FEMTECH/FEMCARE by 木川誠子

デリケートゾーンのトラブル相談は、婦人科? それとも皮膚科?

かゆみやニオイなど、デリケートゾーンのトラブルが起きた時、婦人科(産婦人科)と皮膚科、どちらを受診すればいいのか気になったことはありませんか? そこで、産婦人科医の吉形玲美先生と皮膚科医の神島輪先生に、それぞれの特性を教えていただきました。

肌表面のトラブルなら皮膚科

「例えば、デリケートゾーンにかゆみがあり、確認してみると皮膚が赤くなっていると分かるような、目に見える範囲は皮膚科。症状を感じているけど、目では確認することができない場合は産婦人科(婦人科)と考えるのが判断しやすいと思います」と、教えてくれたのは、皮膚科医の神島輪先生。

いきなり婦人科への受診はハードルが高い、緊張すると感じることもありますよね。そんな時は、第一歩として皮膚科を受診するのも選択肢のひとつです。

「デリケートゾーンについても、皮膚科を受診していただくことは問題ありません。皮膚科で対応できるケースでしたら、問診後、診察を行い、必要に応じて検査もいたします。それから症状について、処方する薬についての説明も行います。

ただ、医療機関によって差があるとは思いますが、皮膚科では対応が難しいケースも。その場合、皮膚ではなく、膣やおりものなどの分泌物の異常などが考えられますので、産婦人科をご紹介することもあります」

幅広く対応できるのが婦人科

デリケートゾーンのトラブルには、病気の可能性があることも忘れてはいけません。その場合は、デリケートゾーン全般の診察が可能な婦人科が好ましいと言えます。

「一概にかゆいといっても、カンジダ膣炎の可能性もあれば、痛かゆい場合はヘルペス外陰炎の可能性もあります。

ニオイがある場合も、下着の締め付けが強くて蒸れてしまったからということもあれば、おりものに原因があることも。

デリケートゾーンに起きるトラブルは様々な原因が考えられます。婦人科では、外陰部の皮膚の変化や膣粘膜をはじめ、おりものの状態など、総合的に診察するため、幅広い症状に対応できます」(吉形玲美先生)

何もしないのがもっともNG!

皮膚科、婦人科それぞれ診察内容が異なるとはいえ、対策を取ることができます。気になる症状がある場合は、自己判断で終わらせず、皮膚科でも、婦人科でも、相談しやすい専門機関を受診しましょう。

そして、トラブルを起こさないためにも日々のケアも大切です。ケア方法や専用アイテムについても、気になることは医師に相談してみてください。

 

神島輪先生
かみしま・りん 東京女子医科大学病院、シロノクリニックなどでの勤務を経て、水道橋ひふ科クリニックを開業。日本抗加齢医学会専門医、日本レーザー医学会認定医、日本皮膚科学会正会員、サーマクール認定医、ウルセラ認定医でもある。
https://suido-hihu.com/

 

吉形玲美先生
よしかた・れみ 医学博士、日本産科婦人科学会 産婦人科専門医。東京女子医科大学医学部卒業後、同大学産婦人科の臨床現場で婦人科腫瘍手術をはじめ、産婦人科一般診療を手掛け、女性医療・更年期医療のさまざまな臨床研究にも携わる。浜松町ハマサイトクリニックで婦人科専門医としての診療のほか、多施設で予防医療研究に従事。更年期、妊活、生理不順など、ゆらぎやすい女性の身体のホルモンマネージメントを得意とする。

コメントを書く / 読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です。

今、あなたにおすすめ

木川誠子
ライフオーガナイザー1級、アロマ心理の資格を保持。出版社勤務を経て2009年に独立。編集者・ライターとしての経験を活かし、ライフスタイルを仕立てる(tailor)を意味するライフスタイラーとして、美容や食など様々な角度からライフスタイルの情報を発信。ライフスタイルは感性や感覚、体験などで構築されて、ひとりひとり異なるもの。自分自身で感じた感覚を大切に、独自の体感や実感を取り入れながら、雑誌やWEBメディア、カタログなどでの執筆活動をはじめ、メーカーブランディングなども行う。また、姉妹で、完全予約制のプライベートショップ「KIRA CLOSET」を主宰し、ワークショップや食事会を企画、開催。食事会でのメニューはお手軽でありながら、さり気ないおもてなし感が特徴で、レシピは定期的にメディア掲載中。