VIO脱毛をより手軽に。自宅でできる光美容器を試してみた

フェムテックのムーブメントが起きていることもきっかけとなり、デリケートゾーンのお手入れが浸透してきています。清潔に保つこと、保湿をすることが大切と言われているデリケートゾーンのですが、その方法のひとつにVIO脱毛があります。

VIO脱毛はトラブル回避につながる

デリケートゾーンのお手入れが浸透していく中で、VIO脱毛への関心も高まっています。ただ、デリケートゾーンと呼ばれるほど繊細な場所だからこそ、「脱毛することで刺激を与えることになるのではないか?」と、VIO脱毛に対して気になることもありますよね。

VIO脱毛の大きな目的な、デリケートゾーンを清潔に保つためです。

デリケートゾーンは、皮膚からの吸収を示す経皮吸収が身体のなかでもっとも高いと言われています。腕の内側を1としたときに、デリケートゾーンはその約42倍。それくらい繊細だからこそ、トラブルも起きやすいのです。

そのトラブルの原因のひとつとなっているのが毛です。毛があることで尿や便、経血が残りやすく、蒸れやニオイ、かゆみの要因なってしまいます。そして、そうならないためにしっかり拭き取ろうとして、トイレットペーパーでこするのも要注意です。逆に刺激を与えることになります。

また、清潔さを保つことと合わせて意識したいのが、乾燥を予防すること。顔や身体と同じように、デリケートゾーンも毛がないほうが保湿ケアを行いやすいというメリットがあります。

デリケートゾーンは、清潔さを保ってうるおった状態=トラブルが起こりにくいと言えるかもしれないです。清潔さを保つ選択肢のひとつとして、VIO脱毛があります。

VIO脱毛にも種類がある

一概にVIO脱毛といっても、さまざまな方法があります。それぞれの特徴を知ることで、取り入れやすい方法が見つかるかもしれません。

医療レーザー脱毛

黒、茶色に吸収されるレーザーを皮膚に照射し、毛や毛根、周辺組織にダメージを与えて脱毛する方法です。毛根だけではなく、組織にもダメージを与えることができるため、より効果的に脱毛が行えると言われています。医療行為のため、医療機関のみで受けることができます。5~6回の脱毛回数で約10万が相場になっています。

美容光脱毛(減毛)

美容脱毛は、毛根のメラニン組織に反応する光を照射する施術になります。一般的な美容クリニックやエステサロンでも受けることができるため、医療レーザー脱毛よりは始めやすいと言えるかも。クリニックやサロンによって回数や価格設定に幅があるため、事前リサーチをおすすめします。まずはお試しとして、1回受けてみる場合は、1万円以下で行えるところが多いです。

ワックス脱毛

毛を接着させる性質を持つ脱毛用のワックスを皮膚に塗り、引きはがすことで毛や毛根を取り除く方法です。一時的な脱毛方法なので、医療や美容脱毛を行った後、新たに生えてきた時に取り入れるのもおすすめです。1回の施術は1万円以下で行えるサロンが多いです。ただ、ワックスの中には松やに(レジン)が含まれていることもあり、アレルギー反応には気をつけましょう。

シュガーリング脱毛

要領はワックス脱毛と同じですが、砂糖と水、レモン果汁のみで作られたペーストを用いて行うため、アレルギー反応が出にくい方法と言われています。また、シュガーリング脱毛の選択肢としてはオーガニックタイプもあり、より安心して取り入れることができます。価格帯はブラジリアンワックスと同じくらいで、1回の施術は1万円以下が相場になっています。

コロナ禍でホームケア需要が上昇

VIO脱毛は医療機関や専門サロンで行うほうが安心ではありますが、コロナ禍において、自宅でお手入れができる光美容器への関心が高まっています。最近では、専用のアタッチメントを取り付けることで、顔から身体、VIOにも対応している光美容器が登場しています。そのおかげで、自宅でも安全にサロンクオリティが叶えられるようになってきました。

レイボーテ ヴィーナス ¥99,000(ヤーマン TEL.0120-776-282)

自宅でお手入れができるとなると、VIO脱毛がより身近に感じられますし、「サロンで施術をしてもらうのは抵抗がある」「恥ずかしい」という人にもおすすめです。

自宅でのお手入れは事前準備も忘れずに

自宅で光美容器を使う際は、あらかじめ毛がない状態にしておくのがベター。そんな時に活躍するのが、VIO専用のシェーバーです。

VIOフェリエ ES-WV60 ※オープン価格(パナソニック)

一般的なカミソリとは刃の部分が異なるため、VIOのしっかした毛質にも対応したパワフルさはありながらも、刃先は丸みを帯びているため皮膚を傷つけにくい設計になっています。

光美容器の使用感をレポート

実際に、自宅でムダ毛のお手入れができる光美容器を使ってみました。使ってみたのは、新たにIゾーン用のアタッチメントが追加された、パナソニックの光美容器です。

光美容器 光エステ ボディ&フェイス用 ES-WP97 ※オープン価格(パナソニック)

まず、毛が伸びている場合はVIO専用のカミソリ、もしくはシェーバーを用いてできる限り短い状態にするのがベターです。毛が伸びているとヤケドの原因になることもあるため、きちんと丁寧に処理をすることが大切です。特にIゾーンは、鏡に映すなどして、きちんと見える状態で行いましょう。

「光美容器 光エステ」は、電源を入れて照射レベル(1~5)を選択するだけ。そのまま肌に当てると反応するため、想像よりは手軽に操作できました。使うときのポイントは、垂直に当てること。

ヘッド部分が感知してグリーンに光ると照射されます。そして、オレンジ色の光が出てくるので、直接見るのは避けましょう。

Iエリアに照射してみたところ、じわ~と熱が伝わってくる感じはあるものの「痛い!」と思うほどではありませんでした。痛みの感じ方は個人差があると思いますので、いきなりデリケートゾーンに挑戦するのではなく、腕や脚などの他のパーツで試してみてからがいいと思います。レベル1から始めてだんだん慣れてきたら、レベルアップを。

1回の手入れでは変化を実感しにくいと思います。継続することで「生えてくるスピードがゆっくりになった」「毛が細くなったような……」と、変化がみられるようになりますので、一定期間取り入れるのをおすすめします。

アタッチメントの付け替えは、パズルのように形に合わせてはめ込むだけで、簡単に行えます。ストレスなく使えると、続けやすくなりますよね。

VIOのお手入れに対するハードルが低くなる

医療レーザー脱毛や美容光脱毛など、医療機関、サロンでの施術を経験したことがある人はもちろんですが、これからVIOのお手入れを行う人にとっても、自宅で行える光美容器は手軽だと思います。デリケートゾーンを清潔に保つためにも、自宅でVIOをお手入れするという選択が増えるのはうれしいですね。

 

 

“最旬”デリケートゾーンケアグッズ多数! 『ラキャルプフェス』で見つけた「ベルサイユのバラ」ソープ、マッサージミルク…お勧めアイテム!

ナチュラル&オーガニックのコスメからフードまで、全70ブランドが一堂に介した『ラキャルプフェス』ことMy Organic Friends Fes by Salon de LA CARPE 20212021年7月、東京・原宿で開催されました。4回目となる今回のテーマは「Smile –笑顔」。

「ナチュラルでオーガニックなプロダクトを日常に取り入れることで、リラックス効果が得られたり、素の自分を見いだすことができたり……。それがたくさんの人の笑顔につながったらステキだなと思って、今年のテーマにしました」と話してくださったのは、主催者で株式会社LA CARPE代表の新井ミホさん。

今回は、注目のアイテムが勢ぞろいした今年の『ラキャルプフェス』の中でも、特に今、多くの女性たちの関心を集めているデリケートゾーンケアグッズを紹介します。

「デリケートゾーンケアと聞いても、まだまだピンとこない女性や、興味はあっても何から始めればいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そんな人には、まずは専用ソープやコットンシートをお勧めしています。

日本の女性は謙虚で優しいので、自分の不調で周りに迷惑をかけまいと我慢したり、空いた時間も他のことを優先してしまい、自分のケアを後回しにしがちです。だからこそ、デリケートゾーンに関する悩みは深く、多くの方が、それぞれ人には言えない悩みを抱えているのです。デリケートゾーンのケアは、女性の大切な部位を清潔に保ち、不快感を軽減させる効果だけでなく、月経不順や女性ホルモンのケア、さらには女性が自分らしく生きることへも繋がる気がするのです」(新井さん)

そんな新井さん一押しのプロダクトがこちら!

専門サロン発のオーガニックシート&ミルク

ピュビケア オーガニック フェミニンコットンシート(無香料/クールミント 各5枚入り)¥550、(20枚入り)¥1,650(税込)

ピュビケア オーガニック フェミニンマッサージミルク 125mL ¥2,530(税込)

「『ピュビケア オーガニック』は、デリケートゾーンケア専門サロンから生まれた国産オーガニックスキンケアブランドです。日本では、その分野の先駆けのような専門サロンだからこそ、お客様のたくさんの悩みを聞き、それを解決したいという思いから誕生した便利なプロダクトがそろっています。また、女性にとって大切なデリケートゾーンを、自分でもっともっと慈しみましょう、というメッセージにも共感できます」(新井さん)

コットンシートは、デリケートゾーンのpH値に合わせた弱酸性のウェットシート。柔らかなオーガニックコットンに天然植物成分がたっぷり含まれているので、ムレや汚れが気になったときに繊細なデリケートゾーンを優しく拭き取ることができます。個包装タイプなので、外出先でのケアにもお勧めです。

マッサージミルクは、ビタミンやミネラルをたっぷり含んだハチミツエキス配合。500円玉大を手に取り、マッサージするように優しくなじませることで、デリケートゾーンの黒ずみやかゆみ、トラブルの原因となる乾燥を予防してくれます。

ピュビケアオーガニック公式HP

植物と科学の融合から生まれたセラム&ウォッシュ

(右)The LADY. デリケート ローズプラセンタセラム 30g ¥4,380(税込)

(左)The LADY. デリケート ローズプラセンタウォッシュ 150g ¥2,750(税込)

「女性が一生涯を共にする女性ホルモンにフォーカスし、毎日を元気に美しく生きていくためのプロダクトを手掛けるThe LADY. 』。こちらのデリケートゾーンケアグッズは、植物と科学の融合により、1人でも多くの女性が笑顔で過ごせるように、そして、母から子へとデリケートゾーンケアが語り継がれる日本になることへの願いが込められているのです。

パリのベルサイユ宮殿にある王様のキッチンガーデンで育てられた、特別な有機栽培ローズのエキスを贅沢に使用したプロダクトがそろい、香りやテクスチャーも楽しむことができます」(新井さん)

有機農法で育てられた「ベルサイユ宮殿のバラ」から作られた発酵ローズエッセンスと、ローズプラセンタだけで作られた贅沢なセラムは、 1日に数回、23プッシュを直接吹きつけることで、デリケートゾーンに最適なヴァージナルフローラ(常在菌)が保湿とハリを与え、不快感を軽減。

同じく「ベルサイユのバラ」のエッセンスが配合されたソープは、デリケートゾーンに最も最適だと言われるpH値4の弱酸性ソープです。他の部位とは異なるフローラ(常在菌)バランスを保っている繊細な皮膚構造を崩すことなく、優しく洗いあげることが可能です。

The LADY. オンラインショップ

デリケートゾーンケアに対して「興味はあるけど、何となく敷居を高く感じている」という女性は、まずは「デザインがかわいいな」「なんだかすっきりしそう」と思えるプロダクトを手に取ってみるところから入ってみるのもいいのではないでしょうか?

次回は『ラキャルプフェス』で見つけた、女性の心と身体に嬉しい「セルフケアアイテム」を紹介します!

デリケートゾーンケアするのも歯磨きするのも同じ感覚に!『I’m La Floria(アイム ラフロリア)』ポップアップショップに突撃取材!

「デリケートゾーンのケア」と聞いて、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?
「そもそもデリケートゾーンのケアって?必要なの?」「恥ずかしい」
「何かしたいけど、どうやっていいかわからない」
というどれかに当てはまることがほとんどなのでは?

化粧品には誰よりもこだわっている私、マキネルチャンソンも、実は今まで特別、デリケートゾーンのケアをしていませんでした。でもよく考えたら、顔と同じくらい敏感な皮膚の部分。あれ?逆にどうして今までしていなかったの?


そんな興味津々な私が今回突撃訪問したのは、先日まで渋谷PARCOで期間限定ポップアップショップを開催していたデリケートゾーンケアブランド『I’m La Floria(アイム ラフロリア)』さん。今回、アイム ラフロリアのPR小池さんとポップアップショップ責任者の松尾さんに特別にお話をうかがえるということで、気になることをお聞きしてきました!

フレグランスのポップアップ!? と勘違いするほどのいい香り

アイム ラフロリアのショップに入ってまず感じたのは「なんだこのいい香り~!」ということ。それもそのはず、この香りもこのブランドの大きな特徴の一つ。

「このイヴピアッツエローズの香りはブランドの大きなこだわりです。使うたびにこの香りに癒され、気分をあげることがデリケートゾーンケアが義務ではなく楽しみなひとときになって、毎日の習慣につながると私たちは考えていてます」(小池さん)

確かに、この香りなら毎日のケア後も、いい気分で過ごせそう。

小池さん「デリケートゾーンのケアというと、日本ではまだまだ一般的ではないのが現状。心と体はつながっていて、いい香りに包まれながら自分のために大切な部分をケアする時間を作ることで、心を豊かに、さらに自分を愛して自信を持ってほしいというのがブランドコンセプトでもあります。女性だけでなく、男性にもこの香りは好評ですよ!」(小池さん)

実際に、脱毛した後の男性が購入することもあるそう。パートナーと一緒にこんないい香りに包まれたら、特別幸せな時間を過ごせる気がします!

優しく洗った後は保湿!さっと拭き取れるシートまで!

デリケートゾーンケアを習慣化してほしいという思いから、全ての商品がデリケートゾーンだけでなく全身に使用可能。それぞれ単品使いも可能ですが、できればライン使いがオススメとのこと。

確かに、ボディとデリケートゾーン、それぞれで使い分けるとなると、面倒くさくなってしまいそうだけど、全身を一緒に使えるなら、毎日続きそうですよね!

その他にも、弱酸性のボディウォッシュで洗った後の保湿には、乳酸菌配合のブライトニングセラムを。潤いをキープするには、クリームがおすすめ。そして人気製品の、気になる時に簡単ケアできる「フレッシュクリアシート」。こちらは、デリケートゾーンをさっと拭き取れるシートタイプのケア製品で、個包装なので持ち運びにも嬉しい!もちろん、着色料や鉱物油、アルコールフリーでデリケートな肌にも安心。生理中の不快感を感じる時や気になる時や、デート前など、ちょっとした活躍のシーンがたくさんありそう!

実際に香りを体験して話を聞くことで、考えるきっかけになってほしい

普段はリアル店舗を構えず、EC展開のみのアイム ラフロリア。ポップアップショップをやることに関して質問してみました。

「今まで様々なところでポップアップショップをやってみて感じることは、意外にも若い方ほどデリケートゾーンに関してまだまだオープンではないということ。こういうポップアップなどのリアルな場を設け、直接お話しすることで、デリケートゾーンの悩みや疑問を話すきっかけになっているようです。そしてこの場で実際に香りを体験してもらったり商品を知ってもらったりすることで、デリケートゾーンのケアが必要なんだという意識を持っていただけるように、今後も啓蒙の一つとしてもポップアップショップは続けていきたい活動です。製品を売るだけではなく、女性ならではの問題についていつでも話しやすい環境づくりを行っていくことが、私たちの課題の一つだと思っています」(松尾さん)

今回ポップアップショップにお邪魔してお話を聞き、なるほど!と一番思ったのは、ブランドを立ち上げた経緯をお聞きした時の、この言葉。

「歯磨きのように習慣になるデリケートゾーンケアブランドにしたい」

実際、欧米では母から子供にデリケートゾーンのケア方法を教えることが一般的な習慣とのこと。日本でも「顔を洗って化粧水を塗る」「歯磨きをする」その当たり前の感覚で、デリケートゾーンケアが習慣になる日も近いかもしれません。

どうせケアを始めるなら、いい香りに包まれながら自分のテンションの上がる時間にしたいですよね。私も今日から自分が高まるケア時間を作って、自分自身と向き合ってみようと思います!

また、2021年7月22日(木)〜8月1日(日)まで、池袋PARCOでもポップアップショップを開催予定なので、ぜひチェックしてみてください!

詳細は「I’m La Floria(アイム ラフロリア)」まで