がおよそ12歳。そこから12年かけて排卵を確立していくので、初経を迎えてから生理(月経)が半年間こないこともあるくらい、その間の生理は不順です。そして、排卵が確立されてから生理痛が出始めます。そのため、今よりも、中学生、高校生の頃に生理痛が強かったという人もいると思います。

成人してからも生理の症状には個人差があります。生理周期といえば28日というイメージが強いからか、28日周期でないと生理不順だと思っている方もいますが、そうではありません。正常な生理周期は2438日と、幅があるため、自分の生理周期を知っておくことが大切です。自分の生理周期を知ったうえで、短くなったり、長くなったりしていないかを把握してみてください」

毎月、生理があることがいいとは限らない?

毎月、周期通りに生理がくると安心しますが、気を付けておきたいこともあります。

「現代女性は、生涯450回くらい生理があると言われています。妊娠・出産回数が多く、生涯で50回という時代もあったと言われており、個人差はあるものの現代女性には生理に関する負担の増加が考えられます。

生理は基本的に、毎月あり、子宮内膜がはがれることで腟から体外に出ていきます。しかし、子宮内膜の一部が逆流して卵管や卵巣、骨盤の中に入ってしまい,それが子宮内膜症の原因になるという説があります。子宮内膜症は生理の回数が蓄積されるほど進行していきます。

そして、排卵による刺激の蓄積などによって、将来的に卵巣ガンにかかわってくるとも言われています。生理がある女性は誰もが、子宮内膜症、卵巣ガンなど、女性特有の病気のリスクを抱えていることになります。

こういう話を聞くと驚いてしまうかもしれませんが、知識として得ておくことは大切です。自分の身体に起きるかもしれないことを知っておくことで、生理をコントロールするために低用量ピルや子宮内避妊システム(ミレーナ)を取り入れてようかなと、自分の身体に関する選択を考えるきっかけになりますよね」

慢性的な貧血は要注意!

例えば、経血量が多い過多月経の場合、医学的には1回の生理周期で150mL以上という目安の数字はありますが、自分で測るわけではないのでわかりにくいですよね。なので、下記のようなことが判断材料になります」

レバーのような塊が続いている

多い日用のナプキンが12時間でいっぱいになる

おむつを使いたいと思うくらいの経血量がある

健康診断などで、貧血を指摘されたことがある

「生理による慢性的な貧血に身体が慣れてしまって症状を自覚していないという人もいますが、生理がある年齢で、健康診断で貧血を指摘された場合は、生理が原因になっていることが多いです。立ちくらみ起こすなど、貧血っぽくなるのがお決まりという人も、経血の量が多い可能性があるため、産婦人科の受診をおすすめします」

経血量が多くなる原因として子宮筋腫や子宮内膜症の可能性もあります。いつものことだからと、そのままにするのではなく、一度受診をしてみましょう。

痛み止めはタイミングが重要!

生理痛は我慢するもの、痛み止めは耐性ができるから飲みすぎるのはダメと、言われたことがある人もいるのではないでしょうか。遠見先生は、「生理痛があるときは、痛みを我慢せず、痛み止めを飲んでください」と話してくれました。

「痛み止めを飲むときに意識してほしいのは、飲むタイミングです。

痛み止めの作用は、起きている痛みを抑えるのではなく、痛みが作られる過程をブロックすることです。痛くなってからではなく、痛くなりそうだなと思ったら飲んでください。もしくは、毎回、生理2日目に痛みが出るという人は、生理が始まった1日目から飲んでも問題ありません。

そして、パッケージに書かれている用法、用量の範疇であれば、薬の効果が切れたと感じる前に飲んでも、飲みすぎにはなりません。

飲むタイミングを意識することで、痛みの感じ方、生理期間の快適さは変わってくると思います」

ただし、あくまでも対症療法にすぎないので、痛みが取れたからといって、子宮や卵巣に問題がないと言い切れるわけではありません。生理の悩みなど心配なことがあればいつでも産婦人科を受診してください。また、セックスの経験がある20歳以上の女性は定期的な子宮頸がん検診の対象になります。

身体の自己決定をするための知識を得る

「なによりも大切なのは自分の身体は自分のものだということです。

中学校、高校の性教育の講演で,自分の身体は誰のものかを聞くと、自分のものだよと生徒たちは答えます。当たり前のことなのに、普段なかなか意識する機会がなかったり、生理や性に関することは個人の経験談で話されることが多く、勝手に決めつけられてしまったりすることもあるかもしれません。自分の身体は自分のものだから、自分の身体のことは自分で決めていいんです。

一人ひとりのセクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス・アンド・ライツ(性と生殖に関する健康と権利)が尊重されるためには、生理をはじめ、PMS、セクシュアルウェルネスなどの知識が得られ、個人だけでなく社会全体で問題が共有され、性教育や社会のシステムが整備されることも必要だと感じています」

遠見才希子氏

えんみちゃんの愛称で知られる産婦人科医。大学時代から全国の中学校、高校などで性教育の講演を行っている。子どもと一緒に性教育について考える絵本『だいじ だいじ どーこだ?』(大泉書店)も話題。

twitter@emmi__chan

【フェムテック tvアンケート】生理前、生理中、不調を対処しない人が多いのはなぜ?

2030代の女性300名を対象にアンケート調査をしたところ、生理前、生理中に何かしらの不調を感じる人が7割以上いることがわかりました。それと同時に、不調を感じても対処しない人が多いことも判明!

生理前から生理中にかけての不調は当たり前!?

Q.生理前に身体の不調を感じますか?

Q.生理中に身体の不調を感じますか?

生理前、生理中、それぞれに不調を具体的に見てみると、このような症状が表れているようです。

【生理前】

頭痛・腹痛 23.4

イライラする 15.8

肌荒れ 11.5

【生理中】

腹痛 60.6

下痢または便秘 30.3

眠気 29.8

PMSはコントロールが難しい!?

それと同時に、不調を改善すために市販薬や漢方薬などを服用しているかどうかを聞いてみたところ、これまた70%を超える人が何もしていないと回答しています。

Q.生理前の不調を改善のために何か服用しているものがありますか?

例えば、ケガをした場合、消毒をして、バンドエイドを貼るなどの処置をとると思います。でも、生理前、生理中の不調に関しては、市販薬や漢方薬、ピルなどを服用して対処しているのは全体の26%しかいません。不調をそのままにしている理由としては、その症状をコントロールしにくいと感じているからのようです。

Q.PMSをコントロールできると思いますか?もしくはコントロールできると思う%を選んでください。

もっとも多いのは、全体の45%を超える「PMSをコントロールできると思わない」という回答。「いつものことだから」と、諦めモードということなのかもしれません。この傾向は、生理中に起こる不調に対しても見られます。

不調をそのままにする理由

Q.生理中の不調を改善のために何か服用しているものがありますか?

生理前の不調に比べると、やや低いものの「特になし」と答えた人は63%。その具体的な理由を見てみると、このような意見がありました。

・なるべく薬を飲みたくないから

・我慢できる程度だから

・何を服用したらいいかわからないから

・副作用がないか不安だから

・費用体効果が低いから

薬に対する不安やコストパフォーマンスを気にしている人もいれば、「わからない」と知識不足を感じさせる回答も。

健康意識が高いほど、パフォーマンスがよくなる

不調が起きたとしても、37日の生理期間、生理前も含めると約2週間をやり過ごせば大丈夫と思うかもしれません。ですが、1ヶ月のうちの半分は不調を感じながら過ごすことになり、それが毎月訪れると考えると自分が思っている以上にストレスがかかっている可能性も。

現に、経済産業省が2019年に発表している『健康経営における女性の健康の取り組みについて』の中では、生理に伴って起こる症状による労働損失は4911億円と試算されています。

あまりに大きな金額でピンとこないかもしれませんが、確実に、不調による損失は生まれているといえます。それは、社会や会社全体の取り組みだけではなく、女性自身の知識不足が一因となっていることもわかってきているのです。

日本医療政策機構による『働く女性の健康増進に関する調査2018(最終報告)』では、ヘルスリテラシーが高い女性のほうが、仕事のパフォーマンスが高いという調査結果が示されています。

この結果は、仕事だけではなく、家事との向き合い方やパートナーとの関係性など、生活の中にあるさまざまな事柄にも、同じことがいえるのかもしれません。

自分の身体について考えてみる

生理前、生理中に身体や気持ちが示している不調に対して何もしないのは、自分の大切な身体のことをおざなりにしているともいえます。もしかしたらその不調には、病気が隠れている可能性もあることを考えると、きちんと調べて、必要ならば専門機関に相談することも選択肢のひとつです。自分の身体をケアするのは自分であることを意識していきたいですね。

ぜひ、不調を解消するための知識を得ていくことを心がけてみてください。自分の身体と向き合い、知っていくことは、ヘルスケアのひとつ。そして、ヘルスリテラシーの向上や毎日の暮らしがよりハッピーになることにもつながっていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「フェムテック tvアンケート 2021」
・調査エリア:全国
・調査母数:20代〜40代の男女300名
・調査期間:2021年5月4日~5月17日
・調査方法:インターネットリサーチ
・調査主体:フェムテック tv
・調査機関:SHINOBIアンケート
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

膣の健康維持のカギを握る?今、話題の乳酸菌でデリケートゾーンケア

フェムテックの流れが広がり、さまざまなサービスやアイテムが登場しています。そんな中、女性特有の悩みにアプローチできるかもしれない成分として、乳酸菌への注目が高まっています。

腸と同じように膣にもフローラがある

腸内フローラという言葉を聞いたことがある人も多いと思います。腸内に生息する数百種類、数百兆個の細菌が花畑のように広がっていることから、フローラと呼ばれるようになったと言われています。

膣内にも、腸と同じように善玉菌、悪玉菌など細菌が生息しています。細菌が存在しているからこそ、デリケートゾーンはトラブルが起きやすいともいえるのです。

医療事業や機能性食品を展開する帝人株式会社が、『女性特有の悩みに関する調査(※1)』を実施したところ、実に90%近い人が、1度でもデリケートゾーンに悩みを感じたことがあると答えています。

Q.デリケートゾーンに悩みを感じたことはありますか?

その悩みとして多いのは下記の通りです。

かゆみ 72.2

ニオイ 44.1

蒸れ 39.9

おりものの状態 35.2

かぶれ 33.4

黒ずみ 16.9

気になる症状に対しては早めに対処したほうがいい場合もあります。例えば、32%の人が気になると答えている「おりものの状態」。もし、魚のような生臭さがある、色が灰色っぽい、粘り気がなく水のようにサラサラしている、量が急に増えたといった変化が出てきたのならば、細菌性膣症の可能性が考えられます。しかも、細菌性膣症にかかる人の半数以上は無症状という報告もあるそうです。

出典:「性感染症 診断・治療 ガイドライン2016

そのため、おりものの状態をはじめ、デリケートゾーンに対する意識を高めてセルフチェックを行い、変化を感じ取れるようにしておくことが大切。

細菌はバランスが重要!

かゆみやニオイなどのトラブルが起きてしまうのは、膣内フローラが乱れている証拠。ストレスやホルモンバランス、抗生物質の服用など、さまざまなことが要因となって、いい働きをする善玉菌よりも、悪さをする悪玉菌が増えてしまっている状態です。もしかしたら、良かれと思って行っていた膣の洗浄が過剰となって、悪玉菌が増えてしまっている可能性もあります。

とはいえ、善玉菌が多ければいいというわけではありません。あくまでも、善玉菌と悪玉菌、どちらの細菌も優位になることなく、バランスのいい状態を保っていることが重要です。

膣内フローラを整える乳酸菌とは?

乳酸菌にはさまざまな種類がありますが、その中でも、「乳酸菌,GR-1」と「乳酸菌,RC-14」は、膣内に定着することから、フェムテックの分野で注目されています。

【「乳酸菌,GR-1」の特徴】

膣内に定着する

生きて腸および膣まで届く

悪玉菌を抑制するバクテリオシン様物質を産生する

膣内フローラを正常に保つ

「乳酸菌,RC-14」の特徴

膣内に定着する

生きて腸および膣まで届く

悪玉菌を抑制する過酸化水素を産生する

膣内フローラを正常に保つ

この2種類の乳酸菌をバランス良く配合したものが「乳酸菌UREX(ユーレックス)(※2)」と呼ばれ、膣内フローラを整える働きが期待されています。デンマークにあるバイオサイエンス企業によって発見された乳酸菌で、日本でも本格展開が始まりました。注目される理由には3つ挙げられます。

理由1. 他の乳酸菌に比べると、膣内の滞在時間が長い

理由2. 乱れた膣内フローラが改善

理由3. 膣内フローラのいい状態を維持

「乳酸菌UREX」が膣内に長時間滞在することで、状態がいい場合はそれを維持し、状態が不安定な場合は改善していくことがわかっています。

乳酸菌UREX配合のアイテムも登場!

フェムテック業界注目の成分「乳酸菌UREX」は、テクノロジーを用いず、女性の健康課題を解決するフェムケアアイテムにも取り入れられています。

ミライト 乳酸菌UREX60粒)¥2,970ミライト

さらには、乳酸菌配合(※)のジェルで膣内を洗う、膣洗浄器もあります。不規則な日が続いたり、ストレスを感じたときに肌が荒れることがあるように、膣内も乱れています。そんなときに膣洗浄器を取り入れるのがおすすめです。

※洗浄液を弱酸性にするためのpH調整剤として

インクリア(3本入)¥1,320(ハナミスイ/問い合わせ03-6304-5986医療機器認証番号:225AFBZX00021000

アプリケーターを膣内に挿入し、ピストンを押し出して洗浄液を注入します。弱酸性のジェルが膣内にゆっくりと広がり汚れなどを排出してくれます。毎日のスキンケアのように、デイリーユースすることで、膣内を清潔な状態に保つサポートをしてくれます。

デリケートゾーンに関する悩みは、まだまだ相談しにくいところがある分、日々の暮らしの中で取り入れられるケアアイテムがあると心強いですよね。

乳酸菌もデリケートゾーンケアの味方に

フェムテックの広がりとともに、「これまでよりもデリケートゾーンへの意識も高まっている!」という人もいるのではないでしょうか。きちんと向き合うことで、ちょっとした違和感や変化に気が付きやすくなります。特に、湿度や気温が高い時期は、デリケートゾーンにトラブルが起きやすくなる傾向があるため、清潔さを保つ意味でも、目的に合ったアイテムを味方につけながらケアをしてみてくださいね。

(※1

調査名:女性特有の悩みに関する調査(帝人株式会社)

調査機関:2021514日~2021517

対象者:2050代の全国の女性1000

(※2

UREXはクリスチャン・ハンセン社の登録商標です。

【今月のFな人】第2回:須田亜香里さん×高橋怜奈医師〜前編〜「須田さんも緊張してしまう…! 婦人科の内診がやっぱり怖い!」

連載2回目となる今回は、女性の味方である婦人科のクリニックについて。生理前の肌荒れに長年悩んでおり、PMSでの肌荒れと言うこともあり婦人科へ通うことも考えているという須田亜香里さん。でもあの独特な雰囲気と内診がどうしても苦手なのだとか。何回通っても緊張してしまう婦人科へ気軽に足を運べるようになる心構えを、高橋先生に教えてもらいました。

長年悩んでいる生理前の肌荒れも、婦人科を受診すべき?

須田亜香里さん(以下須田さん):婦人科系の悩みは、実はいろいろあるんです……! 先生、今日はよろしくお願いします! 私は生理前の肌荒れがひどくて、昔は顔全体が荒れていました。今はだいぶ落ちついたのですが、それでも生理前になると顎周りにできものができてしまうんです。映画の撮影の前に大きなものができて、顔の輪郭まで変わってしまったり……。実際に仕事へも影響が出てしまっているので対処をしたくて。

高橋先生:毎回生理の前に起こっているのなら、排卵後の女性ホルモンの変動が関係しているかもしれませんね。女性ホルモンは、排卵後にすごく変動するため、その変化によっていろいろな体調不良を感じる女性が多いんです。肌荒れもPMSの一つの症状なんですよ。他にもむくみだったり甘いものを食べたくなることも、排卵後の女性ホルモンの変化が原因と言われています。排卵は赤ちゃんをつくためには必要不可欠なものですが、赤ちゃんを産まないのなら必要のない現象なんです。なので、今は妊娠を考えていないのであれば、ピルで排卵を止めることもおすすめですよ。ピルを飲むことで、女性ホルモンの変化がなくなり、肌荒れや生理前のイライラも改善できるはずです。

須田さん:ピルが生理前の肌荒れに良いという話はよく聞きます! でもちょっと怖い印象があります。以前友達が、海へ行くために生理日をずらすピルを飲んだのですが、その後ピルを飲むのを止めたら、ニキビが一気にできてしまっていたんです。それを見てしまったので、ピルは飲んでいる時はいいけど、止めたあと大変なんじゃないかな?と少しネガティブなイメージがついてしまいました。

高橋先生:おそらく、お友達がその時飲まれていたピルは、中用量ピルだと思います。中用量ピルは、お友達のように生理の日をずらしたい時に処方されることが多いピルです。PMSの改善でよく処方をされる低用量ピルとは違い、中用量ピルは女性ホルモンの用量が多いピルなんです。なので、飲み始めた時に気持ち悪くなってしまったり、副作用が出る人も低用量ピルと比べると、比較的多い傾向があります。須田さんのお友達のように、飲むのを止めたあとに症状が出る方は少ないと思いますが、ごく稀にそういった方もいらっしゃいますね。副作用が怖いという方は、毎日飲むタイプの低用量タイプや超低用量タイプがおすすめです。

須田さん:女性ホルモンの用量が副作用にも関係していたんですね。

高橋先生:そうですね。ただ、ピルを止めて何か症状が出た時は、もともとそういう体質だった可能性もあるかなと思います。

須田さん:友達の副作用を聞いたら怖い印象だったのですが、自分にあった用量を選べば、そんなに怖がらなくてもいいんですね。

高橋先生:そうなんです! 生理を調整するという目的でピルを飲む人が多いのですが、その時の印象が悪いと「ピルって具合悪くなっちゃうんだ」って思ってしまうんですよね。生理を調整する低用量ピルは、女性ホルモンの用量が多いのでそういった副作用も出やすいですが、低用量や超低用量は副作用も少ないので、ピルにもたくさんの選択肢があることをもっと知って欲しいなと思いますね。

婦人科の内診、簡単なコツで不安解消!

須田さん:なんとなく「自然に反しているもの」というイメージもあるし、怖かったんですけど、先生のお話を聞けてよかったです!

高橋先生:産婦人科って生理痛や婦人科系の悩みがある人が行くというイメージが強いですが、生理前の肌荒れだけでも受診していいんですよ。肌の悩みだからと皮膚科へ一生懸命通って、生理前のニキビが治らなかった人も、婦人科でピルを処方してもらったら良くなったという人もいるので選択肢として入れてもいいと思います。

須田さん:そうなんだ! でも、産婦人科って行くのがちょっと怖いんですよね……。まだ人生で2回ぐらいしかいったことがなくて。診察中って自分の自由がないのに、恥ずかしいシチュエーションになるし。緊張すると先生も内診が難しくなると思うので、「リラックスしなきゃ!」と思うのですがそれもなかなか難しくて!

高橋先生:緊張状態からリラックスするのって、すごく難しいですよね。婦人科の内診では、子宮を診るために、膣にクスコという金属の器具を入れますが、緊張しているところへ入れてしまうと、膣がギュッと狭くなってしまうので患者さんも痛みを感じてしまうんです。力を抜いてと伝えても、難しいので、私は、逆に力を入れることをおすすめします。

須田さん:え!? 大丈夫なんですか!?

高橋先生:大丈夫です! 簡単なコツがあって……。うんちを出す時のイメージでいきむように下腹部に力をいれると、膣の力は抜けやすいんですよ。これをイメージしてもらうと、内診を受けやすいと思います。反対に、おしっこを我慢するようにキュッとお股に力をいれる時は、膣が締まる筋肉が働くので、力の入れ方には気をつけてください。

須田さん:すごい! 豆知識!

高橋先生:あんなところでリラックスできる人なんていないですよね(笑)。なので、力の入れ方とか入れる部分を調整すると簡単かもしれません。

須田さん:婦人科はあの内診が怖いので、少し前向きになれました!

些細な不安も医師に伝えて大丈夫。口頭で伝えづらい時には問診票に書いても◎

高橋先生:あとは内診の時って、患者と医師の間に目隠しのカーテンがあると思うのですが、それを外してもらうこともできますよ。

須田さん:確かに、先生が見えないのって怖いんですよね! 「いつくるの?」ってずっとドキドキしちゃうんです。

高橋先生:ですよね。私が内診をする際、初めての患者さんには「カーテンは閉めたままでいいですか?」と確認をとっています。やっぱり、どんな形の器具が自分に入ってくるのか、見えた方が安心する方もいらっしゃいますから。お見せすると「意外と思っていたより細いですね。」と安心してくださる方も多いので、須田さんも見えないことで不安が大きくなるのなら「ちょっと不安なのでカーテンを開けておいてもらえますか?」と伝えるといいと思います。

須田さん:なるほど! 今のお話を聞けてよかったです。カーテンを開けてもらう選択肢があることも、知らなかったので! みなさんがどんな風に内診をされているのか知らないからこそ、先生に何かを伝える時も「こんなこと言っていいのかな……」と心配しちゃっていました。

高橋先生:他の方の内診なんて見れませんもんね。

須田さん:多少不調があっても、あの緊張感を味わうと思うと、足が向かないことも多いので、ちょっと気が楽になりました!

高橋:そうですよね。最初に「内診苦手なので、小さい器具でお願いします」と伝えるのものいいと思いますよ。

須田さん:あの器具にサイズがあるんですか?

高橋先生:いろいろあります! 小指ぐらいの3Sサイズから、XXLぐらいまであるんです。患者さんからはサイズの要望の他にも「怖いので、ゆっくりやって欲しい」というお願いがあることもありますよ。産婦人科医は、毎日沢山の患者さんを診ているので、みんなが診察に慣れているだろう、という感覚になってしまう医師もいるんですよね。なので、患者さんからそう言った要望があると、慣れていない患者さんとしてケアもできるので、不安なことは伝えることが大切です。

須田さん:言っていいんですね! 場所がデリケートなだけに、先生たちも淡白に接してくれているんだろうな、と感じるんですが、だからこそ伝えるのを躊躇しちゃうのもあるんですよね。

高橋先生:医師に直接伝えづらい方は、問診票に書いておくのもいいと思いますよ。それから、どうしても内診したくない人は、お腹の上からエコーで検査できる場合もあります。初回は問診だけをして、後日気持ちが落ち着いてから内診ということもできるので、不安は医師と共有するようにしてくださいね。婦人科の診察が怖くて、通院できないのはとてももったいないことなので! 不調や悩みがあれば、気軽に受診してください。ちなみに須田さんは、産婦人科をどのように選んで行かれましたか?

須田さん:近くの産婦人科で、女性の先生ということだけで選びました。選び方もよくわからなくて。女性の先生の方が話しやすいかな? と思って女性の先生を選びました。

高橋先生:確かに、同じ女性だと話しやすい印象を持ちますよね。実際に不調が出てから産婦人科を選ぶと、自分にも余裕がないので迷ってしまうことも多いかと思います。そうならないためにも、子宮癌検診など定期検診の際にいろいろなクリニックを見ておいて、もしもの時に備えておくのもいいと思います。定期検診をきちんと受けておくと婦人科での診療にも慣れると思うので、そう言った意味でも定期検診は大切なんです。

須田さん:婦人科選びの時に、ネットの口コミを参考にするのはどうですか?

高橋先生:友達の口コミとか、あとは事前に電話をしてみて、受付の方の雰囲気を知っておくとか。そういった方法も取り入れるといいかと思います。

須田さん:ネットだけの情報で選ぶのはやっぱり難しいですよね。

高橋先生:医師も人間なので、患者さんとの相性もあると思います。最近はオンライン診療をやっているクリニックも多いので、直接会う前にオンライン診療でご自分との相性を知っておくという方法もありますよ。

須田さん:オンライン診療をやっているクリニックは、柔軟なイメージがありますね。そいう選び方もできるのは、選択の幅が広がって嬉しいです!

次回は須田さんが今気になっているという、女性の妊娠・出産時期について教えていただきます!

須田亜香里氏

200911月にSKE483期生としてメンバーに加入。現在はSKE48チームEリーダーを務める。握手会での神対応が話題で「握手会の女王」とも呼ばれている。 また、持ち前のトーク力でバラエティやワイドショーに出演。その他にもラジオや新聞連載等、SKE48の中心メンバーとして多方面で活躍中。

高橋怜奈氏

東邦大学医療センター大橋病院・産婦人科在籍。医師であり、プロボクサー。産婦人科YouTuberとしても活動。自身のSNSをはじめ、テレビや雑誌などで女性のデリケートな悩みに答える。

YouTube:産婦人科医YouTuber高橋怜奈

美味しく、手軽に、PMSや生理痛を撃退!『ラキャルプフェス』で見つけた“身体が喜ぶ” ナチュラルフード&ドリンク

地球と人間に優しいサスティナブルな未来のためのプロダクトや、ナチュラル&オーガニックなアイテムまで、全70ブランドが一堂に介した『ラキャルプフェス』ことMy Organic Friends Fes by Salon de LA CARPE 20212021年7月、東京・原宿で開催されました。

「ナチュラルでオーガニックなプロダクトを通じて、心豊かで健康的な毎日への手助けができればと考えています。私たち人間は、長い間、自然からの恩恵を受けて生きてきました。だから、ナチュラルなものに触れた時の心地良さは、現代人の私たちでも身体が覚えている気がするんです。

自然のエネルギーを五感で感じることのできるアイテムを日々の生活に上手に取り入れて、女性特有の辛さや不調、心の揺らぎなどをケアして欲しいなと思っています」と話してくださったのは、主催者で株式会社LA CARPE代表の新井ミホさん。

今回は、本サイトの編集部員が『ラキャルプフェス』で見つけた、女性の心と身体に優しい、手軽で便利なフード&ドリンクを紹介します。

女性ホルモンの乱れを改善するジュレ

(左)Dada  BEAU BEAUTY ERXR Fem Gelle ERXR フェム ジュレ 20×30包 ¥13,200(税込)

(右)Dada BEAU BEAUTY ERXR Fem Potion ERXR フェム ポーション 28ml  ¥7,480(税込)

※ともに202199日 一般販売予定

女性ホルモンの乱れによって起こる変化に着目して作られたジュレとポーション。袋からそのまま口にできるゼリーのようなジュレには、女性ホルモン不足にアプローチするイソフラボンやザクロ花エキス、ホルモンバランスを整えるマカエキス、PMSや更年期障害に有効だと言われているチェストベリーなど、女性特有の心身の不調にアプローチするものや、睡眠の質を向上させるサフラン、心の安定に良いとされるレモンバームエキスなど、心の不調にアプローチするものまで、女性に嬉しい成分が多数配合されています。

さらに、ビタミンCが豊富なローズヒップエキスや、身体を温め免疫力を活性化させる生姜エキス、腸内環境を整える乳酸菌などなど……とにかく女性の健康と美容に特化した原材料ばかりで作られたジュレなのです。ブルーベリー果実の甘酸っぱさが広がる味で食べやすく、香料や保存料、甘味料や着色料も使用されていないので安心です。

内側からのアプローチはジュレで、同時に外側からは、ホルモンバランスの乱れから起こる肌のバリア機能低下に着目したポーションでケア。L-22やセラミド、ホホバ種子油などが配合されており、ホルモン変化に負けない美しい肌を目指すことができます。

instagram:@beau_beauty_japan

オンラインショップは99日オープン予定

身体を温める抹茶プロテイン

eume MATCHAI PROTEIN 300g 4,860(税込)

鹿児島県産の有機抹茶と5つの有機スパイス、植物性と動物性のタンパク質を同時に摂れるプロテインパウダーです。不足しがちなタンパク質を補うプロテインだけでなく、茶葉をまるごと粉末にした食物繊維たっぷりの抹茶パワーで腸内環境を整えます。また5つの有機スパイスが身体を芯から温めてくれるので、ホルモンバランスが乱れがちな女性に、ぜひ試して欲しい一品。

オリゴ糖や黒糖の優しい甘さで、美味しさにびっくりするほど。牛乳や豆乳に溶かして飲めば、まるで抹茶ラテのようです。シナモン、カルダモン、生姜、胡椒、クローヴの粉末も入っているので、それらのスパイスがアクセントになって、チャイ好きにもお勧め。

月経痛やPMSなど女性特有の辛い症状には、身体を温めることが重要だと言われています。スパイスの効果で温活をしつつ、抹茶とプロテイン効果でボディメンテナンスもできちゃう一石二鳥のプロテインドリンクを日々のリラックスタイムに取り入れてみては? 

ONLINE STORE:eume ONLINE STORE

コンブチャ腸活PMSPMDDを予防

仙台勝山館 KOMBUCHA  4g×12袋 ¥1,490(税込)

KOMBUCHAコンブチャ)とは紅茶などをベースに酢酸菌や酵母菌から作られた菌株「スコビー」で発酵させた飲料のこと。腸内環境の改善や生活習慣病の予防、免疫力アップなどの効果が期待できるとあって、健康や美容への意識が高い世界中の女性たちから愛飲されています。

日本でもここ数年、ブームとなっているコンブチャですが、自分で作ろうと思うと少々手間がかかるのが難点。「試してみたいけれど、自分で手作りするのも面倒」という人にぴったりなのが、粉末タイプのこちらです。水やお湯に溶かすだけで、あっと言う間にコンブチャを作ることができます。

腸内環境を良好に保つことでPMSPMDD女性ホルモンの変化による不調リスクを減らすことができることは、近年の研究で明らかになってきています(※)。乳酸菌や酢酸菌、酵母、プロバイオティクスなどが配合されているコンブチャで、腸内環境を改善。すっきりとした酸味で癖も少なく、ホットでもアイスでも美味しく飲むことができます。

ONLINE SHOP:仙台勝山館ココイル

忙しい毎日にも続けやすい、手軽で便利なアイテムを上手に選んで、元気な身体とポジティブな心を手に入れましょう。

参照:「大豆イソフラボン活性代謝物エクオール産生能とPMS/PMDDの関係について 日本女性医学学会学術集会にて発表

腸活についてもっと知りたい人はこちらの記事もチェック!

フェムテック tv「腸活はPMS・PMDDの緩和に期待大!

ラキャルプフェスの他の記事もチェック!

フェムテック tv「“最旬”デリケートゾーンケアグッズ多数! 『ラキャルプフェス』で見つけた「ベルサイユのバラ」ソープ、マッサージミルク…お勧めアイテム!

ファムテック tv「脳に直結する「香り」や「光電子繊維」でセルフケア!『ラキャルプフェス』で見つけた“ウェルビーイング”アイテム!

「生理前の肌トラブル」「生理中のお酒」月経にまつわる“ウワサ”の本当!

思春期に始まり50歳前後で閉経を迎えるその日まで毎月のように訪れる月経は、女性の人生のパートナーと言っても過言ではありません。しかし現実には、腹痛や腰痛、眠気や食欲の増加、気分の浮き沈みなど、月経を起因とした女性特有の症状に悩まされている女性も少なくないのです。

そこで今回は、月経前後に女性を悩ませる困り事から、日常生活のなかで起こる身近なものや、ストレスに直結しやすい「肌トラブル」と「飲酒」の2つのトピックスをピックアップ。月経にまつわる悩みの本当のところとその対処法を、管理栄養士で公認スポーツ栄養士の高須希代さんに伺いました。

合わせて前回の記事もチェック!

フェムテック tv:『「朝食」「魚」「発芽玄米」で生理前のイライラ、落ち込み、強い眠気を緩和しよう!

生理前は肌トラブルが起こりやすい?

月経前になると、ニキビや吹き出物ができたり、いつもの化粧品が合わなくなったり……。肌がいつもと違う状態になる、という話はよく聞きますが、はたして本当に月経と関係があるのでしょうか?

「月経前の時期に肌が荒れやすいのは、女性ホルモンの観点からも、たしかに言えることです。女性の体内では、排卵後から月経前にかけて、『エストロゲン(卵胞ホルモン)と『プロゲステロン(黄体ホルモン)』という2つの女性ホルモンが多く分泌されるようになります。これらのホルモンの分泌量が増すと、皮脂の分泌も活発になり、肌がいつもよりも脂っぽくなったり、毛穴が詰まってニキビや吹き出物ができやすくなります」

出典:スマート・ライフ・プロジェクト

何となくそう思っていたというだけではなく、実際に女性の体内ではホルモン分泌の増加に伴う皮脂分泌過多な状態が起こっていたのですね。月経前の肌荒れ防止におすすめの食べ物があれば教えてください。

「皮膚を健康に保つのに良いとされているビタミンB2を多く含む食材を摂取し、肌のターンオーバーを促すことが大切です。ビタミンB2を多く含む食材として、牛乳やヨーグルト、アーモンドなどがあるので、肌トラブルが気になる方は、この時期のおやつにはこれらの食材を摂取してみてはどうでしょう?」

納豆や豆腐、豆乳は一石二鳥!

「また生理前の肌荒れに悩む女性に、私が特におすすめしたいのが大豆製品です。大豆製品はビタミンB2を多く含むだけでなく、ホルモンバランスを整えるのに効果的だと言われているイソフラボンも豊富で一石二鳥。納豆や豆腐、味噌や豆乳などの大豆製品を摂取することを心掛けてみてください」

逆に避けたほうがよい食材はありますか?

「先ほども述べたように、月経前の時期は皮脂の分泌が活発になり、肌が普段より脂っぽくなりがちです。そのため、油の摂りすぎには注意が必要です。

月経前になると、普段よりも甘い物が食べたくなる女性も多いかもしれませんが、チョコレートや菓子パンにはたくさんの油が使われているので避けたほうがよいでしょう。どうしても食べたい場合には、洋菓子よりも、油の比較的少ない和菓子がおすすめですよ」

生理中にお酒を飲んではいけない?

「生理中はお酒を控えたほうがよい」「生理中はいつもより酔いやすい」という話しもよく耳にします。本当のところはどうなのでしょう?

「どちらも本当です。月経中は、経血の排出により体内の血液量が減少するため、いつもと同じ量のお酒を飲んだとしても、体内の血中アルコール濃度が高くなり、酔いやすくなります。

また同じ理由で、月経中はアルコール分解能力も低下しています。完全にお酒を断ったほうが良いとは言いませんが、体調が良いからといって、いつもと同じようにお酒を飲んでしまうようであれば、飲酒を控えたほうがいいかもしれませんね」

「飲酒をすると生理痛がひどくなる」と聞いたこともあるのですが、それはどうでしょう?

「それも本当です。お酒を飲むことで血管が拡張し、子宮内膜が圧迫されるため、月経痛をより強く感じるようになるのです。血管が拡張するということは、月経前の症状として腰痛や頭痛が出やすい人は、それらの症状も強くなるということ。体調が優れない場合には、やはり飲酒は控えたほうがよいでしょう。ただし、体調に問題のない場合にいつもより控えめにアルコールを楽しむ程度であれば問題はないと思いますよ」

おつまみにはチーズやナッツがおすすめ

月経中の飲酒で気を付けるポイントがあれば教えてください。

「どうしても飲みたい時には、ホルモンバランスに悪影響を与える血糖値の急上昇や乱降下を招かない、糖質の少ないお酒がおすすめです。焼酎やウイスキー、ウォッカ、ラム、ジンなどの蒸留酒ですね。

それらを割って飲む場合にも、糖分の少ない烏龍茶や炭酸水を選ぶのが良いでしょう。また身体を冷やすと血行が悪くなり、月経痛が出てしまう可能性もあるので、できれば温かいお茶やお湯割りで飲むほうが身体の負担は軽減されるでしょう」

お酒と一緒に楽しむおつまみは何が良いですか?

「枝豆やチーズ、ナッツや豆腐などは糖質が少ないのでベストです。果物に含まれる果糖にはアルコールの分解を助ける効果もあると言われているので、飲酒後に果物を食べたり、果汁が入った飲み物をお酒と一緒に飲むのもおすすめです。ちなみに、逆に糖質の多いイモ類やパン、パスタやスナック菓子は避けて欲しいですね」

過度な我慢はストレスになり、月経に伴う不快な症状を助長する恐れもあります。上手に食材を選びながら、適度な食事やアルコールを楽しむことを心がけましょう。

高須希代氏

管理栄養士、公認スポーツ栄養士 。東京都内の心療内科クリニックで15年間にわたり食事カウンセリングを行う。5000通り以上の食事記録をもとにアスリートへの食事指導も。現在はフリーランスの栄養士として、スポーツ栄養サポート、各種学校での指導、講演、レシピ開発などに携わる。

夏の蒸れ、ニオイ対策に!デリケートゾーンケアをはじめよう

フェムテックの大きな流れの中で、テクノロジーを用いず、女性の健康課題を解決するフェムケアにも注目が集まっています。その代表が、膣周りをケアすること。デリケートゾーンのケアとも言われていますが、蒸れやすくニオイが気になりがちな夏は特に意識したいところです。

高温多湿でより蒸れやすい状態に

膣周りは、デリケートゾーンと呼ばれているほど繊細な部分。皮膚からさまざまな成分を吸収する比率を表している経皮吸収率から見ても、腕の内側を基準とした場合、デリケートゾーンは約42倍と言われています。デリケートゾーンの経皮吸収率はどのパーツよりも高く、それくらい外側からの刺激を受けやすいということです。

さらに、日本の夏は気温だけではなく、湿度も高いですよね。ということは、いつも以上に蒸れやすい状態になっています。

デリケートゾーンも対策してる?

35度以上の猛暑日、湿度が50%を超える日もありますよね。そんな日は、少し動いただけでも汗をかいてしまい、蒸れや不快感もありますよね。そのため、汗が抑えられるように制汗剤を取り入れたり、汗をかいたときにニオイが気にならないようにデオドラントアイテムを用いたり、蒸れにくいように通気性がいいアンダーウェアを着たりと、何かしらの対策を講じていると思います。

では、デリケートゾーンはどうですか?

外的刺激を受けやすい場所なのに、「何もしていない……」という人もいるかもしれません。顔や身体と同じように、デリケートゾーンにも蒸れやニオイ対策は必要です。

もっとも大切なのは清潔さ

経皮吸収率の高いデリケートゾーンは、デリケートゾーンはニオイやかゆみなどのトラブルが起きやすい箇所です。だからこそ、清潔な状態を保つことが重要になります。

デリケートゾーン専用のアイテムを使う

デリケートゾーン専用のアイテムで洗浄し、保湿する

気になったときに手軽にケアできるデリケートゾーン専用のシートを活用する

ティッシュオフする時はこすらない

通気性のいい下着を身に着ける

これらは日常生活の中で取り入れられるデリケートゾーンのケアです。その中でも、専用アイテムを用いた洗浄、保湿は毎日のケアとしてぜひ、取り入れてみてください。

ステップ1 デリケートゾーン専用のソープで洗う

HOW TO

1 専用のソープを手に取り、しっかり泡立ててから優しく洗う。

2 小陰唇の際や毛の周りも忘れずに、丁寧に洗う。この時、膣内に入ってしまわないように注意してください。

3 泡が残らないようにしっかり洗い流す。

【おすすめ専用ソープ】

保湿成分である乳酸菌(エンテロコッカスフェカリス)が配合されている、ボディウォッシュは、全身にも使えるマルチタイプ。華やかなイヴピアッツエローズの香りがバスタイムを彩る。I’m La Floria デリケートボディウォッシュ 250mL3,740(Mellia/問い合わせ info@mellia.co.jp)

10種の自然由来の成分のみで作られている。きめ細かいマイルドな泡の状態で出てくるため洗いやすい。SAIB ナチュラル・フォーミング・フェミニンウォッシュ 100mL¥3,190(UPPER HOUSE /問い合わせ info@upperhouse.co.jp))

保湿成分を含むグリーンクレイを配合した柔らかい泡で、かゆみやかぶれの原因となるかさつきを予防してくれる。アルジタル デリケートハイジーンソープ250mL 2,860(石澤研究所/お客様窓口  0120-49-1430)

ステップ2 デリケートゾーン専用の保湿をする

HOW TO

ローションやセラムなどの専用保湿アイテムを手に取り、水分と乳化させながらなでるように塗布していく。水分をタオルオフする場合は、こすらずに、タオルに水分を吸い込ませるようにしましょう。

【おすすめ保湿アイテム】

ラクトインテンシブアクティブコンプレックス(ホエイ)を配合したデリケートゾーン用のクリーム。潤いを与えつつバランスを整え、肌をしっとりと保ってくれる。ビオトゥルム フェミニンクリーム 75mL 4,070(コスメキッチン/問い合わせ 03-5774-5565)

ローズプラセンタとローズエッセンスを含む、デリケートゾーン専用の美容液。豊かな香りにも癒される。The LADY.デリケート ローズプラセンタ セラム 30g 4,378(ビープル バイ コスメキッチン/問い合わせ 03-5774-5565)


厳選された8種類のオイルをブレンド。オイルだけど、さらりとしたテクスチャーで取り入れやすい。インティメイト オイル (デリケートゾーン用マッサージオイル)30mL 8,800(Waphyto/問い合わせ info@waphyto.com)

気になる症状に合わせてケアできるアイテム

デリケートゾーン専用のアイテムは、洗浄や保湿だけではなく、気になる症状に合わせて使えるものも展開されています。黒ずみが気になる、かゆみがあるなど、気になることがある場合は、それらのアイテムを用いたケアをおすすめします。

【症状別ケアアイテム】

黒ずみケアができる保湿&美白クリーム。デリケートゾーンをはじめ、ワキや乳首にも使える。アンティーム オーガニックホワイト クリーム 100g 2,860(サンルイ・インターナッショナル/問い合わせ 0120-550-626)

クローブや抗ヒスタミン作用のあるパパイアエキスを配合し、ナプキンや経血などによる刺激で起きたかゆみやかぶれを鎮めてくれる。フェミニン スポット クリーム 15mL 1,980(たかくら新産業/問い合わせ 0120-828-290)

オーガニックコットンに、ローマカミツレ花水やルイボスエキスなどの天然植物成分を含ませたシート。外出先でのケアにぴったり。Pubicare organic フェミニンコットンシート 5枚入り ¥550(たかくら新産業/問い合わせ 0120-828-290)

毎日のケアが蒸れやニオイ対策につながる

気になることがあるからケアをするのではなく、毎日のケアの積み重ねが夏特有の蒸れやニオイ対策にも、さらには、かゆみなどのトラブル予防にもつながります。デリケートゾーンは清潔さを保つことが大切なので、今からケアを始めてみてくださいね。

「I’m La Floria デリケートボディウォッシュ」をプレゼント!

今回ご紹介した「I’m La Floria デリケートボディウォッシュ」を3名様にプレゼント! 下記フォームにアクセスのうえ、ご応募ください。(応募締め切り7月31日)

※応募は締め切らせていただきました。たくさんのご応募ありがとうございました!