セクシュアルウェルネスを支える、注目プレジャーテック

フェムテックの広がりとともに、セクシュアルウェルネス=性の健康について触れる機会も増えてきました。これまではタブー視されていた背景もありますが、最近ではさまざまなアイテムも登場し、女性のセクシャルウェルネスがひとつの価値観として確立されてきています。

安全なセクシャル体験が前提

セクシュアルウェルネスへの関心が高まっている背景には、テレビやSNSで生理やセクシャルについて取り上げられる機会が増えていること、吸水ショーツなどのアイテムの誕生によってフェムテック市場全体が盛り上がっていることが考えられます。

セクシャルウェルネスとは、WHO(世界保健機関)によると、“セクシャリティに対して身体的、感情的、精神的、社会的にも健康な状態であること”と記されています。つまり、セクシャルに関する健康には、喜びを感じるセクシャル体験も含まれるということです。セルフプレジャーによって快感を得ることや膣トレなどのケアも恥ずかしいこと、隠すべきことではなく、必要なことだと捉えられます。

ただし、心も身体も喜びを感じるセクシャル体験は、パートナーと行うときでも、セルフであっても、安全であることが大前提です。そこで、アイテムを通して、セクシュアルウェルネスについての意識を高めてきましょう。

パートナーと安全に楽しむためのアイテム

パートナーと一緒に安全なセクシャル体験を楽しむことを考えた時、避妊については避けられません。その代表的なアイテムとなるのがコンドームだと思います。これまでは、どこか男性が用意するものというイメージが強かったようにも思いますが、自分の身体は自分で守るという点では、女性が用意しておくとより安心しますよね。ただ、レジに持っていくのが恥ずかしかったり、いかにもというパッケージだったりして、なかなか買いにくいアイテムではあります。

韓国発のインティメイトコスメティックブランド「SAIB(セイブ)」は、日本では、デリケートゾーンウォッシュが展開されていますが、実はコンドームから始まったブランドです。

写真右側がコンドーム※日本では来年以降の発売を予定しています(SAIB

一見コンドームに見えないパッケージにこだわり、コスメを買う感覚で女性が手に取りやすいようにデザインされています。その背景には、買いにくさを解消するとともに、社会に長年根付いてきた偏見に立ち向かい、女性が自分自身を保護する、健康を守ってほしいという想いがあるから。自分自身でコンドームを持っておくことは、安心安全にセクシャル体験を楽しみたいという意思表示にもつながっていくと思います。

また、動物性素材を使用しないヴィーガンタイプのコンドームでもあります。SAIBを筆頭に、さまざまなメーカーからも登場しています。より自分の考えや志向に合わせて、コンドームの選択肢も広がってきています。

悩みを解消するアイテムを知る

痛みや潤い不足など、セクシャル体験にまつわる悩みを解消するアイテムを知っておくと、より一層安心できますよね。そのひとつにローションがあります。

bda ORGANIC オーガニック ジェリーローション ソフト ユズ&グリーンティ(200mL)¥2,640(スパイス・アンリミテッド/お問い合わせ 0120-828-290)

十分に潤っていないまま行うと性交痛につながるだけでなく、傷ができることもあり、それが感染症へのリスクを引き上げることにもなりかねません。痛みや感染症への不安を和らげることは、安全なセクシャル体験にはとても大切なこと。

そして、膣周りなどのデリケートな部位に用いるアイテムでもあるので、原材料を意識して選ぶのもおすすめ。口に入っても問題ない食品グレードのオーガニックタイプは心強い存在です。

セルフプレジャーのアイテムは幅広い

セクシャル体験は、セルフで楽しむ方法もあります。それがセルフプレジャーです。

セルフプレジャーにはどこか恥ずかしさがあったりしますが、自分の身体と向き合い、より深く知っていくことにもつながるため、大切なセクシャルウェルネスのひとつです。ただ、女性同士でもなかなか話題にしくいことでもあるため、まだまだ知らないことは多いかもしれません。でも、実はフェムテック市場の拡大とともに、女性視線のアイテムがいろいろと登場してきています。

セルフプレジャーアイテムは、コンドームと同様に買いにくさがあったように思いますが、これまでのイメージが変わるデザイン性の高いものが増えています。その一部をご紹介します。

iroha stick¥1,320(TENGA

リップスティックのようなコンパクトなデザインの振動型タイプは、セルフプレジャーをもっと身近に感じられるアイテム。下部をひねることで振動が起きる簡単操作なので、はじめてのセルフプレジャーアイテムとして取り入れやすいです。

また、セルフプレジャーアイテムではありつつも、バスライトの機能を持ったタイプもあります。

iroha ukidama¥5,830(TENGA

柔らかい光のライトは1日の疲れを癒すためのバスタイムの演出にもなり、振動機能によるマッサージで疲れた身体をほぐすこともできます。快感を得る目的にこだわらず、心地よくまどろみたい時にも有効的なアイテムです。

また、挿入タイプも手に取りやすいデザインが増えています。

iroha FIT ¥10,890(TENGA

優しい肌触りとしなやかな使い心地といった機能面はもちろんのこと、パステルカラーの淡い色合いは、インテリア雑貨のような雰囲気があり、プレジャーテックがより身近に感じますよね。

心と身体とセクシャル体験

セクシュアルウェルネスにおいて、心と身体と同じようにセクシャル体験について考えるのは当たり前のこと。性欲を感じるのはノーマルな反応で、セルフプレジャーを楽しむことは自分自身の身体について知ることにもつながります。知らなかったことを知り、誤解していたことを解消しながら、自分のセクシュアルウェルネスについて向き合う機会を作ってみてくださいね。

【フェムテック tvアンケート】女性300名に調査!セルフプレジャー、膣トレ、膣ケアについて

女性の健康課題をテクノロジーで解決していくアイテムやサービスのことを指しているフェムテック。その流れが拡大していくとともに、セクシュアルウェルネス(性の健康)、セルフプレジャーなど、セクシャルにまつわる取り組みも活発化しています。そこで、「フェムテック tv」では、20~30代の女性300名を対象に、セクシャルにまつわる調査を行いました。

まだなじみが薄いことが判明!

Q.セルフプレジャーという言葉を知っていますか?

セルフプレジャーは比較的新しい言葉ともいえるので、まだまだ知られていないようです。もしかしたら、ひとりエッチ、マスターベーションといった言葉のほうがピンッとくるのかもしれません。

Q.「はい」と答えた方は、どこで知りましたか?

1位 ネットの広告、ニュース 70.5%

2位 SNS(主にTwitter) 17.6%

3位 新聞、テレビ、ラジオ 11.7%

ネットの広告やニュースという回答が圧倒的!この結果は、セルフプレジャーについて取り扱うメディアが増えたことが予想されます。これまではタブー視されていたことを考えると進歩していると言えるかも。

セルフプレジャーは、セクシュアルウェルネスを考えるうえで大切なキーワードです。

セクシュアルウェルネスとは、 “セクシャリティに対して身体的、感情的、精神的、社会的にも健康な状態であること”と、WHO(世界保健機関)によって定義づけられています。これは、喜びを感じるセクシャル体験も含まれています。

セルフプレジャーについてリサーチする、体験することは、当たり前だと認識することが、セクシュアルウェルネスへの意識を深めることになります。

徐々に普及しつつある膣トレ

Q.膣トレを知っていますか?

膣トレは、まさにフェムテックの代表格。フェムテックと一緒に広まっている印象があるため、ムーブメントの広がりが約4割の女性に知ってもらうことにつながったと考えられます。

Q.「はい」と答えた方は、どこで知りましたか?

1位 ネットの広告、ニュース 48.9%

2位 テレビ、雑誌、本 35.7%

3位 SNS、アプリ 10.2%

メディアを通して知ったという人が多いようです。少数派ではあるものの、中には職場や病院といった場所で、そして家族から教えてもらったという人もいます。それは、メディアやSNSに限定されず、膣トレについて知れる機会が増えてきているということ。トレーニングジムで知ったという回答は膣トレならではかもしれません。

膣ケア=デリケートゾーンのケア

テクノロジーを用いていないアイテムやサービスのことはフェムケアと呼ばれています。その代名詞ともいえるのが膣ケアです。

Q.膣ケアを知っていますか?

以前に比べると、メディアで取り上げられる機会が増えたこともあり、膣トレと同じくらいの認知度があるように感じていましたが、11.0%は予想よりも少ない印象です。

Q.「はい」と答えた方は、どこで知りましたか?

1位 ネットの広告、ニュース 58.6%

2位 テレビ、雑誌、本 27.5%

3位 SNS(TwitterまたはInstagram) 10.3%

やはりメディアを通して知った人が多いようです。ただ、メディアでは、デリケートゾーンのケアという言葉で取り上げられることもあるため、デリケートゾーンのケア=膣ケアだと認識されていない可能性も。もしかしたら、デリケートゾーンのケアを含めると、先ほどの11.0%という数字はもっと高くなることが考えられます。

健康維持のサポーター的役割

今回のアンケート調査では、セルフプレジャー、膣トレ、膣ケア、いずれもまだまだ認知が低いことがわかりました。ただ、セクシュアルウェルネスも含め、自分の心と身体の健康を考えた時、セルフプレジャー、膣トレ、膣ケアすべてがサポーターのような役割になってくれます。まだ知らないという人は、リサーチすることから始めてみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「フェムテック tvアンケート 2021」
・調査エリア:全国
・調査母数:20代〜40代の男女300名
・調査期間:2021年5月4日~5月17日
・調査方法:インターネットリサーチ
・調査主体:フェムテック tv
・調査機関:SHINOBIアンケート
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「自分の身体に起きていることを知る」。伊勢丹新宿店フェムテックイベント第二弾を通じて植物療法士・森田敦子さんが伝えたいこと

20213月に伊勢丹新宿店で開催された「センシュアル・ライフ~わたしと向き合い、あなたとつながるフェムテック~」。伊勢丹新宿店のグランドフロアでの展開ということもあり、話題を呼びました。その結果、イベント開催も含め、女性とからだに対しての取り組みが評価され、三越伊勢丹ホールディングスが「NIPPON女性からだ会議®2021」大企業部門にノミネート。

高く評価された第一弾をブラッシュアップし、「センシュアル・ライフ2」の開催が決定(8/3まで開催中)。今回もキュレーションを務めるのは、日本でのフェムテックの流れを作ったパイオニア的存在である、植物療法士の森田敦子さん。今回のイベント会場となる、伊勢丹新宿店 本館3階 ザ・ステージ#3にてお話を伺いました。

もっと深いところで悩んでいる人が多い

「第一弾が始まる前は、伊勢丹として初めての試み、さらには、たくさんのお客様が行きかう1階のグランドフロアで開催するとあって、さまざまな意見が出ました。私自身もドキドキしましたが、いざ始まってみると、想像以上の反響がありました。

3週間のイベント開催期間の中で4日間だけカウンセリングを行い、16人ずつ、ひとり15分という限られた枠ではありましたが、たくさんのご応募があり、私たちもびっくりしました」

ー第一弾への反響が大きかったからこそ、第二弾の開催につながったと想像しますが、実際にはどんな反応があったのでしょうか。

「伊勢丹の担当者さんに、問題やクレームはありませんでしたか?と伺いました。もしかしたら私に言わないだけで、本当はあったのかもしれませんが、クレームなどはなかったとおしゃっていました。今後、フェムテック産業はさらに伸びると言われていますが、そういったビジネス的なことではなく、これからがもっと大切だね。だからこそ丁寧な啓蒙は大事だとおっしゃっていただき、うれしかったです。

私自身の感想としては、カウンセリングを通して、膣周りが乾燥している、むれるといった悩みだけではなく、もっともっと深いところで悩んでいる方が多かった印象があります」

わたしを一番に愛することがテーマ

「男の人はセックスと仕事は家庭に持ち込まないという言葉が昔あったように、ある程度の年齢になると女は終わりでしょ、といったおかしな風潮があって。何のために美魔女という言葉を作らなくてはいけなかったのか、なぜ年齢を重ねること、センシュアルな喜びを隠さなければいけなかったのか。

第一弾を通して、私自身も感じることがたくさんありました。そして、イベントに来てくださったお客様も知識として得ること、自分自身のことを知ることが大事だと気付き始めた、そういう流れも感じました。だからこそ、女性の健康課題をテクノロジーで解決するフェムテックを取り入れれば、生活の質があがるだけではなく、なぜ膣は乾くのだろう、クリトリスってなんだろう、性欲ってなんだろう、と自分の身体の仕組みを理解し、自分の身体に起きていることを知ることが重要なんだと感じます」

ーそんな想いから、第二弾のテーマは【わたしを一番に愛すること】になったのですね。

自分の身体と向き合えるアイテムをラインアップ

今回の「センシュアル・ライフ2」では、【内側のわたし】を磨く、デリケートゾーンのケアを筆頭に、【外側のわたし】を美しくサポートしてくれるランジェリーなど、森田さん自身がキュレーションしたアイテムに触れることができます。

Curving Line Bra9,240Curving Line Shorts2,640

イベント初日から反響があったのは、女優・長谷川京子さんがプロデュースしているランジェリー「ESS BY(エス バイ)」。ブランドが持つ、【肌と密に触れる下着からこだわることで、女性が自由に自分を愛せるようになるきっかけになれば】という想いは、まさに「センシュアル・ライフ2」が掲げるテーマを体現しています。

(左から)DRIFT 15,400 SWAY 23,320 TILT 22,000

第一弾のイベント時でも話題となった、アメリカ発のプレジャーテックブランド「Lora DiCarlo(ローラディカルロ)」。今回は人工工学に基づいてデザインされた、日本初上陸の3点が展開されています。

(写真右)プレミアムエコ ¥27,500

そして、地球環境を考えたサステナブルなプレジャートイも登場しています。吸引トイブランド「Womanizer(ウーマナイザー)」の「プレミアムエコ」は、再生可能プラスチックを使用、不要になったらコンポストして土に還ります。

さらには、第一弾では完売するほど反響が大きかった膣トレアイテム、オーガニックコットン製の吸水ショーツなども並びます。実際にアイテムを見て、触れることが、自分の身体と向き合うきっかけになることもありますよね。ぜひ、気になるアイテムに触れに行ってみてください。

情報に惑わされず自分に軸を持つ

フェムテックの流れが広がる中で、メディアやSNSでさまざまな情報を目にする機会が増えました。産婦人科医の方々の中でも、発言している内容が異なることも。そんな時、何を基準に参考にするのがいいのかを、森田さんに教えてもらいました。

「日本にはまだ、フェムテックやセンシュアルに関してのスタンダードがない状況だと思います。基準となるものがないからこそ、さまざまな意見が出てくることは当然。私も仏の性科学の教授及び婦人科医の教授に日本に来ていただき、日本の婦人科の先生方と意見交換をしました。その場でもいろいろな見解が出てきて、中には異なる意見もありました。でも、最終的には、話ができてよかったと言ってもらえました。

専門家同士でも考えの違いがありますし、私が話していることがすべてというわけではありません。大切なのは、自分自身がどう感じるか。膣のことも、セックスのことも、すべては自分のことですよね。興味を持つことは恥ずかしいことではなく、罪悪感を抱くようなことでもありません。

必要な時に専門医に頼ることはもちろんですが、あの人が言っているからと他人本にならず、自分自身の身体を見て、感じて、知ること。まずはそこから始めてみてください」

センシュアル・ライフ2

会期:728日(水)~83日(火)

会場:伊勢丹新宿店 本館3階 ザ・ステージ#3

森田敦子氏

株式会社サンルイ・インターナッショナル代表。フランス国立パリ13大学で植物薬理学を本格的に学び、帰国後、植物研究に基づいた知見を社会に提供するため、デリケートゾーン&パーツケアブランド「アンティーム オーガニック」の処方・ 開発や、「ルボア フィトテラピースクール」を主宰。2020年、女性の一生をサポートするトータルライフケアブランド 「Waphyto」を立ち上げる。私生活でも42歳で自然妊娠・出産。著書多数。

オーガズムはどうやって起きている? 知ってるようで知らないその仕組み

フェムテックの大きなムーブメントの根底にあるのは、自分自身を知る、自分の身体を知ること。そのためにも自分の中で起こる欲求に耳を傾けることが大切です。とはいえ、性的欲求や快感については知らないことも多いのではないでしょうか。そこで、国家資格を保有する鍼灸師であると同時に膣サロンを設立し、啓もう活動を行っている栗本夏帆先生に教えていただきました。

女性には快感を得るための臓器がある

人間には三大欲求と言われる、食欲、睡眠欲、性欲があります。その中でも性欲は秘め事として扱われてしまうことが多いため、知らないこと、悩みや不安を解決する術がわからないという人もいるのではないでしょうか。

性欲は、食欲や睡眠欲と同じように身体が示す正常な生殖反応です。個人差はあるものの、3歳くらいから性欲を意識し始め、身体が徐々にその感覚を学んでいると言われています。そこから年齢を重ねるとともにマスターベーションを知り、初潮を迎え、排卵前には性欲を実感するようになっていきます。

しかも、女性にはクリトリスと言う、快感を得るためだけの臓器も存在するくらい、感じることはノーマルな反応なのです。

オーガズムって何?

性的行為の中で起こる快感のことをオーガズムと言い、812回ほど起こる筋の収縮のことです。女性はクリトリスで快感を得ると骨盤で収縮が起きて、膣や肛門で、男性は肛門だけで感知されて脳に伝わります。そして、脳で指令が出されることで身体全体が心地いい状態に包まれます。

その感覚は尿を出す時の気持ちよさに似ていると言われており、それは骨盤で起こる収縮が尿を出す原理と同じだからです。

オーガズムを感じるまでの時間は、男性は1012分、女性は1618分と言われていますが、必ずしも得られるわけではありません。それは、たとえ身体的に刺激を受けても、脳にその刺激と感覚が伝わらなければオーガズムを得ることができないからです。

オーガズムを得るには身体を知ることから

つまりオーガズムを得るには、身体と脳の両方に刺激と快感が伝わる必要があります。それは、自分の身体のどこを触ると気持ちいいと感じるか、どういう雰囲気の中で行うとリラックスできるのかなど、心身ともに心地いい状態を探っていくことが大切です。

そのひとつにマスターベーションがあります。マスターベーションに抵抗がある、後ろめたい気持ちになってしまうという人もいると思いますが、自分の身体や脳を心地いい状態へ導く行為と思えば、少し気楽に感じられますよね。

オーガズムを得ると、オキシトシン、いわゆる幸せホルモンが分泌されるので、心身ともにリラックスすることができます。そうするといい睡眠にもつながり、よく眠れると日中も健やかに過ごせるため、幸せの連鎖が起きます。

さらに、自分の気持ちいい場所、心地いい状態を知っておくと、パートナーにも共有でき、いい関係性が築けるきっかけにもなります。パートナーとお互いどこが気持ちいいか話せる、探れる関係性が築けると素敵ですよね。

オーガズムにこだわらないで!

オーガズムの仕組みを知っておくとその状態を作りやすいという利点もあります。逆に知らないと、たとえオーガズムを迎えたとしても、「これがオーガズムなんだ」と認識することができず、さらに、理解不能なその状態に焦ってしまうかもしれません。

ただし、オーガズムを得ることにこだわらないでください。性的行為をするたびにオーガズムが得られるわけではありませんし、得られることが正解でもありません。「気持ちいいな~」「心地いいな~」という状態で満たされる人もいれば、パートナーとスキンシップをとるだけで幸せだと感じる人もいます。

自分とパートナーの感覚にフォーカス

また、アダルト関連の映像など、世の中にはさまざまな情報がありますが、ある種の演出が入っていることもありますし、そのすべてが正しい知識というわけではありません。オーガズムにまつわる間違った情報に惑わされることなく、自分自身の感覚やパートナーとのコミュニケーションを意識しながら、ふたりが心地いいと感じる状態を大切にしてください。

栗本夏帆氏

グラン治療院の統括院長。国家資格を保有する鍼灸師として活動しながら、「一般社団法人 日本温活協会」の温活士としても活躍。女性限定の膣サロンを立ち上げるなど、勉強会や啓もう活動にも励んでいる。https://biyoshinkyu.net/

快感を得るための臓器、クリトリスについて知ろう

心臓、肺、胃、大腸など、身体にはいろいろな臓器があります。実はクリトリスも臓器のひとつであることを知っていましたか?当たり前のように身体にあるけれど、意外と知られていないクリトリスの知識をインプットしましょう。

快感を得るための役割

臓器ひとつひとつにはそれぞれ役割があります。例えば、心臓。筋肉でできており、伸縮を繰り返すことで身体中に血液を送り出しています。そして肺には、キレイな血液を作るための空気清浄機のような役割があります。

もちろん臓器であるクリトリスにも役割があります。それは、快感を得る、オーガズムを得ることです。「それだけ?」と不思議に思うかもしれませんが、「クリトリスは本当に快感を得るためだけの臓器なのです」と教えてくれたのは、国家資格を保有する鍼灸師であると同時に膣サロンを設立し、啓もう活動を行っている栗本夏帆先生。

クリトリスの構造を学ぶ

1.陰核亀頭

先端部分がとがったような形状をしており、クリトリスの一部として目視できる部分。

2.陰核海綿体

スポンジ状の勃起性組織で、ほとんどが血液で占められている。その先端は陰核脚と呼ばれる。

3.前庭球

左右にある扁平な棒状になっている海綿体。性的興奮によって膨張し、後部にある大前庭腺を圧迫して分泌物を排出させる。

4.尿道口

尿が出てくる場所。

5.膣口

膣の開口部。

「クリトリスは、外側に出ている陰核亀頭(イラスト1)と呼ばれる部分だけと思っている人もいいですが、それはほんの一部です。目視することができる陰核亀頭は個人差があるものの57mmほどで、ほとんどが目で見ることはできない内側にあります。全貌はイラストのようなフォルムをしていて、こちらも個人差はあるものの全体サイズは912cmほどあり、そのすべてで快感を得ています」

快感スポットは隠れている?

「女性の快感スポットとしてGスポットというワードがありますが、それもクリスリスの一部です。

膣口から指を入れて23cm程度のところで指を曲げた場所がGスポットだと言われています。昔、ドイツの産婦人科医が長年の研究の末、そのあたりに敏感に反応する場所があると突き止めたと言われており、その内容を本として出版したことで全世界に広まりました。それがいわゆる中イキスポットだとして、その先生のイニシャルからGスポットと呼ばれるようになりました。

ただ、勘違いもあります。確かに快感を得る場所と言えるかもしれませんが、Gスポットをピンポイントで刺激して感じているわけではなく、あくまでもクリトリス全体で得ている快感です。なぜならば、Gスポットとして知られる場所は、普段は隠れているから。

クリトリス全体(イラスト3)を刺激することで、海綿体構造が膨張します。男子が勃起するとの同じ状態です。そうするといわゆるGスポットが現れます。なので、ただこの部分を刺激すれば快感を得られるというわけではなりません」

構造を理解すれば悩みが解消する

「私が運営している膣サロンでも、濡れにくい、途中で乾くといった悩みが届きます。

まず、濡れにくいと感じている人はクリトリスの構造を知ると解消する場合があります。先ほどもお話ししましたが、外側にある陰核亀頭だけがクリトリスだと思っている人も多いので、全体像を理解し、海綿体が膨張することで後部にある大前庭腺が圧迫されて分泌液が排出される仕組みを知ってください。それがいわゆる濡れているという状態です。

そして、途中で乾く、乾くと痛くなるという人は、途中で海綿体の膨張がしぼんでしまった状態です。男性でいうところの中折れに該当します。後ろめたくなることではなく、その時の体調や気持ちの状態によってそういうこともあると理解していてください。

快感を得るには身体の刺激だけではなく、雰囲気作りも大切ですし、膣やデリケートゾーンが乾燥しないようにケアすることも解決策のひとつになります」

臓器のひとつとして向き合う

心臓や肺、胃などの臓器と同じように、クリトリスも自分の身体にある臓器のひとつで、その役割は快感を得ること。そして、快感を得ることは精神的な落ち着きをもたらしてくれることだとわかると、これまで持っていた印象が変わってきますよね。知らないことが多いからこそ、恥ずかしさや秘め事感が全面に出やすくなってしまうことも。自分の身体のことを知るという認識で、正しい知識を得てくださいね。

 

栗本夏帆氏

グラン治療院の統括院長。国家資格を保有する鍼灸師として活動しながら、「一般社団法人 日本温活協会」の温活士としても活躍。女性限定の膣サロンを立ち上げるなど、勉強会や啓もう活動にも励んでいる。https://biyoshinkyu.net/

ふかふかな膣になる! 森田敦子さんに聞く正しい膣ケア

フェムケアの広がりとともに、膣周り、通称デリケートゾーンのケアへの関心も高まっています。肌のトラブルが起こらないようにスキンケアしたり、体型維持のために運動したりするように、膣をいい状態に保つにはケアすることが必要です。

デリケートゾーンは日本独自のフェムケア

デリケートゾーンのケアと聞くと、膣周りのケアをイメージする人も多いと思いますが、実は造語。デリケートゾーンとは、膣周りだけではなく、脇の下や鼠径部、胸など、触ったらくすぐったい場所、感じる場所すべてが該当します。

デリケートゾーンのケアアイテム「アンティーム オーガニック」を処方・開発した、植物療法士の森田敦子さんが、膣ケアの大切さを啓もうしていく中でデリケートゾーンという言葉を使い始めたのがきっかけだと言われています。実際に森田さんにお話を伺ってみると、「当時は、膣は新聞や雑誌に書いてはいけない言葉でした。頭皮の垢や皮脂の垢とは違う、恥垢の洗い方を打ち出していかないと考えた時にその言葉を使い始めました」

膣ケアは、病院に行って治療(キュア)をするではなく、自分で日常的に行うケアだという認識を持つことが大切。デリケートゾーンという言い方の言葉だったおかげで、自分事として捉えやすくなった印象があります。

膣ケアが必要な理由

 

医学用語ではなく、日本独自で発展しているデリケートゾーンのケア。なぜケアすることが必要なのか、その点についても森田さんに教えていただきました。

「頭皮の汚れや皮脂による垢があるように、膣にも垢は存在します。垢が蓄積すると皮膚に炎症が起きたり、ニオイが発生したりしますよね。恥垢も同じなので、膣周りを清潔にしておくことが大切です。

ただ、膣周りは経皮吸収がもっとも高い場所なので、ボディソープだと刺激が強いこともあり、専用のアイテムを使っての洗浄、保湿をおすすめしています」

そして、VIO脱毛をしていない場合は、きちんと拭き取っているつもりでも、便や経血などが毛に絡まって残ってしまっていることもあるそうです。また毛があることで、十分に保湿をしにくいこともあり、乾燥につながる要因に。このことから、VIO脱毛が膣ケアのひとつと言われています。

汚れの蓄積、乾燥などが続くことで、ニオイやかゆみが出てくることもありますが、尿漏れや膣の粘膜が乾燥することによる萎縮で炎症を起こすといったトラブルにもつながってきます。病気を防ぐという意味でも膣ケアの重要な役割を担っています。

女性ホルモンを補う成分は筋肉から出ている?

 

年齢を重ねていくと、どうしても筋肉は衰えていくため、骨盤のそこにある筋肉の総称である骨盤底筋を鍛える膣トレもその対策のひとつ。なぜ筋肉が必要なのかというと、減っていく女性ホルモンを補ってくれるマイオカインという成分を筋肉が出しているからです。つまり筋肉は、膣をいい状態にするために必要な存在。

「マイオカインは筋肉ホルモンの総称で、中でも、臀部から太ももにかけての一番大きい筋肉から出ていると言われています。運動することで分泌されるため、例えば、その部位に負荷をかけてトレーニングをするなど、筋肉に刺激を与えることも膣ケアにつながります」(森田さん)

また、筋肉を支えている、しいては身体の土台となっている骨の強化も忘れずに!

女性ホルモンのひとつであるエストロゲンには、骨からカルシウムが溶け出すのを抑制する働きがあります。女性ホルモンの分泌が減ることでその働きが弱まり、骨密度が減っていき、骨粗しょう症になってしまうため骨の強化も大事です。

筋肉と骨は加齢と共に衰えていくから仕方がないと思うのではなく、鍛えることによって補うことどちらも強化することができます。

やっぱり快感も大切!

「そして、忘れてはいけないのは、快感です。触れたり、触れられたり、いわゆるボディコミュニケーションを取ったり、プレジャーアイテムを用いたり、快感を起こすことは膣にいい影響を与えてくれます。快感と向き合うことは、恥ずかしいことでも、隠すことでもありません。女性として誇りを持つことは、膣ケア、フェムケアの始まりでもあります」

お肌と同じように膣も老化していくと考えると、20代、30代でも、膣ケアを始めるのに早いということはありませんよね。例えば、デリケートゾーン用のオイルを使って、1ヶ月間保湿ケアを続けることで、膣周りは潤ってプリッとしてくるそうです。

ふかふかな膣、膣周りが良い状態だと、さまざまなトラブルを防ぐことにもつながります。膣ケアの大切さを知って、今から始めてみてくださいね。

森田敦子氏

株式会社サンルイ・インターナッショナル代表。フランス国立パリ13大学で植物薬理学を本格的に学び、帰国後、植物研究に基づいた知見を社会に提供するため、デリケートゾーン&パーツケアブランド「アンティーム オーガニック」の処方・ 開発や、「ルボア フィトテラピースクール」を主宰。2020年、女性の一生をサポートするトータルライフケアブランド 「Waphyto」を立ち上げる。私生活でも42歳で自然妊娠・出産。著書多数。