PMS/生理 お悩み相談室 RECOMMEND by 小嶋美樹

【読者のお悩み】知っているようで知らない、ナプキンの正しい使い方とは?「交換はトイレ度に!また正しく装着するためにも、自分の性器を鏡で見てみましょう」

『フェムテック tv』でも人気の産婦人科医・池田裕美枝先生ことゆみえ先生が、SNSで集めた読者からのリアルな悩みに答えます! 

今回の相談:「ナプキンの正しい使い方を10代の娘に教えたいのですが、産婦人科医が推奨されている正しい使い方を教えてください」

ゆみえ先生の回答:「蒸れを防止するために、ナプキンはこまめに替えましょう。また、ナプキンの正しい装着方法を知るためにも、性器を自分自身の目で見てみることが大切です」

ナプキン交換の目安は、排尿や排便でトイレに行く度!

「ナプキンの使い方で大切なことのひとつとして、蒸れによるかゆみや肌荒れを防ぐために、ナプキンをこまめに替えることです。交換の目安は、排尿や排便でトイレに行くタイミングの度だと覚えておいてください」(ゆみえ先生・以下同)

月経後半で経血量が減ってきても、同じ頻度のほうがよいのでしょうか?

「経血の量が減ってくると、場合によっては経血がナプキンに付いていないこともあるでしょうし、トイレの度に取り替えることをもったいなく感じる人もいるかもしれません。その場合は、たとえばパンティライナーなどを使用してみるのもいいかもしれませんね。

ただ、経血の量が減ってきたとしても、ナプキンなどを付けた状態のショーツの中は普段よりも蒸れやすい環境になっています。ナプキンの種類を変えたとしても、トイレに立つ度にこまめに取り替えることが重要です。そういう意味では、ナプキンの種類にもさまざまなものがあること、そしてそれらの使い分け方を娘さんに伝えていただけるといいのかもしれませんね」

外陰部を自分の目で確認してみよう

最近では「ナプキンをショーツにどのように付けるのが正しいのか分かりません」という悩みをSNS上で目にする機会も少なくありません。たとえば、ナプキンのもっとも盛り上がっている部分が膣の出口に当たるように装着することで経血の漏れを防ぐ、といった基本的な使い方すら知らない女子も多い気がします。

「そういう女性は、ひょっとしたら自分の外陰部を自分の目で実際に見てみたことがないのかもしれませんね」

たしかに、外陰部の形を知らないと、どこから経血が出て、そのためにはナプキンをどう付けるのがいいかも分かりませんよね。

「経血も尿と同じ場所から出ている、と思っている女性もひょっとしたらいるかもしれませんよね。ちなみに経血は、尿道と肛門の間にある膣口から出てきます。ナプキンを正しく使うためにも、自分の外陰部を自分自身の目で確認してみることが大切です」

どのようにして見ればよいのでしょう?

「手鏡などを床に置き、四股をふむ格好で足を開き、鏡をのぞいて見るのがもっとも見やすいかもしれません。鏡の上で足を開いて見てみるのもいいでしょう。座ってしまうと見えにくいので、立ったまま鏡で確認するのがおすすめです」

今回の相談者の方も、娘さんに「一度、自分の目で見てごらん」とアドバイスするのもいいかもしれませんね。

「娘さんの年齢によっては、絵本などを使って性器の形や位置を教えてあげるても。現在は月経の対処法として、ナプキンやタンポンだけでなく、月経カップや吸水ショーツなどさまざまなアイテムがありますが、まずはナプキンを正しく使えるようになってから、他の方法も教えてあがるのがいいような気がします」

>>この記事を読んだ人におすすめ

シーン別! 生理用ナプキンのベストな選び方

進化し続ける生理用ナプキン! 自分にあったナプキンの選び方とは?

布ナプキンってどう使うの? ムレが気になる時期の選択肢に!

池田裕美枝先生

いけだ・ゆみえ 京都大学医学部卒業。「市立舞鶴市民病院」「洛和会音羽病院」にて総合内科研修後、産婦人科に転向。現在は「二宮レディースクリニック」での産婦人科外来、「神戸市立医療センター中央市民病院」の女性外来、「京都大学医学部附属病院」の女性ヘルスケア外来を担当。またSRHR(セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス&ライツ)の勉強会や啓もう活動を行う研究会「SRHR Initiative」の代表も務める。

コメントを書く / 読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です。

この記事を読んだあなたにおすすめ

小嶋美樹
編集者、ライター、ディレクター。大学卒業後、出版社に勤務し、女性誌や実用書・ビジネス書の編集、WEBディレクターなどを経て、2020年からフリーランスに。現在は主にインタビュー記事や女性のライフスタイル・子供の教育系記事の執筆、韓国エンターテインメント記事の編集・執筆など行う。趣味は旅行で、今一番欲しいものは子供たちと日本中を旅して回れるキャンピングカー。