FEMTECH/FEMCARE by 保住ひろえ

寝ながらまったりフェムケア。『天然よもぎ溶岩浴専門店 「腸と膣」』に行ってみた

セルフラブにつながるモノやコトを、好奇心旺盛なビューティー調査員Hがお試しするこの企画。

慢性的な身体の冷えを解消すべく調査員Hが向かったのは、美コア東京内にある『天然よもぎ溶岩浴専門店 「腸と膣」』。日常生活改善メソッド美コアの考案者でありメディカルフィットトレーナーの山口絵里加さんがプロデュースする注目の温浴スポットです。

天然の有機よもぎ生薬を使用したよもぎ蒸しと、世界特許取得の天然溶岩温浴法を掛け合わせた、まったく新しいスタイルのフェムケアとは?いざ潜入!

 

ライターという職業柄、長時間のパソコン作業が続き、座りっぱなしの姿勢で一日を過ごすことが多い調査員H。血行のめぐりが悪くなるせいか、足先やお尻をはじめとした下半身は常にひんやり。

身体の冷えはさまざまな不調のきっかけとなり、放置するとホルモンバランスの乱れに繋がるとも聞きます。

むくみやすかったり、身体が凝りやすかったり、ときどき生理痛が重かったりするのは、もしかして冷えのしわざ? 

長年の悩みからそろそろ解放されたい……と編集長Tに相談したところ、ぜひ行ってみて欲しい!と背中を押されたのが、今回お邪魔した『天然よもぎ溶岩浴専門店 「腸と膣」』。さっそくレポートします!

1.よもぎ蒸しの前に体温をチェック

体幹(コア)を鍛えながら、体温維持上昇を目指すことを追求している美コアメソッド。蒸される前にまずは、体温をチェックします。

調査員Hのこの日の体温は、36.7℃とやや高め。(楽しみで胸が高鳴っていたせい?)

山口さんいわく、蒸される前後に計測した体温の振り幅が大きければ大きいほど、免疫細胞が活発になっている証拠だそう。

美コアメソッドでは、3日に1回の蒸すをおすすめしています。熱エネルギーを使って身体に発熱を起こさせることで、私たちの体内には傷ついた細胞を修復するためのタンパク質が発生します。これが『ヒートショックプロテイン(HSP)』です。その状態は48時間後をピークに下降しますが、体温が下がりきる前にもう一度ヒートショックプロテインを発生させることで、修復力は更に高まります。その結果、肌質改善や髪質改善に繋がったり、筋肉や爪の質が上がったり、自律神経が整うことで膣や腸の負担が軽減されるなど、さまざまな機能向上が期待できます」とのこと。

よもぎ蒸し後の計測が楽しみです……

2.美味しすぎる腸洗浄液をゴクゴク

甘酒のような自然な甘さで、あっという間にいただいてしまったこちらの飲み物は、腸内洗浄液の働きをする無添加乳酸菌飲料。

腸の善玉菌を増やして、腸内環境を整えてくれます。飲んだ後に身体を温めることで、腸活と温浴の相乗効果が狙えるのだそう。美コア東京スタジオ内にて、520g 1,300円(税込)で購入も可能です。

1 2 3
1 2 3

コメントを書く / 読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です。

この記事を読んだあなたにおすすめ

保住ひろえ
1993年生まれ。ファッション誌のエディターを務め、美容系IT会社のコンテンツ制作部・ディレクター兼ライターに。ビューティー&ヘルスケア系のテーマを中心に執筆中。