女性達のリアルな声をアンケート!「生理前&生理中にパートナーにしてほしいこと」

イライラする、お腹が痛くなる、食欲増進など生理前や生理中に現れる不快な症状……。この記事を作成するにあたり、2030代の女性の皆さんにアンケートに協力していただいた結果、生理前に精神的、身体的な不調があると答えた人は86.7%に及びました。人それぞれ症状の重さは違いますが、女性同士だと理解し合えることも多い不快感の数々。しかしパートナーには、なかなか理解してもらいにくい場合も。

そこで、女性達が思う「生理前&生理中にパートナーにしてほしいこと」をまとめてみました。

多くの女性達が感じる不調のTOP5! あなたの症状はいくつ当てはまる?

1位 イライラ 46.4%

2位 眠気 35.7

3位 胸の張り、痛み 25%

3位 おなかの張り 25%

5位 無気力 17.9%      

生理前&生理期間に約半数の人が感じているのがイライラ感。生理期間が近付いてくると、無性にイライラしてしまいパートナーにあたってしまった経験がある人も多いのでは? 続いて眠気、同票で胸の張りと痛み、お腹の張りとの結果でした。とくに身体面の不調に関しては、自分ではなかなかコントロールしにくいため困ってしまいますよね。その他にも抑うつ気分、無気力など精神面に不調が現れたり、頭痛、むくみ、体重増加などの不調が現れる人も。毎月のことでも、やはり憂鬱な期間です。

「せめて生理前くらい手伝ってほしい!」男性に届け!家事にまつわるSOS

まずは〝やってほしい〟と訴える女性達の意見から。

「家事をやってほしい」(37歳・会社員)

「家事、育児をできるだけ手伝ってほしい」(43歳・フリーランス)

「過剰に心配されるのも嫌だから、さりげなくいつの間にか家事をかわってくれたりして日々の負担を減らしてほしい」(32歳・会社員)

「家事も育児も投げ出したくなるくらい、イライラしても旦那の帰りが遅くて結局ワンオペになってしまう。手助けしてほしいです」(38歳・フリーランス)

と手助けを求める人も多い模様。やってほしい派の女性達は、直接パートナーに訴えかける場合がほとんどのよう。

逆に〝察してほしい〟という受け身タイプの人達も一定数存在しています。

「不調を理解して、いつも通りに接してもらいたい。イライラしていても、そういう時期なんだなと思って、そっとしておいてほしいです」(39歳・フリーランス)

「そっとしてほしいけどどうせ理解してもらえないし、態度で示してしまう」(25歳・会社員)

このように、ただただ毎月訪れる不調な時期として受け流してほしいという意見も。たしかに生理前のイライラ期間は、体を動かすのが億劫になるもの。かといって、心配されすぎても「何がわかるの?」と、イライラ感を刺激してしまう場合もあったり。男性からしたら、「結局どうしてほしいの?」という気持ちになってケンカに発展してしまう最悪なパターンも有り得ます。 

ただどうしても男性には、「察してほしい」という女性側の願望は届きにくい場合が多いので、

「自分の生理前の症状と、なぜそうなるか、どうしたら良いか一緒に調べて彼にしてほしいことを話し合う」(37歳・自営業)

このように、話し合いの場を設けるのも良さそうです。

どうしても男性には体験できない不調なので、

「調子が悪いので○○をお願いしたい」(37歳・会社員)

と、はっきりどうしてほしいか伝えることも重要かもしれません。大切なのは、思いやりと話し合い。日々密に接しているパートナーに対しても、友人や職場の人などと同様に〝人対人〟ということを忘れないようにしていきたいですよね。

「生理中はゆっくりしたいし、いたわって!」

イライラ、眠気などに悩まされた生理前の期間を経て、ついに突入した生理期間。PMS特有の不安定な気持ちはおさまってくる人も多いようですが、次に訪れるのは腹痛、腰痛、頭痛などの辛い症状の数々

「遠出やスポーツなどアクティブな行動は誘わないでほしい。家にいたいです」(32歳・会社員)

身体面に不調が現れたら、できるなら家でゆっくり過ごしたいのが本音。アクティブなレジャーに関しては、経血の漏れも心配。鎮痛剤を飲んで痛みがおさまっても、不快感はどうしても拭えない時もありますよね。

また、

「友人の話ですが、予定していた温泉やプールに行けなくなって彼に残念な顔をされたことがあると聞きました」(26歳・会社員)

なんていう場合も。生理周期がずれることは自分の意思とは関係なく起こってしまうものですよね。生理期間を避けたつもりで予定を組んでも、想定外に生理が来てしまうことはありがちですし、自分ではどうにもならないことだからこそ残念な気持ちは一緒です。彼に嫌な顔をされてしまったら悲しくなってしまいます。

「気にかけてほしい」(32歳・会社員)

と、いたわってほしいと考えている女性も多いなかで、

「生理中でSEXできないと言ったら、風呂場でしようと言われたことが。最悪だと思いました」(37歳・デザイナー)

「気分が普段より優れないと伝えたら、『何でも生理のせいにするな』と言われた」(27歳・会社員)

という経験をした人もいました。

男性側にばかり「生理前だからイライラを受け止めて」、「予定をずらしてゆっくりさせて」と押しつけすぎるのも良くないですが、女性達の求める要望も少しでもいいので汲んでほしいというのが本当のところ。お互いの性を理解しあい、パートナーとよりよい関係性を築いていけるといいですね!

生理中の不調をパートナーに伝えるコミュニケーションテク

最後に、この不調をうまくパートナーに伝えるコミュニケーション方法を教えてもらいました。

「どうしても生理前、生理中はピリピリするので、かぶらない時期にかわいく伝えておきます」(35歳・自営業)

「体調が悪くて誘いを断ったとしたら、あなたと出かけるのが嫌なのではなくて体のせいで無理なんだよってことをしっかり話しますね。きちんと説明しないと相手もいい気分をしないと思うから」(32歳・会社員)

不調で憂鬱な気分でも、ひと呼吸おいて落ち着いてきちんと伝えれば、パートナーも理解してくれるはずですし、仲が深まるきっかけになるかも。イライラに身をまかせて感情的に気持ちをぶつけてしまっても、お互い嫌な気分になるだけでそこからは何も生まれません。日頃からパートナーと話し合っておくこと、これが一番重要なのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です